2010年ドラフト7巡c - Ray Fisher - CB/KR/PR
e0085932_23342437.jpg


大学:Indiana
身長:5-9(175cm)
体重:185ポンド(84kg)
生年月日:1987年9月12日(22歳)



○大学時代成績:
2009年 40タックル 2パスカット,1ファンブルフォース, キックオフリターン17回平均34.2y, パントリターン6回平均9.8y
2008年 レシーブ42回373y 5TD, ラッシュ10回58y, パントリターン11回平均9.6y
2007年 レシーブ52回482y 4TD, ラッシュ7回34y,
2007年 レシーブ24回215y

○コンバイン成績:
招待されず

○プロデイ成績:
40y走:4.32秒+4.34秒
幅跳び:10フィート2インチ
垂直跳び:38インチ

○ビデオ
ビッグテンフットボールビデオ
ハイライトより、Northwestern戦とAkron戦でキックオフリターンTDを見られます。


大学3年時までWRをしていましたが、4年時にCBにコンバート。コンバートはWRにデプスができたこととCBが薄かったために打診されたものだそうです。高校時代からCBとWRの兼任でした。学生時代からある意味便利屋的に使われていた選手です。
IND的にはもっとも評価しているのはリターン能力になります。また、ガンナーやキックブロッカーとしても使える選手のようで、スピードから見てもスペシャルチーマーとしては使える選手なのは間違いないでしょう。
あと一応CBも出来ると見ているようで、Polianもカバー能力に期待している発言をしていますが、まあそこはT.J.RushingがCBとして使われていた程度の使われ方になるかと思います。
リターンのビデオを見ると、カット能力よりはスピードが勝ったタイプに見えます。基本的にはキックオフリターナーの方が向いていそうです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-08-01 23:37 | Colts Draftee
<< まもなくキャンプ開始 2010年ドラフト7巡b - ... >>