ドラフト候補OL編:ランブロックは強化したい
もう間もなくドラフトが始まります。この期に及んでドラフト候補分析、最後にOLだけやっておきたいと思います。

Eben Britton(Arizona) - 6-6/309
一巡下位~二巡予想。OTビッグ4に次ぐ評価を得ているOTです。機動力はエリートクラスには無いものの、パワーとテクニックと機動力を高次元でバランスした選手と言われています。
ダウンフィールドの動きも悪くなさそうに見えますし、ソリッドに働けそうな選手に見えますが、ドラフトサイトからは横の動きの悪さを指摘されています。でもRTやOGに回す分には適応できそうな気はします。

William Beatty(Conneticut) - 6-6/307
一巡下位~二巡予想。Brittonとほぼ互角の評価を得ているOTです。機動力十分でサイズも兼備するOT候補です。
フットワークがよさそうで、ポジションに入るまでが速そうです。パスプロは安定していそうですし、ブロックの粘りも悪くはなさそうです。力強さに欠けるという評価はありますが、ゾーンブロックでなら活躍できそうです。INDが獲れそうな選手の中では一番IND向きに見えます。

Duke Robinson(Oklahoma) - 6-5/329
一巡下位~二巡予想。ポイントオブアタックで強い、非常にパワフルなランブロッカーと評価されています。ブロックテクニックもしっかりしているようです。反面、フットワークがあまりよくなく、ある程度動けるものの臨機応変に相手を追いかけてブロックするようなプレイは苦手なようです。
現地掲示板では結構人気があるようです。でも基本的にIND向きじゃない特性な上、ビデオで見ると売りのランブロックでもそこまでドミネイトしてるように見えず、個人的には惹かれません。

Kraig Urbik(Wisconsin) - 6-5/328
二巡~三巡評価。公式サイトのビデオではシニアボウルの練習でずたぼろにされたところが見られます。足がついていかず、単純に抜かれるは、切り返されて抜かれるはでスカスカ突破されたりホールディングしたり。機動力重視のスキームには適応は無理っぽいです。
一度相手を捉えてしまえば非常に安定してブロックしてるように見えるんですが、、、惜しい。

Jamon Meredith(South Calorina) - 6-4/304
三巡~四巡評価。運動能力があり、パスプロも安定していると評価されています。若干やる気に欠けるものの、やる気でプレイした時のプレイは高水準な模様。LG, LT, RTの経験があり、OG/OTのどこでもこなせると言われているところやゾーンブロック向きっぽいところはIND向きかと思います。ただプロでLTをやるほど機動力は無いという評価も。
しっかりと押し込める選手ではないという評価もあり、ビデオでもパスプロのシーンがほとんどでした。

ランブロックは強化したいものの、鎖に例えられるOLのなかに一人フットワークに欠けるモーラーを獲ってきてどうにかなるかは微妙。それでもいっそゴール前専門くらいに開き直ってランブロックの強い選手を入れる手もあるとは思うんですが。。。順当に予想するなら、二日目でゾーンブロック向きでOTも出来る選手を一人獲るというところでしょう。
[PR]
by captain_harbaugh | 2009-04-25 17:42 | Colts News
<< 直前モックドラフト集計 ドラフト候補WR編:一巡下位の... >>