メモ- 2012 Week1 Indianapolis@Chicago その2
後半戦



IND7本目:
Brownへの右ピッチ、これは出ず。プレイアクションからFleener、これはUrlacherがしっかりカバー。3rdアンド9、スラントは通せず。パント。

CHI8本目:
Forteの右へのラン、結構出た、そしてBetheaが傷んだ、、、なんとか大丈夫っぽい。Jeffryへのショートスクリーンっぽいパス、VontaeとZbikowskiが交錯、大きなゲインに。そしてForteのラン2発でTD、14-31。

Brazillがキックオフリターンでファンブル。そもそも10y地点でタックル食らってる時点で判断どうよ、とかボールセキュリティどうよ、とか。まあここから学んでくれ。

CHI9本目:
Hesterのリバースはしっかり対処。ForteへのパスはVontaeがしっかりタックル、これは大きい。3rdアンド6、エンドゾーンのBrandon Marshallへ。これは完全にダブルチームのところ、パス失敗でFG、14-34。

IND8本目:
Jeff LinkenbachがJusticeに代わってRTに。怪我か?Fleenerへのショートパスから。Donald Brownのランはスクリメージ割られてロス。3rdアンド8、Brazillの手のところに投げるもBrazill確保できず。反則で1stダウンにはなった。しかしBrazillも確かに囲まれて厳しいのだが、それでも確保して欲しい。Donald Brownへのパスはまたも落球、しっかりしてくれー。Kris Adamsへのミドル、これはしっかり。こういうサイズのあるレシーバーへの高めのパスは安定してる気がする。ランが止まり、AveryへのパスはHaydenのナイスヒットで確保しきれず。3rdアンド9、プレッシャー交わしながらWayneに通して更新!やっぱり動きながらの方が精度がいいようなwCoby Fleenerへのミドルを通してレッドゾーン侵入。Wayneへのパスは通せず、Brownのランが出て3rdアンド3。エンドゾーンのWayneへのパスはTim JenningsにカットされてINT。まあ学習ですな。

CHI10本目:
ランをしっかり止め、HesterへのクイックパスはPowersがしっかり対処。3rdアンド13、Mathisが後ろからReddingが前からプレッシャーかけてサック。しかしReddingが傷んだ、、、パント。

IND9本目;
プレッシャーかかってFleenerへのパスは失敗。Brownのランは出てダウン更新。パスに行ったところでCorey Woottonにボールを叩かれた。パス扱いかファンブルか微妙、判定はパス扱い。CHIチャレンジ、これは微妙。でもファンブルかなあ。ひっくり返った、ファンブル。

CHI11本目:
途中見てなかったw3rdアンド10でBrandon Marshallへの6yほどのパス、Powersがタックルにいくも強引に身体と腕を伸ばして1stダウンとの判定。しかし微妙。ということでチャレンジ、そしてダウン更新はなし。パント。

IND10本目:
Luckかなりフラストレーション感じてるね。まあこれも試練。スクランブルから6yゲイン。Reggieに通して更新。ランを挟んで、Reggieに通して更新。ランは出ず、Coby Fleenerへのパスは少し浮いて3rdアンド10。プレッシャーかかってAveryへのパスはオーバースロー。4thアンド10、、、ってギャンブル行くのか。確かに微妙な距離だけど。Kris Adamsに通して更新!
Wayneへのアウトパターンを通して、Averyへのクイックスラントを通して、さあ、ゴール前。ここはLuckにTDパスを決めて欲しい。Reggieへのパスはターンボールになって通らず。後ろのディフェンスにINTされかねなかった、あぶない。2ndダウン、AveryへのスラントでTD!Luck初TDパスおめ!21-34。

CHI12本目;
ランで時間つぶし、、、かと思ったらまたMarshallかw今日はPowersは散々だなあ。ランでゴリゴリゴリっと更新。さらにラン、ときたところでパスにきた。プレッシャーかからね。Alshon Jeffereyへのディープ、Vontaeの上を超えて通された。。。TD、21-41。まああのパスが放れるCutlerのディープパス能力はさすが。
[PR]
by captain_harbaugh | 2012-09-10 04:09 | Gameday
<< 感想 - 2012 Week1... メモ- 2012 Week1 ... >>