ドラフト1巡 - Joseph Addai - RB
e0085932_23302512.jpg
5-11 1/4 - 214 , LSU出身。
TSNによるとWillie Parker似。


シニア時代の成績は
187回941y, 平均5.0y 9TD + 20レシーブ 180y 1TD。
数字的にはめちゃくちゃ光るというほどではなく、エースではあったものの全体の半分程度のキャリーしかしていないようです。フィジカルの傾向の強いSECで走っているので、数字的に伸びない面はあるかもしれません。

プレイ評価としてはこんな感じ(ソースは主にTSN)。
インサイドラン:ビジョンがあり、的確にホールをつく。めちゃくちゃ力強いわけではないがバランスはいい。
アウトサイドラン:方向転換のスキルがあり、一発のスピードがある。
ブロック:サイズから考えられるよりもよいブロッカー。ブリッツに対する読みがよく、よいパスプロをする。DLとぶつかり合うのを恐れない。
レシーブ:フルスピードで走りながらパスをキャッチできる。カバーを読んで空いている場所に走りこめる。

めちゃくちゃ凄くはないものの、非常にバランスの取れたバックという評が多いです。
PolianとDungyも「このドラフトでエッジにもっとも似ていたのがAddaiだ」と言っています。
同時に「現時点でのスターターはRhodesだよ。もちろんAddaiはコルツにとって非常に重要なピースだが、Edgerrinはリーグでもっとも万能なRBだったんだ。エッジの置き換えがすぐにできるなんて思わないことだ。」とも言っています。
、、、エッジはショートヤードを取れないといって再契約に動かなかったのもPolianだと思ったのですがねえ(爆)。

スカウティングコンバインで40y 4.4秒のスピードを見せて評価をあげました。INDとしても元から注目していた選手で、ドラフト前にも一度インタビューでINDに呼んでいます。
Addaiは二年前に膝を怪我しているのでチームドクターにも調べてもらったらしいですが、「まったく問題ない」とのお墨付きをもらっているそうです。

金曜夜のドラフト事前会議でAddaiをターゲットとすることは決まったらしいです。
「彼はよいブロッカーで、よいレシーバーで、ハードランナーで、スピードもある-今年のトップクラスのバックの中でもっとも早いね。彼が残って本当によかった。ドラフト1巡の評価をしている欲しい選手が残っていたのだから、トレードダウンを考える余地なんてなかった。喜んで指名したよ。彼はパイルで3-4yを獲得できる。そしてデイライトなら15-20yを獲得できる。ブロッカーがつけば20-25yになる。スピードもあるし、密集にもいける。彼が大学時代にあまりキャリーをしていないのもいい。RBは消耗の激しいポジションだからね。」
とPolian。

とにかく万能性とスピードにこだわってのAddai指名ですね。早くINDのオフェンスに溶け込んでくれることを祈ります。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-04-30 16:05 | Colts Draftee
<< ドラフト2巡 - Tim Je... ドラフト初日 >>