Week2 Hou戦補足
いまさらではありますが、備忘録代わりの補足メモ。

・ほとんどずっと3WR隊形を使用。Brandon Stokleyは2Q途中で引っ込みましたが、かなりの場合スロットにはDallas Clarkを入れていました。ここで相手がニッケルだと、Clarkのランブロックが非常に効果的でした。
・時々Aaron Mooreheadを左WRに入れ、Reggie Wayneをスロットに入れていました。この場合はパスメインになります。
・TEは7割Ben Utecht, 3割Bryan Fletcherという感じでした。
・たまに真ん中に突っ込ませてましたが、やはりメインのランはストレッチプレイです。
・3WR以外ではショットガンとたまーにゴール前でIフォーメーションを使っただけ。IフォーメーションでFBに入るのは主にDT Darrell Reidです。、、、やっぱり本職FBは取らないんですかねえ。
・ということで2TE隊形はほとんど使っていません。
・Joseph AddaiとDominic Rhodesの交代は第何ダウンかとか関係なく、
 しばらくRhodes->しばらくAddai->しばらくRhodes
という感じです。
・Joseph Addaiはブリッツピックアップの際にラッシュが入ってこないと判断するとすぐにパスコースに出て2本目のTDレシーブを生みました。「ブリッツのピックアップでは、いつブロックしないかということも非常に重要なんだ。彼はそれを理解している。」とPeyton Manning。
・ブリッツは全部で3、4回と去年水準くらい?入れたのはほぼGilbert Gardner限定。
・Cato Juneはやはり反応が速い。軽いですが。
・結構Bo Schobelが出ていました。いつの間にかJohn Standefordと入れ替わっていた模様。Josh Thomasの怪我を受けての処置でしょうけど、Standeford報われないですね。実力勝負だからしょうがないんですが。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-09-22 23:05 | Game Summary
<< Week3 怪我人状況 感想 2006 Week2 H... >>