感想 - 2010 Week11 Indianapolis@New England
現状では苦しい試合と見ていましたが、最後まで楽しめる試合にしてくれました。




奇跡の差し切りかと思ったらゴール前でヨレて届かず。その前の反則でできた3rdアンド6のピンチを凌いだ直後だっただけに膝から力が抜けましたが、あの場面で逆転TDを狙うこと自体はまあ当たり前かと思います。

オフェンス。
脳震盪明けのCollieをあれだけミドルでこき使うのはどうなんだろう、と思ってたら途中退場。脳震盪の影響かは不明ですがちょっと調子がよくなかったようで、SD戦は欠場と見られます。Collieはスロットでよく使われる関係でどうしてもヒットをうける頻度が高いですし、万全になるまでは休んだほうがいいでしょう。
兄者はプレッシャーのさばき方はよかったですが、やはり3INTが痛かったです。一つ目はBlair WhiteがきっちりLBとSの真ん中に走りこんでますし、元設定ではもう少し深めのルートだったのかもしれませんがやはり少しオーバースローでしょう。2つめのINTはGarconのルート判断と兄者のルート判断が食い違った結果と見られますが、CBは一直線に奥カバーだったのでオプションルートならGarconの選択が正しかったように見えます。ただ、そもそもGarconと兄者でだいぶ見えているものが違うように見えるだけに、オプションルートを使うという選択自体がどうかなーという印象です。3つ目は少しラッシュを気にした兄者のアンダースローでしょう。Garconのカムバックの設定だったとしても、James Sandersが届くところに投げた時点でアウトと思います。
逆にGarconのルートミスではっきりしているのは序盤にあった2ndアンド9でのパス失敗で、外にディフェンスがいるのにアウトに切ったのに対し、パスはポストの方に投げられてました。あとはジャムられてスラントにうまく出られず、INTされかかったパスがあったでしょうか。パスプロがもう少し磐石なら、(オプションの場合については)ルート取りを確認してから投げることも出来るのかもしれません。
Jacob Tammeも結構LBにカバーされていましたが、うまくカバーを縦に引っ張った上で開いたRBにパス、のパターンは結構出ていました。
ランブロックについてはまったく押せず、相手が普通に人数を合わせたパーソネルを使ってくると厳しいと言うのを再確認しました。

ディフェンス。
試合前に若干懸念していましたが、二列目の弱さがランでもパスでも出てしまったかと感じました。とりあえず、Angererに無線メットを託すのはどうでしょうかね。まだ自分がどう動くかでいっぱいいっぱいに見えます。単純に出ずっぱりのLBがAngererだけだから無線持たせてるのかもしれませんが、Haglerあたりに無線持たせてランシチュエーションでも入れたほうが、Angererも当面自分のプレイに専念できていいかなあ、と。それともミーティングルームでは理解度高いところを見せているのですかねえ。
その辺も影響しているのか、ディスガイズなどもほとんどできず、ブリッツ入れるときがわかりやすいディフェンスでした。LBが前に来てると本当に素直にブリッツ、後ろにいれば本当に素直にカバー、という形に見えました。その状態ではFreeneyかMathisが超人的な突破をしない限りBradyにはやられるのが必然だったかと。
ランもよく出されました。DLの押し込まれ量がINDとNEで明らかに違っていましたし、その分3rdアンドショートをよく作られています。時々3rdアンドそこそこロングも出来るのですが、タックルの甘さでエキストラヤードを稼がれて更新されたことも何度か。Pat Angererが解説に「Brackettならここでタックルしていた」と言われた形で更新されたのが二度ほど。Jacob Laceyもしっかり相手をラップアップせずにヒットだけで止めにいくのでエキストラヤードを稼がれて更新を許しています。
プレッシャーはほとんどかけられず。ブリッツは読まれていましたし、4メンラッシュではFreeneyが一つスピンムーブからサックを決めていますが、概ねBradyに余裕のある形で仕事をさせてしまいました。

スペシャルチーム。
Brandon Jamesはちょっと狙いすぎるでしょうか。それなりにペイすることもあるから、今のところはJamesのままでしょうけど。とりあえず反則で20yライン手前からスタートというのは萎えるので、そこは改善の必要あり。あと途中でストレッチャーで退場したChip VaughnがIR入りし、代わりにS Al Afalavaと契約しています。

正直かなり苦しいと思っていた試合ですし、4Qまでは予想通りかと思っていたら、そこから怒涛の追い上げを見せてくれたのでかなり楽しかったです。ただNEとの力の差を感じたのも確かです。
とりあえず今勝とうとするなら、GarconやAngererの仕事は単純化させたほうがいいと思うのですが。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-11-25 07:14 | Game Summary
<< Preview - 2010 ... Memo - 2010 Wee... >>