感想 - 2012 Week5 Green Bay@Indianapolis
大変遅ればせながら。



試合前のPaganoのメッセージ。


コルツのみんな。僕の家族全員に代わってメッセージを。様々に助け、そして愛してくれて本当にありがとう。とても返すことができないけど、我々が本当に君たちを愛していて、我々もこの先全力で君たちを助けていくことは知っておいてほしい。
もらったカード、ノート、メッセージ、メールはすべて読んだ。すごい量だったけど、読み終わった。
僕たちは今後どんどんよくなっていく。生還者の話や色々な個人的な話をありがとう。本当に元気づけられた。自分はこの病気に打ち勝てることを知ったし、このような特別なサクセスストーリーを聞くと日々をよりよく過ごせるよ!
僕の将来的なポジションは決まってないけど、僕は今の健康状態を理解した上で、今自分がやるべきことをやることにした。それはポジティブであり続けて、役割を果たすことだ。
僕たちはやるし、できるし、やらなければならない。選択の余地なく必要なことだ。
僕たちはこれを乗り越える。
これは正しい心を持つということだ。
NFLにはウチ以上に優れたオーナーはいない。彼はこの組織を信義と家族とフットボールを軸に作っている。順番を間違えるな。
俺達にはすべき仕事がある。そういう契約をしている。辛い時もあった。でも俺達はここにいるべくしているんだ。
日曜日の4:30(試合後)に5割でいることだけに集中しろ。それだけだ。レーザーのように集中しろ。そういう精神状態でなければいけない。60分、すべての持てる力をもって、一つ一つのプレイをしろ!
勝て!


この苦しい、強敵相手のmust-winゲームを勝てたことは本当にコルツにとって大きかったと思います。

オフェンス:
Andrew Luckはこのオーガニゼーションを託すにふさわしいプレイとリーダーシップを見せてくれました。タイプ的にはBen Roethlisberger的な勝利への持っていき方だったようにも感じます。細かいミスはありましたが、とにかく持てる力をすべて使ってチームを勝利に導いた。やや泥臭くもありましたが、素晴らしい気迫だったと思います。これでLuckの地位は確立したといえるでしょう。技術や読みは今後磨いていけばいい。5年は任せた。
Reggie Wayneは大学時代からの盟友Paganoの為に本当に気力が充実していました。前半のワンハンドキャッチにはじまり、研ぎ澄まされた集中力ですばらしいキャッチを見せつづけました。13回212y、そしてとにかく重要なパスを全て捕り続けました。本当に再契約してくれてよかった。
Donald Brownは外まくりで好ゲインを繰り返しました。この好ゲイン連発が後半のLuckへのプレッシャー軽減に大いに貢献しました。追いかけ続ける展開ながら17回84yという数字は、本当に効果的であったからこそ得られた数字です。
OLは特に中央は苦戦もしましたが、Brownのランの際にしっかり外に出られるスペースを確保し続けました。Luck自身の奮闘が大きいですが、後半はとにかくサックを0に抑えてモメンタムを切らせませんでした。

ディフェンス:
Cory Reddingが激しいペップトークで盛り上げていました。そのRedding筆頭にフロントが非常にいい仕事をしました。後半のラッシュは11回92y。ひどい数字ですがw,42yはAaron Rodgersのスクランブル、41yは1回のランで残り5回のラッシュアテンプトは9yですから、ボールコントロールさせなかったという意味で仕事していると言えるでしょう。
そして何より大きいのは後半の5サック。Rodgersに42yスクランブルされたぶんを帳消しにする、素晴らしい仕事でした。Rodgersもあの展開で持ち続けてくれて助かりましたが、結構早いプレッシャーもかけれていました。
パスディフェンスについては満身創痍で到底持たないと考えていたのですが、Cassius Vaughnが想像以上に頑張ってくれました。ちょっとくらい不調と言ってもJames Jones相手は荷が重いと考えていたのですが、46yに抑えたのは上出来でしょう。結構マンカバーを使いましたが、なんとかカバーしてくれました。Jerraud Powersもやられ気味でしたが、後半一本目のJordy NelsonへのピッタリカバーからのINTは素晴らしいモメンタムチェンジャーとなりました。Randall Cobbにだけはやられ放題でしたが、まあこれはDBの人材不足とCobbの好調ぶりを考えれば仕方ないでしょう。

スペシャルチーム:
Vinatieri先生は前半は少し悪いくせが出たというべきか、53yが長かったというべきか。まあ後半のより重要な49yは決めてるし、チップショットを外すお茶目はやらかさなかったしOKですかねw

試合後のPaganoからのメール。


このチーム、スタッフ、ファン、オーガニゼーション、コミュニティを本当に誇りに思う。
僕は世界一幸運な男だ。これは数カ月前(コーチ職についた時)にも言ったけど、もう一度言うよ。
12人目の男は、勝つことをあきらめないチームのもとに重要な時にやってくるんだ。
ファミリー!チーム、チーム、チーム、コミュニティ!


チームとして、本当に重要な、かついい勝利だったと思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2012-10-21 19:30 | Game Summary
<< Preview - 2012 ... 感想 - 2012 Week6... >>