感想 - 2009 Week11 Indianapolis@Baltimore
かなり遅すぎの感想編。



ディフェンスの粘りで見事オフェンスの3つのターンオーバーをカバー。

オフェンス。
まずかなりのプレイタイムをもらったTom Santiですが、見返した感想は以下の通り。
・パスプレイではきちんといて欲しいところにいて欲しい時にいる感じ。カバーの読みと体内時計はGijon Robinsonより正確かと思いました。
・ランブロックは、ちょっと微妙。いいブロックもありましたが、Jarret Johnsonにはかなりやられていた印象。
・パスプロのほうはランブロックより安定していた感じですが、BALのブリッツが思ったより少なくて一人でラッシャーを引き受けることはあまり無かった気も。
・タックルのもらい方が準備してないところにガツンとハードヒットもらうような感じで、怖いことこの上ないです。もう少し受身と言うかタックルの芯を外すことも覚えてほしいところ。
とりあえず最後のところを修正すればある程度働けるのではないかと。今のままだとまたすぐに怪我してしまいそう、、、あとはランブロックでもう少し的確に相手を捉えられればスタメンでしょう。ちょっとホールディングが怖い怪しめなブロックも見られましたし、パワーはともかくとしてその辺の確実性が欲しいでしょうか。
ということでTom Santiがかなりの頻度でスナップに参加し、2TEかスロットにDallas Clarkを置く形の体型が多かったわけですが、BALはどちらに対しても3-3-5で守っていたようです。なるほど、これなら確かにもう少しランを出したかったところと思いましたが、ラインの勝負ではやっぱり結構やられていました。Haloti Ngataも戻ってきてましたし、元々パワーのあるフロント相手ではありますが、、、どちらかといえばAddaiとBrownの能力でカバーしていた格好かと思います。
兄者はちょっと引き気味のBALディフェンスに苦労したと言う印象。INTはどちらもカバーを読みきれず、という形でしょうか。2個目はEd Reedだからこそ、という部分もありますが、ちょっとポンプフェイク後Wayneをじっと見過ぎたでしょうか。ブリッツが思っていたより少なかった分、パスプロの方はほとんど問題なかったと思います。

ディフェンス。
INTを奪ったプレイを見返しましたが、これは本当に見事ですね。まずカバーに下がる二人も2,3歩は前に出ていて、Joe Flaccoの目線が切れるまでは多分ラッシュしてるようにしか見えなかったこと。そして、カバーに下がったGary BrackettがFlaccoを注視しつつルーズ気味にカバーしていたこと。これもFlaccoの視野に入らないようにするため。そして、パスが投じられるタイミングで一気に前に飛び出してINT。まず間違いなくFlaccoにはあのカバーは見えてなかったでしょう。コールもよかったと思いますが、エグゼキューションも非常によかったプレイだと思いました。
全般的には、パスラッシュのかかりがよくなかった印象でした。Dwight Freeneyはスピンをまったく見せなかったと思いましたし、Robert Mathisも不発。DB陣の頑張りでパス守備は支えていたと言う印象でした。マンで抑えきれないDerrick MasonにはJacob LaceyもTim Jenningsもやられてましたし、Jerraud Powersも一個ディープを通されていますが、DB陣は責められないかと思いました。問題はパスラッシュの不足ですが、ラン対策でブルラッシュ気味のを多用したからなのか、シーズンの深まりでばててきたのか、、、後者ならちょっと対策が必要です。
ラン守備は29回100yですから、健闘したと言えるでしょう。特にゴール前1yの1stダウンからFGに抑えたのは大きかったです。1stダウンのスニークはよくわかりませんでしたがw、2ndダウンはフロントが全体としてスクリメージを押さえる中でGary Brackettがきっちりと正面を押さえてきっちりストップ。3rdダウンはWillis McGaheeが一瞬外に切ろうとするような動きを見せましたが、その外からClint Sessionがいいチャージを見せてがっつりと仕留めました。ああいう場面でスクリメージが持ちこたえられるのは今年のいい傾向ですね。

スペシャルチーム。
はあまり語ることがありませんw。最初のキックオフでのJacob Laceyのボールかきだしが決まっていれば試合としてはずっと楽だったのですが、惜しかった。今回は2回とも実りませんでしたが、ああいう隙あらばボールを狙ったプレイをして行くのはいつか結果に結びつくこともあるかと。

その他。
BALがWayneのサイドラインギリギリのキャッチ後チャレンジをしようとして、時計が止まった後審判と協議、結局チャレンジしなかった、というプレイがあったのですが、こういう協議後のチャレンジ取り消しってできるんですっけ?大して影響はなかったのですが、ちょっと気になりました。

実質9ドライブで3つのターンオーバーを喫しながらも勝ったディフェンスの粘りはよかったですが、ちょっとDL陣の動きは気になりました。、、、今週の怪我人リストも大変なことになっていますし、、、
[PR]
by captain_harbaugh | 2009-11-29 00:53 | Game Summary
<< 人事異動 Memo - 2009 Wee... >>