2008年ドラフト6巡d - Pierre Garcon - WR
e0085932_229828.jpg
大学:Mount Union
身長:5-11 7/8(183cm)
体重:210ポンド(95kg)
生年月日:1986年8月8日(21歳)


コンバイン成績:
40y: 4.42秒
20y: 2.56秒
10y: 1.50秒
225ポンドベンチプレス: 20回
垂直跳び: 36.5インチ
幅跳び: 10フィート5インチ
20yシャトル: 4.19秒
3コーンドリル: 6.90秒

プロデイ成績:
なし

Texas戦でのパントリターン

ディープに走ってワンハンドキャッチ


Mount UnionはDivisionIII所属の大学で、NFLのドラフト指名を受けたのはGarconが大学史上初めてになります。Garconは在学中、三部ながら通算246キャッチ 4380y、60TDという素晴らしい成績を残しています。陸上もやっており、100m 10秒65の記録を持ち400mリレーメンバーもつとめていました。

運動能力が評価される選手で、スピードがあり、体格も十分でジャンプ力があると言われています。ボディコントロールがうまく、RACにも優れると言われています。その一方でルートランはさほどよくなく、CBのジャム相手には苦戦する傾向もあるようです。また、対戦相手のレベルが低かったことを不安視する評価もあります。ワンハンドキャッチのビデオなんかを見ると明らかにスピードが抜けている感じがしますし、身体能力でドミネイトできなくなったときにどうなるかは確かに不明です。ただ、数値で見る身体能力的にはNFLで通用するクラスですし、リターナーができるというのも魅力です。

「多分彼は発展途上の選手と思う。しかし数字は揃っている。もしドラフト指名しなかったら、一番に追跡した選手だろう。」
とPolian。

「自信はある。自分に何ができるかはわかっている。大きな飛躍になるけど、レベルの差がどうであろうとアジャストしなきゃいけないのは変わらない。」
とGarcon。

完全にコンバインで見せた運動能力を重視しての指名です。本当はリターナー争いに期待してたんですが、Polianは最初はリターナーはさせずにオフェンスに慣れさせることを重視すると言っています。
Roy HallやDevin AromashoduとWRの4,5番手を争うことになります。WRとしてはまだ荒削りと予想されるので、5番手辺りで練習中心で参加していくことになるでしょうか。
[PR]
by captain_harbaugh | 2008-05-25 23:14 | Colts Draftee
<< 2008年ドラフト7巡 - J... 2008年ドラフト6巡c - ... >>