感想 - 2005 Week10 Houston @ Indianapolis
スペシャルチーム以外、ほとんど完璧な試合と言っていいかと思われる試合でした。

オフェンス:
HOUの守備陣形ですが、最初の方だけ2-5というか2-4-5っぽい守り方をしていました。最初のシリーズはそこからJake Scottが突破され、サックで3アンドアウトになってしまいましたが、2シリーズ目からはエッジが縦横無尽の活躍でHOU D#を粉砕しました。本当に今期のエッジは大活躍中ですが、この試合でも強さ、カットバック、判断全てでイイところを見せました。結局エッジのランがまったく止まらない、ということでHOUも途中からは3-4にしていたようですが、そうなったらそうなったでPeyton Manningが3WRに通してあっさりTDを取っていました。クロックもしっかりコントロールしていたし、ほぼ完璧と言っていいかと。
しいて難を上げればJake Scottがサックを許す以外でランブロックのミスやホールディングもあったのですが、よいブロックもいっぱいあったし総合的にはよくやったかと思います。

ディフェンス:
ラジオで聞いているとCarrに結構時間を与えているような気がしたのですが、実際見てみるとかなりプレッシャーをかけていました。ランを出させずにこれなら十分及第点かと思います。やはりJason Davidが狙われ気味でしたが、ショートパスは取らせても早めにしとめていたし、ディープに放られたときはSのJoseph Jeffersonと挟んでうまく防いでいたので、ゾーンカバーマンとしては及第点でしょう。Dossの代役Joseph Jeffersonもしっかり守っていました。
ターンオーバーを取ることはできませんでしたが、基本的に安全確実にビッグプレイだけはさせずに守ることを優先していた感じでした。スペシャルチームのポカ二つがなければ10点くらいで止めていたと思います。

スペシャルチーム:
問題のパントレシーブ二件。
一つ目は最初にHOUの選手に当たったんじゃないかとのDungyのチャレンジでしたが、映像見ても他の選手の影でどういう跳ね方をしたのかさっぱりわかりませんでした。あれは引っくり返りませんね。その後でMarlin Jacksonが飛びついて弾き、公式にはこのJacksonのファンブルとなっていますが(つまり地面で弾んだとの公式見解)、これは責められないと思います。
二つ目は、もうちょい速くTroy Waltersが方向含めて指示するなりできなかったかなあ、と思います。少なくともJason Davidは言われたとおりに動いただけですね。映像的にもうちょい面白いかと期待してたのですが、あんまり面白くありませんでした(爆)
[PR]
by captain_harbaugh | 2005-11-20 19:32 | Game Summary
<< Preveiew - 2005... Week11 怪我人状況 >>