ドラフト7巡 - T.J. Rushing - DB
e0085932_0524234.jpg
5-9 - 186, Stanford出身。
本名はTerrall Brent Rushing。

カレッジではCBとしてプレイ。「評価していてイライラするCBだ。非常にいいポジションにいるのに、パスを通されてしまう。」と評価されています。運動能力はありそうで、フィールドでのクイックネスもあるらしいのですが、とにかくボールに対する読み・反応が悪い模様。一方で相手につくこと自体はでき、タックルする意思もあるらしいです。致命的な反応の悪さを矯正できれば使えるようになるかもしれない、というところ。

ワークアウト時の記録は以下の通り。

40y: 4.40秒
225ポンドベンチ: 20回
垂直跳び:40インチ
幅跳び:10フィート0インチ
20yシャトル: 4.34秒
3コーンドリル: 7.12秒

40yは速く、垂直跳び等からも運動能力はありそうですが、シャトルや3コーンの数字はよくなく、ややスムーズさに欠けるところがあるのかもしれません。

CBとしてよりも期待されるのがスペシャルチームでの活躍で、Stanfordで歴代3位のキックオフリターンyを稼いでいます。大学時代通算で3回のリターンTDを決めており、All-Conferenceにも2年連続でリターナーとして選出されています。

この選手については、公式サイトのPolian評が載っていないため、どのあたりを評価したのかは不明です。ただチーム事情的には、やはりリターナー補充の意味合いが強いと思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-05-12 01:21 | Colts Draftee
<< ミニキャンプ開始 ドラフト6巡b - Antoi... >>