カテゴリ:Colts Draftee( 39 )
2007年ドラフト2巡 - Tony Ugoh - OT
e0085932_10424166.jpg大学:Arkansas
身長:6-5(196cm)
体重:305ポンド(138kg)
生年月日:1983年11月17日(23歳)

40y走:5.06秒
垂直跳び:32.5インチ
225ポンドベンチプレス:32回

名前の読み方は「ウゴー」でよさそうです。運動能力抜群で腕も長いパスブロッカーと評価されています。ブルラッシュを持ちこたえるだけのバランスもあるそうです。テクニックはもう少し磨く必要があるものの、セットアップが速く、その速さと機動力でスピードラッシャーを封じることができるようです。ランブロックでも動きは軽く、スペースに出てのブロックは強力と言われています。ビデオを見てもかなり動きは軽そうでした。
一方で一回相手とあたった後に動き続けないのが弱点と言われています。ランブロックでもパスブロックでもやや粘りに欠け、パスラッシャーがダブルムーブをしてくると抑えきれないという欠点があるそうです。また力強さにやや欠け、相手を力で押し込んでいくようなブロッカーではないと言われています。ゲームに対して情熱不足という声もあります(汗)

Ugohの指名権は2008年のドラフト1巡+ドラフト4巡とトレードして得たものです。Bill Polianはこのトレードについて以下のように説明しています。
「彼は間違いなく一巡級のタレントだ。もしGonzalezが残っていなかったら一巡で指名しただろう。結局ニーズ上重要なGonzalezを指名したんだが、その指名の前後から他チームに電話をかけまくっていたんだ。幸いTonyが残ってるうちにトレード相手を見つけることができたよ。もし来年の一巡が10位以内なら一巡を失ったのは大きいだろう。しかし我々はまだいいチームだし、来年もいつもの位置(20位以降)でドラフトすることになると考えている。」

また、プレイについては以下のように語っています。
「あのサイズで40yを5.06で走るんだ。凄いことだよ。彼はまだ才能の表面を磨き始めたばかりだ。彼は陸上もやっていたから(砲丸投げと円盤投げの選手でもあった)、春に十分な練習をしてこなかったんだ。だからまだまだ成長するよ。運動能力があって腕も長くてパスプロテクトができるし、とてもランオフェンスのいいチームでプレイしてきた選手だね。」

Tony Dungyは、
「彼はLTをやる能力を持っている。ただ最初の年はOGをやることになると思う。これがシステムを学ぶのに有効だと思うからね。Tarikも一年OGをやった後LTに移ったけど、Ugohも同じような能力を持っている。」
とまず今年はOGとして使うことを示唆しています。もちろん将来的にはLTになるでしょう。

Ugohは、
「ワールドチャンプのチームでNFLキャリアを始められるのは素晴らしい事だ。しっかり練習をして、チームの先輩をよく見て学べばいいんだ。彼らは勝つ方法を知っているんだから。」
とインタビューに答えています。

INDにとってはTarik GlennとAdam Meadowsを獲得した97年ドラフト以来10年ぶりの2巡以上で指名したOLになります。伸びしろもありそうな選手で、Muddが育成に成功すればよいLTとなるでしょう。来年パスプロの安定したTarikの後継LTに成長してくれれば、成功の指名と評価できるでしょう。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-05-02 12:31 | Colts Draftee
2007年ドラフト1巡 - Anthony Gonzalez - WR
e0085932_23123032.jpg大学:Ohio State
身長:6-0(183cm)
体重:195ポンド(89kg)
生年月日:1984年9月18日(22歳)

