ドラフト3巡 - Freddie Keiaho - LB
e0085932_23284736.jpg
5-11 1/4 - 230 - SanDiego State出身。

大学時代は1年だけスターター。ドラフトサイトの評では、「スペシャルチーマーとしてはいいかもしれない」というものが多かったです(爆)。スピードと守備範囲がウリのプレイヤーで、ボールスキルもあるもののサイズが足りないという評が多かったです。またもや「サイズが足りない」というディフェンス選手です(笑)。
TSNではILB11番目(3番目-10番目はほとんど残っている)、SIではOLB29番目(10番目-28番目はほとんど残っている)の評価。つまりドラフト二日目の最後の方に指名されるかどうか、というのが巷の評価です。

「今回のドラフトは記憶にある限り、もっとも選手層の薄いドラフトだ。3巡目で我々の指名順がきたとき、我々のドラフトボードで「3巡級の選手」とした選手は一人しか残っていなかったんだ。それがKeiahoだ。」
「彼は走ってヒットをできる、アグレッシブで激しいプレイヤーだ。彼は我々がこれまで持ってきたLBと同じようなタイプの選手だ。Mike Petersonに似ているね。入団時のMikeと同じようにスピードと嗅覚があってアグレッシブだ。スペシャルチームプレイヤーとしても活躍できると思う。」とPolian。

Dungyは
「彼は我々のLBグループにマッチすると思う。彼は大学でMLBをやってきたが、ストロングサイドでもウィークサイドでもプレイできると考えているよ。」
と言っています。

次代のCato JuneやGary Brackettになれるか、それともPolianの目の狂いか(爆)、期待と不安を持ちつつキャンプを待ちたいところです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-04-30 17:57 | Colts Draftee
<< ドラフト二日目 ドラフト2巡 - Tim Je... >>