2010年ドラフト1巡 - Jerry Hughes - DE
e0085932_13495812.jpg

大学:TCU
身長:6-2(188cm)
体重:255ポンド(116kg)
腕の長さ:33インチ
生年月日:1988年8月13日(21歳)



○カレッジ成績
2006年 3タックル 1.0ロスタックル 1.0サック
2007年 29タックル 3.5ロスタックル 1.0サック
2008年 52タックル 19.5ロスタックル 15.0サック
2009年 58タックル 16.5ロスタックル 11.5サック

○コンバイン成績
40y走:4.69 secs
3コーン:6.99 secs
20yシャトル:4.15 secs

○プロデイ成績
なし

○ビデオ




カレッジでは2年間スターターをつとめ、共に2ケタサックを記録したパスラッシャーです。一歩目が速く、素晴らしいスピードで外をまくってサックを決めます。プレイスピードは速く、相手を抜いてしまえば一気にQBを仕留められますし、パスートもしっかりやっており結構な範囲のプレイに絡むことができます。
外ぶち抜き以外では低く当たって下からカチ上げながら足をかくことで、結構相手を押し込むプレイがあります。ただ本質的にパワータイプではないので、その最初の突進をさばかれるとどうにもならず、上体が浮いてしまうと完全に無力となるように見えます。腕の使い方もまだそれほどうまくない感じ。高校まではRBをやっていたので、まだ発展途上な面があるかと思います。あとは内への切り返しのキレはNFLのエリートOTをかわせるほどではないように感じます。
スナップからの衝撃力とスピードは相当なものですが、そこをしっかり拾えば対処されてしまう、そんな選手に見えます。逆にいえば粗削りでもそれだけの数字を残せるスピードと運動能力があると言えます。
できれば是非切り返しのテクニックを磨いてほしいですね。FreeneyとMathisのようなスピンムーブが身に着けば相当な活躍ができるでしょう。

Polianの評価としては
「彼はピュアパスラッシャーだ。数字がそれを示してる。」
ってなもんで、まあ明らかにパスラッシュ強化一点の指名です。トレードのオファーもあったそうですが、Hughesが残っていたらそのままHughesを指名すると決めていたようです。

FreeneyとMathisの二人が元気ならパスディフェンスは機能する、どちらかが怪我したら一気に崩れる、そんな状況を打破するための3rdラッシャーの指名です。そういう意味で求められる役割は非常にわかりやすく、当面の使命は相手QBを叩きのめすこと一点。もちろんパスートとかもしっかりやっていってもらわなければなりませんが、やはりまずはパスラッシュにひたすら磨きをかけて欲しいです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-05-04 14:26 | Colts Draftee
<< 2010年 ドラフト2巡 - ... ドラフト3日目&ルーキーFA >>