40y走:4.44秒
3コーンドリル:6.54秒
垂直跳び:38インチ
225ポンドベンチプレス:16回
20yシャトル:4.08
60yシャトル:11.45

クイックネスがあり、ショートルートは確実に走るレシーバーと言われています。クイックネスを活かしてマークマンを振りほどけるし、ゾーンの隙間もしっかり見極めるようです。タフなキャッチができて、ちょっとくらいコントロールミスしてもレシーブできるキャッチ力があると評価されています。またやや細身で力はそこそこながらランブロックも真面目にする選手で、外のランでDEやLB相手にもしっかりブロックすると言われています。頭もよく、アカデミックオールアメリカンに選出されており、学問面でも様々な表彰を受けているそうです。
弱点としてはリリースがやや苦手でフィジカルに守られるとルートにスムーズに出られないという点と、ディープルートの経験が浅いこと(キャリアロングのキャッチが33y)が上げられています。ただキャンパスで40y4.29を叩き出したこともあるらしいので、ディープに行くスピードがないわけではなさそうです。また、エースを張った経験がないこともやや不安視されています。

Bill Polianはこの指名を以下のように説明しています。
「32位の指名順が来たとき、我々が1巡評価をしていた選手は二人残っていた。その二人のうち、我々のニーズに合うほうを指名したんだが、残ってたうちのベストプレイヤーには間違いないよ。」
「彼は完璧にBrandon Stokleyの穴を埋められる。Stokleyと同じようなスピード、サイズ、キャッチ力がある。Stokleyと同じように頭も性格もとてもいい。彼こそが我々が求めていたレシーバーだ。」
「Reggie Wayneの指名と比較されるが、どちらかというとDallas Clarkを指名したときと近い心境だね。最初に見たときから、彼はコルツの選手と感じた。私には、彼は全身に蹄鉄の印をつけてるように見えたよ。」

Gonzalezの方もINDは希望球団だったと言っています。
「どこに行くことになるかは僕にコントロールできることじゃなかったけど、疑いなくINDが一番いい行き先だと思っていたんだ。これ以上のシチュエーションはないよ。将来の殿堂選手達と一緒に、スーパーボウルを勝ったばかりのチームでプレイできるんだ。」

性格面も問題なさそうですし、スロットに最適。攻撃力を維持する一手としてはいい指名でしょう。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-05-01 00:32 | Colts Draftee
ドラフト7巡 - T.J. Rushing - DB
e0085932_0524234.jpg
5-9 - 186, Stanford出身。
本名はTerrall Brent Rushing。

カレッジではCBとしてプレイ。「評価していてイライラするCBだ。非常にいいポジションにいるのに、パスを通されてしまう。」と評価されています。運動能力はありそうで、フィールドでのクイックネスもあるらしいのですが、とにかくボールに対する読み・反応が悪い模様。一方で相手につくこと自体はでき、タックルする意思もあるらしいです。致命的な反応の悪さを矯正できれば使えるようになるかもしれない、というところ。

ワークアウト時の記録は以下の通り。

40y: 4.40秒
225ポンドベンチ: 20回
垂直跳び:40インチ
幅跳び:10フィート0インチ
20yシャトル: 4.34秒
3コーンドリル: 7.12秒

40yは速く、垂直跳び等からも運動能力はありそうですが、シャトルや3コーンの数字はよくなく、ややスムーズさに欠けるところがあるのかもしれません。

CBとしてよりも期待されるのがスペシャルチームでの活躍で、Stanfordで歴代3位のキックオフリターンyを稼いでいます。大学時代通算で3回のリターンTDを決めており、All-Conferenceにも2年連続でリターナーとして選出されています。

この選手については、公式サイトのPolian評が載っていないため、どのあたりを評価したのかは不明です。ただチーム事情的には、やはりリターナー補充の意味合いが強いと思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-05-12 01:21 | Colts Draftee
ドラフト6巡b - Antoine Bethea - S
e0085932_22352494.jpg
5-11 1/2 - 200, Howard 出身。

スモールカレッジながら大学時の実績はかなりのもので、2年時から3回連続All-Mid Eastern選出。またAmerican Urban Radio Network Sheridan Broadcasting Network Black College All-America team(長い)にも3年連続で選出されています。この賞に3回選出されたのはBetheaを含めて過去4人しかおらず、うち二人はSteve McNairとShanon Sharpeということで公式サイトの選手紹介では期待を煽っています。

