スタッツ感想 - 2007 Week15 Indianapolis@Oakland
今週はちとバタバタしてるんで、映像は水曜のG+まで待つ予定。ということでスタッツとプレイバイプレイを眺めて感じたことだけ先にメモ。



まず、ディフェンスは仕事をしてるように見えます。ランを149y出されてるとはいえ平均は3.8yな訳で、ビッグプレイも許していません。QBヒットが一回だけなのを見るとプレッシャーをかけるという点では苦戦したようには感じますが、McCownとRussellの成功率を50%程度に抑えたうえでビッグプレイは防ぎ、ロングドライブは2回しか許してないようなので十分仕事してると思います。

問題はオフェンス。
まったく進んでないわけではないものの、ゴール前での詰めの甘さは気になります。ゴール前1yの1stダウンで3つ連続止められてFG蹴ってたり、ゴール前6yの1stダウンで攻めきれずに最後はギャンブル失敗だったり、ゴール前12yからやはりFGに追い込まれてたり、3回のレッドゾーンで2FGしか取れていないのが苦戦の最大原因でしょう。
で、サックを3つ食らってAddaiのランも封じられたのを見るとOLがOAKのDLにかなりやられたという推測はできます。BurgessとClemonsに1サックずつ献上してるのを見ると、Tony Ugohがやられたのでしょうか?ちょっとここは注目してみたいです。もっとも、AddaiならたとえOLが負けててももうちょっとゲインできるとも思うので、ちとバテてきてるのかがちょっと気になります。
あと、特にDallas Clarkへのパスで失敗が多いのが気になります。現地掲示板だとClarkの落球に文句が出ているので、この辺のプレイを見ておきたいです。

PITが負けたので第2シードが確定しました。ただ正直次の「本気の試合」まで4週間空くのは2005年を少し思い出して怖くもあります(爆)。怪我人や疲労がたまってる選手に無理はさせないようにして欲しいものの、休みボケなどはないようにうまくピークをあわせてほしいところですね。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-12-17 23:43 | Game Summary
<< 感想 - 2007 Week1... Preview - 2007 ... >>