Preview - 2005 Week10 Houston @ Indianapolis
まず怪我人状況。
ここまでもっぱらスペシャルチームでプレイしていた新人DEのJonathan Welshが膝の怪我でシーズンアウト。またNE戦で肩を怪我したMike Dossの出場が危ぶまれていましたが、こちらはどうやら試合には出られそう。Dossが出られない場合はJoseph Jeffersonが代役をつとめる事になりますが、やはりDossの代わりに先発していた初戦のBAL戦ではまずまずのプレイをしていたので、大きな戦力ダウンはなさそうです。
一方HOUは前回の対戦と比べるとAndre Johnsonが戻ってきたもののDomanick Davisが先週欠場で今週もQuestionable、好リターンを連発していたJerome MathisもQuestionableとなっています。

Indyの状況ですが、マンデーナイトの疲れが出たのか水曜日の練習はテンポも質もひどかったようです。その後はきちんとよい練習ができているとのことですが、正直先週の大一番をクリアした後、先週と同様の集中力までは保てないと見ます。

前回の対戦と比べ、HOUのパスオフェンスはAndre Johnsonの復帰で向上しているようです。JAX戦でも9回91yという活躍をしているので、完全復活でしょうか。前回のラン:パス比3:1のような攻めはしてこなさそうです。やはり基本はAndre Johnsonを止めろ、となるでしょう。月並みですがJohnsonのサイドのSはJohnsonのディープをケアし奥で完全に一対一になるような状況は避けること、CB陣はショートパスは取られるのはしょうがないのでその後しっかり止めること、でしょう。
一方ランですが、前回の対戦ではランブロック面ではHOUのOLはそれほど悪くない印象を受けました。Domanick Davisがいなくても、Jonathan Wellsをきっちりと止めたいところ。LB陣にはNE戦でDillonを止めたような集散を期待したいです。

一方HOUのディフェンスですが、前回やってきたような2-5のようなパス偏重守備をやってくるかどうか。2-5では現在のエッジをとめるのは非常に困難なことは前回見せたので、Gary Walkerが復帰していることもあるし普段どおりの3-4で来るとは思うのですが、それでもバランスアタックで行ってほしいと思います。HOUのフロント7と現在のIndy OLとエッジの調子から考えると、3-4であろうがランは出るでしょう。ある程度ランを出し、フロント7をランに集中させた上で、Manningがしっかりミスマッチの場所に通す、というのがやはり一番確実。前回INT食らったDunta Robinson含むダブルカバーに投げたりするのはあんまりやらないようにしてほしいです。
それでもブリッツは結構バリエーションがありそうなので、Dallas Clarkがホットレシーバーとしてしっかり活躍することも重要と思います。

先週で燃え尽きた、なんてことはないと思いますが、それでも先週よりは若干調子が落ちていそうなので、トラップにはまらないように。

27-13での勝利と予想します。
[PR]
by captain_harbaugh | 2005-11-13 18:43 | Preview
<< Memo - 2005 Wee... Howard Mudd - O... >>