感想 - 2012 Week8 Indianapolis@Tennessee
アウェイ初勝利。



これで勝ち越しですよ、勝ち越し。いやもちろん内容的にそんなによくはないことは承知で、かなりの健闘じゃあないですか。

オフェンス。
ここ2試合よくランが出てる、ということでブロックの内容を中心に確認してみました。で、思ったことは
「Dwayne Allen大当たりじゃね?」
ということ。ほとんど完璧に相手DEを一対一でコントロールしてました。無論相手のDerrick Morganは決してランに強い選手ではないですが、ペネトレイトも許さずほぼ完封。ブロッキングTEとして非常にいい仕事をしていたと思います。この結果DTに真ん中3人+Winston Justiceを動員できるため、安定して押せていました。ショートヤードのパスキャッチも安定しているし、これはFleenerよりよく使われるのは当たり前かも。ファンブルっぽいプレイは反省材料ですが、ランブロックよし、パスプロよし、パスキャッチよしのクラシカルな万能TEになれるかと思います。
OL陣についてもSamson Sateleはダウンフィールドブロックで結構いい働きをしていたと思います。DTへのダブルチームからするっとLBを取りに行くのが効いていたと思います。あとは真横をスカスカ抜かれなければいいのですが。
ランナーはVick Ballardがハイライトリールを飾る決勝TDダイブを決めました。基本タックル間ランナーとは思いますが、なかなかのスピードも見せています。
Luckはアクロス系のレシーバーが横に走るパターンは安定してると思います。あとは縦のルートでのタッチとレシーバーとの合わせ込みを磨いていってほしいのと、ちょっと無理しすぎる部分の我慢かな。

ディフェンス。
例によってBetheaを上げ気味にしてパスを強いる形。でもHasselbeckがこの状態からかなり安定してショートパスを決めてきたので苦戦しました。Sを上げ気味にしている以上CBが付き切れないのはわかりますが、もう少し頑張って欲しかった感も。スラントやヒッチ、インでかなり切り刻まれました。
そしてパスを出された理由としては、やはりパスラッシュ不足も上げられるでしょう。一個Drake Nevisがいいスタンツからサックを決めましたが、それ以外はどうにもプレッシャーをかけられず。Jerry Hughesがもう一個サックを記録していますがこれは完全なカバレッジサックです。Dwight FreeneyもほとんどOL内に切り込めておらず、外まくりもかなり迫力を欠きます。Robert MathisがMIA戦から復帰できそうなので、もう少し変わってくるでしょうか。
それ以外ではJerrell Freemanの運動量が目立ちます。とにかくボールキャリアによく絡んでいる。あまり3-4っぽくはないものの、タックルをもう少し磨けばILBとして長くやっていけるかもしれません。

スペシャルチーム。
先生の食らったFGブロックは、Linkenbachのところを二人で押し込み、アオテン食らって空いたスペースを使ってGriffinにブロックされました。まあダブルチームとはいえ、あそこまで見事にアオテンくらっちゃなあ。

まあ課題は一杯ありますが、アウェイでランを出しながら勝てたというのは喜ばしいことです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2012-11-04 22:55 | Game Summary
<< 怪我人情報 - 2012 We... メモ - 2012Week8 ... >>