2005 Week5 Indianapolis @ SanFranciscoその2
後半戦。



3Q
いきなりSFがオンサイドキックをしかけてきました。SFリカバー。

SF8本目。Corey SimonがBarlowにロスタックル、MikeDossが4yで止めてで3rdダウン7。Alex Smithが走るも1stダウンにとどかず。4thダウンギャンブルからGoreのランで1stダウン。今年は4thダウンギャンブルを止められない、、、そこからSFが進み始める。ビッグホールができてBarlowが20yラン。TDまで持ってかれるとモメンタム的にいやだなあ、、、FGで止めて欲しい。またSimonがロスタックル、ランに効いてる感じ。3rdダウンロングからBarlowへのパスは4y届かず、4thダウン4。FG決まって14-3。

またオンサイドキックしかけてしました(爆)。今度はIndyリカバー。

7本目。SF39yから。Executionをきちんとやってほしい場面。っていきなりTarik GlennがFalse Start。。。ああ、イライラするなあ。で、1stダウン15yでいきなりManningがINTを投げるわけですよ。ああ、イライライライラ。本当にミスだらけだなあ。スーパー云々言うチームの試合じゃないよ。

SF9本目。SF20yから。David Thornton がサック決めるもUnnecessary Roughness(爆)。またBarlowがBreak Tackle連発。Frank GoreもBreak Tackle連発(爆)。タックリングも甘くなってませんか?ランが止まらなくなってきた。3rdダウン7からCato JuneがINT!今日の試合も本当にディフェンスに感謝。

8本目。IND44yから。ストレッチプレイでのエッジのランが出ています。しかしパスはいまいち、、、4thダウンからギャンブルイッターーーーSF36yという位置からの判断でしょう。Stokleyにヒット、1stダウン更新。ふう。で、進みだす。Tarik Glenn今度はホールディング。うーーーーん。しかしブリッツの裏のStokleyにヒットし、課題の3rdダウンショートでエッジがランで1stダウン更新。SF4yで1stダウン、今度はきっちり取りたい。エッジがギリギリでねじ込んでTD!21-3。

SF10本目。SF33yから。3rdダウン9からワイドオープンのJohnnie Mortonにオーバースロー。パントリターン中にまたペナルティ。リターンで12メンって、、、Hartsockのホールディングの方が適用されたけど、ホンマ情けないペナルティの連発。

9本目。IND15yから。ランが止められ気味ですが、Stokleyを中心にパスが通ってます。結構ブリッツ入れてきてる模様。パスを重ねて進み、最後はWaltersに18yTDパスヒット、28-3。

SF11本目。2ndダウン1から、Illegal FormationとReagorのサックで3rdダウン9。Barlowへのパスの後またBreak Tackleしまくって1stダウン。こういったときでもBob Sandersが最後にきっちりとしとめてくれます。本当に助かります。Robert Mathisがサック決めてファンブルフォース、Triplettがリカバーしてターンオーバー。

10本目、Rhodesのランで時間つぶして試合終了。

点数的には圧倒しても、オフェンスはターンオーバーあり、ペナルティ多発、3rdダウンで落球とかなりUglyな試合だった感じ。オフェンスには次の試合できっちりと修正して欲しいです。
ディフェンスはタックルミス多発も、サック5個、INT4個とAlex Smithにきっちりと洗礼を浴びせたのはGood。
[PR]
by captain_harbaugh | 2005-10-10 08:06 | Gameday
<< ダンジー・インタビュー on SF戦 2005 Week5 Indi... >>