メモ - 2011 Week8 Indianapolis@Tennessee
前半戦



IND1本目、IND7から。
Joe Lefegedがキックオフリターンでファンブル、一時ロストと判定されそうだったけどINDボール。しかし苦しい位置。ランがあまり出ずもPierre GarconへのバブルスクリーンからいいRACで更新。Wayneへのパスはジャムられて通らずも、Clarkに通して3rdアンド1。Austin Collieに通して更新。ブリッツきそう、なところをWayneへのクイックタイミングパスで回避。3rdアンド2、Wayneへのパスは通らず。Wayneが腕を掴まれたようにも見えたけど反則はなし。パント。

TEN1本目、TEN15から。
WRへの横パスはノーゲインでしとめる。課題のアンダーニース、Hawkins対Kevin Thomasのところ、7y許して3rdアンド3。Jerraud Powersがマンカバーで付ききれず、バックショルダーのような形で対応できなかったか。しかし対応してほしくはある。CJのラン、これは止める。3rdアンド4、アンダーニース狙われて更新。そのあとのランはノーゲイン、やっぱり今年のCJはスクリメージの手前で踊りすぎ。Javon Ringerのランは7y出て3rdアンド3。もう一個アンダーニース狙われたけどこれは通らず。FGは信頼のブランドBironasが決めて0-3。まあ戦えそうには見える。

IND2本目、IND12から。
Lefegedのリターンで20yを超したことはほとんどないんだけど、、、兄者がいない以上リターンでの一発は捨てがたいとはいえ、割が悪い。Deloneのナイスランから。ブリッツを察知したっぽくWayneへの速いタイミングのパスをオーディブル、でもカバーを外せてないとこには通せない。Deloneナイスブレークタックルも3rdアンド5残る。外しきれず、ちょい危ないパスはインコンプリート。パント。

TEN2本目、TEN28から。
CJへのフラットパスは4yで仕留める。ペネトレイトが当たってCJのランを大きくロスさせ、3rdアンド11。アンダーニースへのダンプパス、これは2yゲインで止める。3アンドアウト、いいよー。

IND3本目、IND13から。
Garconとはまったく合わず、ルートミスか?Brownのランはでて3rdアンド5。OjinnakaがJonesに抜かれてサック。そしてパントはビッグリターン、Pat McAfeeの助けを借りて止める羽目に、、、

TEN3本目、IND49から。
Ringerのランから、セカンドエフォートで持ってかれて6y。そのあとCJのラン、こちらはノーゲイン。本当に今年のCJはフィットネスが悪い。3rdアンド4、Hasselbeckにプレッシャーかけることに成功、パス失敗。パント。で、こちらはリターンできずに反則するわけですよ。

IND4本目、IND7から。
本当にろくなフィールドポジションから始まらないな。さらにいきなりホールディングでさらに苦しく。さらにフォルススタートで苦しく、、、ってグダグダさがひどい。Deloneのランはロス、Brownのランも1yゲインで3rdアンド15。ドロー、Brownが一個タックル外すも当然更新には届かず。パントはブロック危ないし。

TEN4本目、IND48から。
フィールドポジションの差がひどすぎる。しかしパスをさくっと落球してくれる、この辺がオフェンス弱いチームの優しさw。いいランが出るとRingerの方、しかし3rdアンド6。パス失敗でパント。向こうのファンも相当ストレスフルな試合なのではなかろうかw

IND5本目、IND16から。
Deloneのナイスランから、と思ったらホールディング。さらにフォルススタート。あれ?俺時間さかのぼった?ちょっと危なく見えたGarconへのパスは通して、Carterはいつものいいゴリゴリランで、それでも結局3rdアンド11。で、Seth Olsenが一対一でアオテンくらってサック。で、パント、今度は本当にブロック食らってTD、、、Rychleski大写し。TV局もあなたのカットに賛成のようだ。

IND6本目、IND20から。
今日一番のフィールドポジションだよ、やったね!ターゲット見つからずPainterスクランブル、4yゲイン。Brownのランは3yで3rdアンド3。Dallas Clarkへのパスは完全に読まれてカット。パント。

TEN5本目、TEN32から。
Ringerのランを止めた。Ringerへのダンプパスで更新される。なんか久々に1stダウン更新というものを見た気が。Ahmad HallへのパスはRACをちょい出されて7yゲイン。次は一応カバーできてたらしく投げ捨て、3rdアンド3。Ringerのドロー、Braytonがスクリメージ手前で仕留める。パント。

IND7本目、IND22から。
Pierre Garconがミドルでワイドオープン、しっかり通して20yゲイン。Carterのランは確実に4y、Wayneはカバーを外せず、3rdアンド6。逃げながらClarkへのパス、通らず。少し反則臭かったし、もう少し近くに投げていたら旗も飛んだかも。パント。

TEN6本目、TEN14から。
CJのランから、今回は10y超のゲイン。しかし次のランはしっかり止める。ディープパス来た、しかもアンネセサリーラフネスとられた。そんなひどいヒットには見えなかったけど、今日の審判はこちらに厳しいね。CJへのパスは落球、CJはこれがあるから助かる。CJのランは止めて、3rdアンド10。ディープ狙われた、けどこれはカバー。FG、ここも信頼のBironasブランド。0-13。

IND8本目、IND14から。
前半でもう8本目か、兄者時代なら1試合分のドライブだがw。粘って粘ってCollieへのダンプパス、ここは狙ってほしかった気も。ドローアクションからDallas Clarkオープンになった、通した!ここで2ミニッツ。一応時々ミドルのオープンが通っている。そしてPierre Garconへのディープ、ディフレクトされてINT。まあ、ふん詰まりオフェンスを続けても仕方ないし、このプレイコールは支持はする。でも結果は伴わない。

TEN7本目、TEN35から。
RingerへのダンプパスはAngererが素晴らしい反応で4yのロス。フィールド真ん中でJared Cookがどワイドオープン、どういうカバーだか。スラント通され、Ringerへのダンプパスはタックルミスでゴール前。モーションしてきらWashingtonに対するマーク渡しができず、スピードでもぶっちぎられてTD。0-20。

いやー、今日もひどい試合だなー(乾笑)
[PR]
by captain_harbaugh | 2011-10-31 02:11 | Gameday
<< メモ - 2011 Week8... 怪我人情報 - 2011 We... >>