2007年ドラフト5巡a - Roy Hall - WR
e0085932_2345254.jpg大学:Ohio State
身長:6-2(188cm)
体重:229ポンド(104kg)
生年月日:1983年12月8日(23歳)

40y走:4.38秒
3コーンドリル:6.65秒
垂直跳び:37.5インチ
225ポンドベンチプレス:19回

ワークアウトで素晴らしい数字を叩き出した、サイズとスピードを兼備したレシーバーです。手も柔らかいと評価されていて、ブロックも強いとのことです。頭も悪くない模様。
しかしそれほどの素材ながら大学時代はNo.4レシーバーどまりで、実績はほぼゼロです。加速が鈍く、クイックネスに欠ける点が懸念されています。カットなども甘く、マークマンを振り切れないようです。ワークアウトは凄くてもフィールドではそのスピードを出せない、典型的なワークアウトウォリアーと言われています。

Polian曰く、
「Ohio Stateでは彼をフィールドに出そうとTEにコンバートすることを考えたが、結局それは実行されず、彼は第4レシーバーどまりだった。しかし我々は彼は大きな、本当に大きな伸びしろを持っていると考えている。スピードのあるAaron Mooreheadという感じの選手だね」
とのことです。

サイズがあってパワーが強いようなので、鍛えればワイドブロッカー的な使い方ができそうです。が、まずはステップワークを鍛える必要がありそうです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-05-06 23:47 | Colts Draftee
<< 2007年ドラフト5巡b - ... 2007年ドラフト4巡b - ... >>