Memo - 2009 Week4 Seattle@Indianapolis
後半戦。



しかしTENの崩壊っぷりはどうしたことやら。ディシプリンがしっかりしたチームだったのに、今年は本当にミスが多い。

IND5本目、IND20から。
まずドローフェイクからAustin Collieへ、9y。Addaiのランはノーゲインで3rdアンド1。Eric Foster入ってIフォーメーションに変わって、プレイアクションw。こういうところは、らしい攻め。でも押すことにもチャレンジして欲しかった気も。少し進んで3rdアンド3、ショットガンに変わってWayneにクイックインをヒット。そしてプレイアクションからまたWayneへ。CollieへのパスはGarconがブロックに行くのが早すぎてパスインターフェアとられる。1stアンド20、まずAddaiのフラット、ちょっと激しいヒット受けた。とりあえず9y前進。そしてDallas Clarkへ、さくっと更新。うーむ、順調。Donald Brown左オープン、今度はClarkがブロッカーとしてがんばって5y。そしてBrownに持たせて外へブレーク、そこから加速、1stダウン、、、と思ったら反則あった。2ndアンド15。しかしAustin CollieのスラントからWayneのブロックを活かして1stダウン。捕る前にはClarkが縦に引っ張ってスペースを作り、捕った後はWayneがフォロー。4人のレシーバーがやりたい放題に暴れているなあ。これはさらに熟成したらどうなるか楽しみ。最後はAddaiが中央を突破、TD!28-3。
爆発力ではなく安定感という意味では、今期のオフェンスベストゲーム。

SEA5本目、SEA20から。
こうなればパスを投げるしかなく、そうなればIND D#は輝く。黄金パターンにはまってきたか。まずオフェンスホールディングで罰退、さくっとパスを失敗させ、2ndアンド19からのJulius Jonesのランも4yで止める。3rdアンド15。さあ、いってみよー。スクリーンで来たけど、これはしっかりケア。パント。

IND6本目、IND33から。
あとはボールコントロールして怪我なく終わりたいところ。まずDonald Brownが右ストレッチを走って3y。続いてAustin Collieに短いのを通して3rdアンド2。Dallas Clarkへのショベルでクリア。そしてプレイアクションからディープのReggie Wayneへはパス失敗。そのトライはせんでもいいと思うんだがw。Donald Brownのランはノーゲインで、3rdアンド10。早く始めて12メンアタックかと思いきや、旗はない上にINT食らうorz。

SEA6本目、SEA38から。
まあ、大怪我しなければOKという展開。ベースで守ればよいでしょう。短いのをいくつか通される。EdgeもフラットからRACで貢献。こういう展開だとJulius Jonesより使い勝手がいいのかな。Seneca Wallace、プレッシャーかかったところから無理なパス、に見えてもしっかり空いたところに通してたり。Powesがひとつパスカットを見せ、3rdアンド7。Robert Mathisのトマホークチョップサック&ファンブルフォースキターーー!リカバーby Keiaho!

IND7本目、IND34から。
Addaiの左ストレッチから。元気そうですね。Dallas Clarkに通して1stダウン。スクリーンではEdgeのIND時代のビデオ紹介中、将来のリングオブオナーで会いましょうとメッセージ、Edge手を振って答える。もうなんかなごやかなムード。Addaiの中央は止まって、Wayneが一個捕り損ねてドライブ停止。McAfeeのパントはタッチバック。

SEA7本目、SEA25から。
いきなりDwight Freeneyのサーーーーック。3rdアンド16が残って、Burlesonへのパスは余裕のパスカット。そしてパントでT.J. Rushingのビッグリターンキターーー!ってビッグリターンと思ったけど、22yだからいいリターンではあるけど、一般的にはそこまですごいプレイではないのかもしれないw

IND8本目、SEA48から。
というかパントリターン時にMike Hartがブロックしてたって言ってたんですが、上がってきてたんですっけ、気づいてなかった。さくっと3rdダウンになるも、Reggie Wayneへ通して更新。Addaiのランは止まって、3rdアンド9はClarkに通すも少し届かず。Vinatieri先生のFGは決まって、31-3。

SEA8本目、SEA20から。
公式デプスチャート確認、Mike Hart IN, Chad Simposon OUTで間違いなさそうですね。T.J.Rushingがキックオフリターンもやってたのはその辺が理由か。
Julius Jonesへのパスは3yで止め、スクリーンもKeyunta DawsonがあわやINTのパスカット。そしてRobert Mathisがまたサック&ファンブルフォーーーーース!2回目のジャンピングチョップ炸裂、Raheem Brockリカバー。

IND9本目、SEA5から。
ラン3発でいいです。Hartも使ってみて欲しいな。Donald Brownのラン2発でゴール前1y。で、ノーバックwwwww。パス失敗という結果論ではなく、そこはランで行こうよ、、、7点いらないし、時間つぶせばいいんだからさ、、、34-3。

SEA9本目、SEA31から。
Charlie Johnsonが怪我した模様。とりあえず大きな怪我ではないことを祈る。
フラットへのパスを止め、短いパスもRACを出させず3rdアンド8。フーシュへ通され更新。あのパターンはよくあくが、もうここはソフトに守ってOKだしなあ。またフーシュへ、ダウン更新されるがインバウンズでとめる分にはどうでもいい。短いところからミドルまでのパスを続けて通され、最後はSeneca Wallaceが走ってTD、34-10。Jim Sorgiの出番。

と思ったらオンサイドキックはSEAリカバー。残念Sorgi、出番はなしだw。
[PR]
by captain_harbaugh | 2009-10-05 04:00 | Gameday
<< 感想 - 2009 Week4... Memo - 2009 Wee... >>