2007年ドラフト4巡b - Clint Session - LB
e0085932_23285649.jpg大学:Pittsburgh
身長:5-11(180cm)
体重:236ポンド
生年月日:1984年9月22日(22歳)

40y走:4.57秒
垂直跳び:30.5インチ
20yシャトル:4.15秒
225ポンドベンチプレス:36回

背は低いものの体重はそこそこあり、上半身のパワーが強いと言われています。225ポンドベンチはあまりパワーの評価として良い指標ではないと考えていますが、36回というのは並のDL以上の数字でLBの中では最高の数字です。TEへのジャムは力強く、相手をルートに出さないとか。スピードもあって横の動きもよく、密集でも上手に動くと評価されています。ショートエリアのパスカバーもよいようです。
一方でタックルはあまり上手ではない模様。アグレッシブになりすぎる上に相手の前で足をとめて飛びかかるようにタックルする癖があるようで、これがタックルミスにつながると言われています。あと単純な押し合いならそこそこ凌げるもののブロック処理技術はあまり高くなく、特にカットブロックに弱いそうです。

小さい・速い・タックル下手・ブロックに弱いと並べると、いかにもINDのLBという感じがする選手です(爆)。サイズ的にはウィークサイドなんですが、ベースのパワーはあるようなので鍛え方次第ではストロングサイドもつとまるかもしれません。ただINDのLB育成実績を考えるとブロック処理が上手くなる期待はあまり持てない気も、、、

とりあえずはデプス強化&スピードを活かしてスペシャルチームで頑張ってもらうことになるでしょう。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-05-05 23:35 | Colts Draftee
<< 2007年ドラフト5巡a - ... 2007年ドラフト4巡a - ... >>