メモ- 2012 Week1 Indianapolis@Chicago
前半戦



なんか非常にいいプレッシャーがかかりまくってピック6につなげたらしいw
INTリターンTDのJerrell Freemanおめ!
IND 7-0 CHI

次のCHIのドライブ、いいプレッシャーがかかって3rdアンド10に持ち込んだ。ここもプレッシャーかかったけどロールアウトでしのがれて通された。うーん、これはCutlerによくやられた。そしてForteのランが炸裂、
ディープへのボム、Jerraud Powersがしっかりカバー。3rdダウン、プレッシャーかかった、パス失敗、、、ってJustin Kingのパスインターフェアorz何やってんだ、痛すぎる、、、そしてまたForteのラン炸裂、一気にゴール前。今度はCassius Vaughnがパスインターフェア、これも完全にやっちゃってるなあ。一回止めたけど最後はゴリっと押し込まれてTD。7-7。

コルツ2本目。
まずはプレッシャーさほどかからない中、Reggie Wayneへのショートパスを決める。2ndダウンはPeppersからのプレッシャーがかかってパス失敗、さすがにきつい。3rdアンド2、やはりプレッシャーがかかったところでスクランブル、1stダウン。Henry Meltonが真正面を軽く突破して大きなロスタックル。プレッシャをしのぎにLavon Brazillへの早いパス、プレイが当たったわけではないけどまずまずいいゲイン。3rdアンド4、Castonzoがスピンで交わされてプレッシャーかかり投げ捨て。パント。

CHI4本目:
Freneneyがカットブロックの影響で足首か膝をやったか、サイドラインに下がる、、、ひどい怪我ではなさそうだけど。Brandon MarshallへのパスはZbikowskiがカット。3人くらいに囲まれてるんだがwランを3yで止め3rdアンド7、Vontae Davis対Brandon Marshallのところへ。VontaeカットしそこねるがBetheaもフォローしていてパスは通させず。しかし本当にMarshallしか目に入ってないようなwパントはあまりよくない。

IND3本目:
予想はされたがランがかけらも出ない。ちょっと目先を変えてドロー、これは少しゲイン。少しはこの辺でプレッシャー減らしてかないとな。3rdアンド5、プレッシャーかかってパス失敗、、、と思ったら守備の反則あって3rdアンド1で出直し。Donald Brownが簡単なパスを落球orz何やってんだー。パント、Joe Lefegedナイスカバー。

CHI5本目:
Bennettへのミドル、そしてまたもMarshall。Freeneyが下がってやはりプレッシャーのかかりが悪くなってる。Jerry Hughesではやはり脅威になりきらないか。
Devin Hesterワイドオープン、ゾーンの切れ目か。にしてもゾーンの隙間が大きいような。Matt Forteへのダンプパスから大きなゲイン、Connerのカバーはそう悪くなかったかもしれないけどその後ビッグゲインを許してるのが。Sがマンカバーで奥に引っ張られてるのがきつい。クイックパスでTD、7-14。

IND4本目:
Reggie Wayneへのミドル、素晴らしいキャッチ。これはさすがWayne。次のディープは完全にアンダースロー、Tim JenningsがINT。これは奥にしっかり投げ込んで欲しかった。そもそもカウントで引っ掛けたかと思ったのかもしれない。しかしギリギリオフサイドじゃなかったらしい、、、

CHI6本目:
またもMarshallワイドオープン、Betheaのマッチアップは厳しい。ランは止めたが今度はAlshon Jefferyへのパス、結構迫力あるね。CHIの反則で2ndアンド20、ここで止めたい。Marshallのスラント、3rdアンド11。ここでBushのラン、それはさすがに止める。FG、7-17。

IND5本目:
Reggie Wayneが素晴らしいキャッチ!と同時に痛んだがたいしたことはなさそう。胸を打って一時的に呼吸が苦しくなった感じか。Tim Jenningsのパスインターフェア、これは助かった。しかしLuckもこの辺はしっかり決めて欲しいところ。そしてDonald Brownの中央、これはOLがきちんと穴あけて綺麗に狙った穴を走っていった。ナイスゲイン。ショートアウトはパス失敗、だからそのハーフスピードのパスは危ないって。あやうくピック6になるところ。Reggie Wayneへのパス、ダウン更新。そしてDonald Brownの中央突破からTD!ここはOLがいい仕事した。14-17。

CHI7本目:
プレッシャーかからねええええええ。Justin Kingがまずはナイスカバー。次のプレイは久々にMathisがプレッシャーをかけてパス失敗。3rdアンド10、きれーーー。6人ラッシュをいれてもプレッシャーまったくかかんね、パス通されて更新。これはきついな。またもBrandon Marshallへ、Jerraud Powersとのマッチアップは狙われ気味。逆にVontaeが全然画面に映らないのはよくカバーしてるということか。Justin KingがこけてワイドオープンのEarl Bennettへ通されてゴール前、最後は押し込まれてTD。14-24。

IND6本目:
残り39秒、タイムアウトは3つ。Coby Fleenerにまずはクイックスラント。Reggie Wayneへのパス、ナイスキャッチはいいんだがLuckにもナイスキャッチしなくていいパスを投げて欲しいwCoby Fleenerへのミドル、サイドラインの外に出つつ敵陣侵入。さらにプレッシャーをかわしながらFleenerへ。カレッジからのホットライン3つでFG圏内に来た。残り12秒でタイムアウト一つ。これTD決めたら伝説の始まりになるかもしれんwDonnie AveryへのディープはTim Jenningsがカット。まあ向こうもコンサバに守ってはいるんだけど、パスが一拍遅い気がするな。そしてVinatieriがFGを外して結局得点ならず。ヴィナ様、、、

前半終了、Luckは出来自体はさほどよくないかなあ。やや精度が悪いし、ゲームスピードの違いは感じているかも。でもまあプレッシャーをよく凌いでいるし、最後のドライブはなかなかだった。あとはReggieはReggie、そしてFreeneyが抜けると一気にプレッシャーがかからなくなるの巻。
[PR]
by captain_harbaugh | 2012-09-10 02:29 | Gameday
<< メモ- 2012 Week1 ... Preview - 2012 ... >>