2006プレシーズンWeek1 @St.Louis
プレシーズン開幕戦は19-17で敗れました。とはいえ1stチーム同士では負けていなかったので問題はないでしょう。

●よかった点
・1stチームは最初のドライブをきっちりとTDに。ちなみにManningの出番は1シリーズのみ。
・T.J.Rushingが63yのビッグリターン見せる。ただし、パントリターンでボールをキャッチしそこなう場面もあった。
・Kelvin Haydenは主に3rdチームで出てたものの、再三のナイスカバーを見せてINTも一個記録。
・Adam Vinatieriが53yFGをきっちり決める。キックオフも75y,71yとエンドゾーンに蹴りこんでおり、この試合は完璧な出来。
・Shaun Kingが再三プレッシャーをかけられながらも所々でいいパスを決める。

●悪かった点
・2nd/3rdチーム、パスプロがかなり悪く、Jim SorgiとShaun Kingはプレッシャーかけられまくり。ノータッチで抜けてくることが多かったようなので、アサイメントの問題か。
・2nd/3rdチームのディフェンスはスクリメージ戦でかなり負けていた模様。STLは結局ラン40回で202yを記録。

●そのほか
・Dwight Freeney, Montae Reagor, Corey Simon, Jonathan Welshが怪我中のDLは、DEではRobert Mathis, Josh Thomas、DTではRaheem Brock、Darrel Reidが先発。
・Bob Sanders, Mike Dossが怪我中のSは、Matt GiordanoとDexter Reidが先発出場。
・Joseph Addaiは2ndチームで出場、3回3yにとどまる。アウトサイドをまくりにいってまくりきれないプレイがあったが、プレイ回数が少ないのでなんともいえず。レシーブは2回8y。パスプロ破綻中にAddaiも出ていたが、Addaiのブロッキングに問題があったかは不明。
・Vinatieriの最初のキックオフはなぜかオンサイドキック。練習でしょうか?一応リカバーには成功。
・STLのドラ1Tye Hillは2nd/3rdチームでの出場が主だったものの、再三INTぎりぎりのカバーを見せていた模様。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-08-11 12:30 | Game Summary
<< キャンプ怪我人状況 まもなくプレシーズンゲーム開始 >>