かなり運動能力の高い選手で、コンバインの数字は以下の通りです。

10y: 1.55秒
20y: 2.56秒
40y: 4.39秒
3コーンドリル: 6.99秒
20yシャトル: 4.11秒
60yシャトル: 11.66秒
幅跳び: 10フィート7インチ
垂直跳び: 36インチ
225ポンドベンチプレス: 19回
ワンダリックテスト: 21点

やはり40yで4.4を切るスピードが最も目を引きます。ベンチプレス19回など、それ以外の数値もなかなか。またIND指名の選手にしてはまずまずサイズもありますが、「測定値と比べて明らかに線が細い」という評価もあります。
大学時代は3ディープアライメントでのFSをプレイしていたとの事です。プレイとしては特にランディフェンスが得意の模様で、スピードを生かしてすばらしいオープンフィールドタックルやヒットを決めるとのこと。その一方で、プレイアクションに簡単に引っかかったり、アグレッシブになりすぎて簡単にかわされてしまうことがあるらしいです。
パスカバーについてはキャッチ力もあり、ビッグプレイ能力はあるものの、やや反応が悪いとの評。前述のプレイアクションに引っかかるという評もあるので、特にパスプレイにおけるボールへの嗅覚がやや欠けているということかもしれません。
素材型の選手であり、当たればBob Sandersと並んで非常に速いSコンビを形成してくれるかもしれません。

Polian評:
「彼はとてもアグレッシブで、よいヒッターでありよいタックラーだ。40y 4.4秒のスピードがあり、我々がSに求めるスピードを持っている。スピード面では間違いなく向上になる。彼はCBもプレイできる能力があるが、Sの方がうまくプレイできると思うし、我々としてはSで使う予定だ。」

大学時代はスペシャルチームでもプレイしていたらしく、パントブロックも記録しています。とりあえずスピードを活かしてスペシャルチームでの貢献をしつつ、Mike Dossを下から突き上げられるようになってほしいです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-05-11 00:24 | Colts Draftee
ドラフト6巡a - Charlie Johnson - OT
e0085932_21242182.jpg
6-3 7/8 - 304, Oklahoma State出身。

大学時代は3年までもっぱらブロッキングTEとしてプレイ。1年時には8キャッチ/2TDを記録していますが、その後レシーブの記録は落ちる一方で4年に上がったときにOTにコンバート。4年時にOLとして9試合に先発したのが、OL経験の全て。ということでToudouzeと同じように経験不足が指摘されています。では運動能力はどうかといえば、コンバインの数値は
40y: 5.26
20yシャトル: 4.77
幅跳び: 8-8
225-lbベンチ: 24回
3コーン: 8.03
垂直とび: 26インチ
と正直言ってそれほどパッとしません。とりあえず数字以上にフィールド上ではよい動きを見せる選手、ということにしておきたいところです。

「とてもフットワークが軽い選手だ。テクニシャンで、堅実なランブロッカーだ。」
というのがPolian評。

公式サイトによるとToudouzeがLT, JohnsonはRTから試していくとのこと。一人はGに回すかと思っていたのですが、「今のウチにはTの控えの方が重要だ。」とPolian。昨年Makoa Freitasが怪我したときにOTの控えがかなり薄い状況だったのがこたえたということか。
OGは昨年先発のJake ScottとRyan Liljaに、控えのDylan GandyとMatt Ulrichという体制のままでキャンプはスタートを切りそうです。

Johnsonについてはやはり即戦力ではなく、来年には「使える控え」レベルになってもらうことが目標でしょうか。2001ドラ7のRick DeMullingなんかも、コンバインの数字はそれほどでもなく評価も低かったけど、運動量で二年目からスターターをこなしていたので、似たような期待をかけたいところです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-05-09 22:20 | Colts Draftee
ドラフト5巡 - Michael Toudouze - OT
e0085932_22351232.jpg
6-5 1/4 - 303, TCU出身。

数字を見る限り理想に近い背の高さを持つOT。もうちょっと体重を増やせるフレームも持っているとの評価。昨シーズン大躍進を果たしたTCUでLTで12試合先発をつとめ、All Mountain Westに選出されている。オフィシャルサイトによると相手をノックダウンしたのが54回、被サックが2回。一昨年まではMIAのAnthony Alabiのバックアップをしており、先発経験は一年のみで、この経験不足が最大の弱点と言われています。

