感想 - 2012 Week1 Indianapolis@Chicago オフェンス編
兄者お帰り。



PIT@DENを見ましたが、ノーハドルの指揮、ステップの刻み方、パスの投げ方、すべてが兄者。復活するとは思ってましたがホッとしましたw。さあ、コルツも頑張って行かないとな。

さて、Luck時代の幕開けとなる試合は21-41で地力の差を見せつけられて完敗。まあ、試合展開的には予想通りといえば予想通り。昨年に比べれば強豪相手のアウェイで試合になってるんだからかなりマシな気はします。

まずはLuck。
Luckの評価は概ね「グレートじゃないけどグッド」というものですが、私もこの意見に同意。全般的にポケットが4メンラッシュですぐに押しつぶされる中でよくプレッシャーをかいくぐってプレイを決めていたのはルーキー離れしていますし、反応速度と足で時間を稼げるのは得難い素質。その一方でパスのコントロールが結構乱れるプレイもありましたし、一拍投げるのが遅いプレイも散見されました。
一つ目のINTはディフェンスがオフサイドしたためフリープレイと判断してのディープとLuckがインタビューで述べています。実際ディフェンスはかなり突っ込んできてましたし、オフサイドと判断したこと自体は責められませんが、いかんせんアンダースロー。このプレイもその一つですが、「ディフェンスが届かない」より「オフェンスが届く」ところにパスを投げている、ディフェンスの寄せの見積りがまだ少し甘く感じるところはありました。まあ、NFLだとちょっとパスを置きにいけばやられるというのを学べたんじゃないかと。
2つめのINTは前をSに抑えられてる状況でSに届かないところに投げたらTim Jenningsがギリギリ間に合ってチップできて、浮いたボールをSが拾ったもの。あと少し正確にリードに投げられれば通せたかもしれません(余裕見過ぎると今度はSに捕まったと思うけど)。ただINTにまでつながったのは不運な面もありますし、3rdダウンでしたから投げた判断自体は別に悪くないと思います。
3つ目のINTはガベージタイムで投げる判断自体はともかく、やはりアンダースロー。少しプレッシャーがかかったので踏み込みきれなかったかもしれませんが、結果としては置きに行くようなパスになってINT。
といくつか悪いパスがあったのも確かですが、冒頭にも書いた通りNFLレベルで激しいプレッシャーを(しかも4メンラッシュで)かけられながら落ち着きを失わずにいくつかのドライブを構築したという点では素晴らしかったと思います。ブリッツにも対処できてたし。
前半終了間際なんかはかなり熱くなれましたw最後のAveryへのディープをもう少し奥に投げ込んでれば決まってたかもしれませんが、そもそも残り40秒からしっかり60yドライブしてFGレンジまで持ってきたというだけでも素晴らしい。
なんといってもLuckの評価が高かったのはその精神面のはず。兄者のように10年成長を続けるのを目標にw、フイルムスタディと修正に取り組んでいって欲しいです。

その他オフェンス。
レシーバー陣ではReggie Wayneが素晴らしいキャッチを連発。ターゲットもWayneに偏っていましたが、Luckに言わせれば「Reggieを無理に探したんじゃないけど、Reggieはいるべきときにいるべきところにいるから結果的にそこに投げることが増えた」ってなもんで、まさにWayneの本領発揮。他の若いレシーバー陣は是非Wayneをお手本にして欲しいです。
Donnie Averyはそれなりのスピードとクイックネスは見せたかと思いますが、まだちょっとLuckと合わせきれてないかな。
Austin CollieとT.Y.Hiltonが欠場した影響でKris Adamsが結構出場時間をもらって2キャッチ。高さを活かすレシーバーはLuckと相性がいい気がするので、今後もそこそこプレイタイムをもらえるかも。
Coby Fleenerは6回82yとなかなかの活躍。特に前半終了間際のドライブのアクロスからサイドライン際を駆け上がったプレイはよかったかと思います。
Dwayne Allenはリードされた展開だった影響かあまり出番がなかったようです。

RB陣ではDonald Brownは良い走りと微妙なホール判断と悪いブリッツピックとひどいドロップが混在した内容。そのオープンフィールドでの力を発揮するにはパスを落としてちゃあかんのですけどね。
パッシングが中心になった後半にはMewelde Mooreが結構プレイタイムをもらっていたようでしたが、低い球を一つしっかりレシーブしていてブロックも安定していたかと。やはりパッシングゲームでなら使いやすい選手です。

OLはまあ予想通りにはひどく、予想以下にはひどくはなかったという感想。まあ単に元々の期待が底辺なだけで、予想以下じゃなければいいってことはないんですけど、、、
C/G陣はやはりというか横の動きがよくない。ちょっと相手に寄りかかり気味にパスプロをして、相手が横にずれると簡単にブロックを外されるというプレイがよく見られます。で、よりかからないとブルラッシュで一気に押し込まれるんだよなあ、、、
それにしてもそもそもプレイ伝達にミスってたり、ブロック相手の受け渡しが下手になって変なところでOL選手が浮いてたり、誰もブロックをしてないディフェンダーがいることが増えてるような。
そしてその漏らしたディフェンダーを受け止める最後の砦がBrownというところがなんともかんとも。

ディフェンスは後日。
[PR]
by captain_harbaugh | 2012-09-11 08:14 | Game Summary
<< 感想 - 2012 Week1... メモ- 2012 Week1 ... >>