10y - 1.76,
20y - 2.93,
40y - 5.10
と、今ドラフトのOTの中で10番目程度のまずまずのスピードを持ちます。特に
3コーン - 7.45
はOTの中で5番目で、クイックネスはなかなかの模様。一方でベンチプレスが23回との数字も示すように力強さはそれほど評価されておらず、「バルクアップの必要がある」と書かれていることが多いです。

「とても運動能力が高い。彼はとても背が高く、手が長く、クイックネスのある素晴らしいパスプロテクターだ。」
とのPolian評。

TCUのOLコーチEric Williamsonからも、「Jeff Saturday(大学時代Williamsonの下でプレイ)の再来とは言わないが、性格的にもプレイの質的にも似たところが多い」というどこまで誉めているのかわからないけど一応お褒めの言葉をもらっています。

運動能力、特に機動力を重視するIndy OLの伝統にのっとった指名かと思います。シーズン中盤から少しづつ出場時間を増やし、来シーズンに「使える控え一番手」におさまってくれれば成功でしょう。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-05-08 23:31 | Colts Draftee
ドラフト3巡 - Freddie Keiaho - LB
e0085932_23284736.jpg
5-11 1/4 - 230 - SanDiego State出身。

大学時代は1年だけスターター。ドラフトサイトの評では、「スペシャルチーマーとしてはいいかもしれない」というものが多かったです(爆)。スピードと守備範囲がウリのプレイヤーで、ボールスキルもあるもののサイズが足りないという評が多かったです。またもや「サイズが足りない」というディフェンス選手です(笑)。
TSNではILB11番目(3番目-10番目はほとんど残っている)、SIではOLB29番目(10番目-28番目はほとんど残っている)の評価。つまりドラフト二日目の最後の方に指名されるかどうか、というのが巷の評価です。

「今回のドラフトは記憶にある限り、もっとも選手層の薄いドラフトだ。3巡目で我々の指名順がきたとき、我々のドラフトボードで「3巡級の選手」とした選手は一人しか残っていなかったんだ。それがKeiahoだ。」
「彼は走ってヒットをできる、アグレッシブで激しいプレイヤーだ。彼は我々がこれまで持ってきたLBと同じようなタイプの選手だ。Mike Petersonに似ているね。入団時のMikeと同じようにスピードと嗅覚があってアグレッシブだ。スペシャルチームプレイヤーとしても活躍できると思う。」とPolian。

Dungyは
「彼は我々のLBグループにマッチすると思う。彼は大学でMLBをやってきたが、ストロングサイドでもウィークサイドでもプレイできると考えているよ。」
と言っています。

次代のCato JuneやGary Brackettになれるか、それともPolianの目の狂いか(爆)、期待と不安を持ちつつキャンプを待ちたいところです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-04-30 17:57 | Colts Draftee
ドラフト2巡 - Tim Jennings - CB
e0085932_2329392.jpg
5-8 1/4 - 184, Georgia大出身。
TSNによるとRicky Manning Jr.似。
元TB-NYJのCB, Donnie Abrahamのいとこらしいです。

どのサイトを見ても、スピードのある、運動能力の高いCBという評。40yは4.32、10yは1.43でどちらもCBトップ級。カバースキルもあり、相手に良くついていく。ただ、「サイズの小ささがなければ、、、」という評がほぼ確実にくっついています(爆)。チビッコディフェンダー指名という意味ではINDの最近の傾向に忠実な指名です。

Bill PolianはJenningsについて、
「彼は背が低いだけだ。小さくはないよ。間違いなくこれでセカンダリーは向上する。彼はとてもスピードがあって、クイックネスもある。よいタックラーでもある。このチームにとって大きな戦力になると思ってるよ。我々は彼を2巡評価していたが、我々の指名順まで落ちてきてくれるかどうかはわからなかった。指名できて嬉しいよ」と言っています。

Tony Dungyも
「彼はサイズは小さいかもしれないが、とてもフィジカルでタフなプレイヤーだ。スロットでもアウトサイドでもプレイできると思う。我々はまたフィジカルで速い選手をチームに加えることができたよ。」
とサイズはないものの速くてフィジカルなプレイヤーと評価しています。

INDに指名されてのJenningsの発言:
「指名前にコルツから電話があったとき、最初は本物かどうかわからなかった。ただの情報収集じゃないかと思ったんだ。でも、コーチDungyが「サイズじゃない。どこでドラフト指名されたかでもない。何をできるか、こそが重要なんだ」と言ってくれたとき、本物だと思ったよ。今は本当に興奮している。
僕は自分がタフなプレイヤーだと思ってるんだ。コーチDungyがそれをわかってくれているのがとても嬉しいよ。僕はいつもサイズを見て評価する人を見返す気持ちでプレイしてきた。そのモチベーションがあったから、どんな相手にもプレイできたんだと思う。」

CBにもランサポートや確実なタックルを要求するINDとしては、スピードあるカバーだけでなく負けん気からでもなんでもフィジカルにもいいプレイをみせて欲しいです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-04-30 17:05 | Colts Draftee
ドラフト1巡 - Joseph Addai - RB
e0085932_23302512.jpg
5-11 1/4 - 214 , LSU出身。
TSNによるとWillie Parker似。


シニア時代の成績は
187回941y, 平均5.0y 9TD + 20レシーブ 180y 1TD。
数字的にはめちゃくちゃ光るというほどではなく、エースではあったものの全体の半分程度のキャリーしかしていないようです。フィジカルの傾向の強いSECで走っているので、数字的に伸びない面はあるかもしれません。

プレイ評価としてはこんな感じ(ソースは主にTSN)。
インサイドラン:ビジョンがあり、的確にホールをつく。めちゃくちゃ力強いわけではないがバランスはいい。
アウトサイドラン:方向転換のスキルがあり、一発のスピードがある。
ブロック:サイズから考えられるよりもよいブロッカー。ブリッツに対する読みがよく、よいパスプロをする。DLとぶつかり合うのを恐れない。
レシーブ:フルスピードで走りながらパスをキャッチできる。カバーを読んで空いている場所に走りこめる。

めちゃくちゃ凄くはないものの、非常にバランスの取れたバックという評が多いです。
PolianとDungyも「このドラフトでエッジにもっとも似ていたのがAddaiだ」と言っています。
同時に「現時点でのスターターはRhodesだよ。もちろんAddaiはコルツにとって非常に重要なピースだが、Edgerrinはリーグでもっとも万能なRBだったんだ。エッジの置き換えがすぐにできるなんて思わないことだ。」とも言っています。
、、、エッジはショートヤードを取れないといって再契約に動かなかったのもPolianだと思ったのですがねえ(爆)。

スカウティングコンバインで40y 4.4秒のスピードを見せて評価をあげました。INDとしても元から注目していた選手で、ドラフト前にも一度インタビューでINDに呼んでいます。
Addaiは二年前に膝を怪我しているのでチームドクターにも調べてもらったらしいですが、「まったく問題ない」とのお墨付きをもらっているそうです。

金曜夜のドラフト事前会議でAddaiをターゲットとすることは決まったらしいです。
「彼はよいブロッカーで、よいレシーバーで、ハードランナーで、スピードもある-今年のトップクラスのバックの中でもっとも早いね。彼が残って本当によかった。ドラフト1巡の評価をしている欲しい選手が残っていたのだから、トレードダウンを考える余地なんてなかった。喜んで指名したよ。彼はパイルで3-4yを獲得できる。そしてデイライトなら15-20yを獲得できる。ブロッカーがつけば20-25yになる。スピードもあるし、密集にもいける。彼が大学時代にあまりキャリーをしていないのもいい。RBは消耗の激しいポジションだからね。」
とPolian。

とにかく万能性とスピードにこだわってのAddai指名ですね。早くINDのオフェンスに溶け込んでくれることを祈ります。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-04-30 16:05 | Colts Draftee