<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Tony Dungyが語る各ポジションの現状:DE,DT編
公式ページに最近(でもないけど)載った内容から、Tony Dungyがチームの現状について答えたもの。まずはDE,DTから。

DEについて:
「このポジションには本当に素晴らしい選手がいる。彼らの爆発力を最大限活かすことが首脳陣のテーマだ。去年、Dwight Freeneyは肩の怪我できっちりとオフシーズントレーニングが出来なかった。そして、シーズン後半は足の怪我があった。ラインナップからはずれたわけではないが、爆発力が落ちたのは確かだ。彼をヘルシーに保たなければならない。また、もう一人のとても素晴らしいプレイヤーであるRobert Mathisをもっとプレイ参加させたい。彼がフィールドにいるときどれだけ活躍できるかはこの二年でわかっている。
Raheem Brockは今年もインサイドとアウトサイド両方プレイするだろう。たぶん去年よりインサイドが増えるが、彼が重要なのは間違いない。一方でJosh Thomasのプレイ機会が増えるだろう。Thomasはサイズ(6-5, 271)を持っているし、フィジカルなプレイができる。我々はFreeney, Mathis, Wellsというスピードラッシャーと、Brock、Thomasというパワーラッシャーを用意することが出来る。これはどんなオフェンスに対しても戦える柔軟性を持つということだ。」

DTについて:
「今のコルツのディフェンスフィロソフィーでもっとも鍵となるのは、DLのインサイドで質の高いプレイが得られるかどうかだ。そして、今年は私が今まで持った中でももっともいいタレントが揃うと思っている。
選手が抜けた(Larry Tripplett)のに今まででもっともいいと思っているのは、Corey Simonの向上があると思っているからだ。Simonがキープレイヤーだ。DTは元々層の厚いポジションと考えているが、Corey次第でこのユニットはさらに躍進できる。Coreyはこのチームで二年目になるし、スキームに慣れるのは間違いない。あとはウェイトを絞ってほしい。Coreyは35-45プレイは参加してほしい。去年の彼は太りすぎで20-30プレイのプレイヤーだった。
昨年のSimonのプレイもシーズンが深まるにつれてどんどん向上していた。特にレギュラーシーズンのPIT戦とJAX戦だ。この二試合はSimonは最高の活躍をしたし、その結果としてコルツディフェンス全体としても最高の試合になった。ただもっと向上できるくらい、Simonには素晴らしい才能があるということだ。
Montae Reagorはとてもスマートなプレイヤーになったし、Raheem Brockもパスシチュエーションでは活躍してくれるだろう。Sweet Pea Burnsは昨年は怪我で冴えなかったが、ローテーションには入ってくると思っている。」
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-03-31 22:17 | Colts News
Vanderjagtはダラスへ
元INDのMike VanderjagtはDALと3年契約を結びました。

3年5.4M、サインボーナス2.5Mとのことなので、金額評価はVinatieriに及ばなかったことになります。

Vandyの枕詞といえば「NFL史上もっとも正確なK」であり、成功率は87.5%を誇ります。決してただのドームキッカーというだけではなく、屋内で87.6%、屋外で87.4%とほぼ同じ数字を残しています。50y超のFGはここ二年決めていませんが、それほど飛距離に不安はありません。
ただ、プレイオフでは2000年MIA戦、2002年NYJ戦、そして2005年のPIT戦と結構外している印象があります。あと思ったことをそのまま口に出してしまう傾向もあります(爆)。
つまるところ、Kとしては珍しいくらいにエモーショナルで、肝心な場面では力が入りすぎたりするのではないかと推測しています。
あとキックオフを蹴らせるとキックオフがダメなだけでなくFG成功率まで落ちるので、キックオフ専用キッカーがほぼ不可欠になります。これが何より最大の弱点と言えるかもしれません。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-03-25 00:17 | Colts News
Welcome, Adam Vinatieri
今オフは大物FAを取ることはないと思ってたのですが、なんとK Adam Vinatieriを獲得しました。これは予想外で、ライバルチームのある意味象徴的な選手だけになんともフクザツな気持ちです。契約は年平均2.5Mの3年契約、3.5Mがサインボーナスとのことです。

現在のINDにとってRBの次に穴と言えるのがKだったとは思うのですが、今オフに大金をかけることはないと思っていました。先週にはJose Cortezと再契約してますから、他にCFLなどから一人連れてきて競争、くらいのストーリーを考えていました。VinatieriならVandyと違ってキックオフもこなせるので、最初からVinatieriを取りに行くつもりだったらCortezと先週時点で契約する意味がほとんどありません。NEにもGB決まらないのを見てPolianが横からオファーを出してみたところ、契約条件がよく(両者よりサインボーナスが多かったらしい)、本拠地がドームであることもあいまってVinatieri側がサッと決断した、というところでしょうか。

KとしてVinatieriが優れているのは間違いなく、キャリア成功率は81.9%は雪国屋外ホームのチームであることを考えれば優秀な数字です。サンプル数は少ないですが、屋内でのキャリア成功率は94.4%に達します。何よりも最近肝心な場面でVinatieriが外した記憶がほとんどありません。本来オフェンスのチームであるINDがKに高額を出すのもどうかという気もしますが、僅差の試合で命運を制することの多いKを軽視してよいわけはなく、実績十分なVinatieriは大歓迎です。何よりもある意味INDに現在一番必要な「勝ち運」をもたらしてくれることを期待したいところです。

その一方で、今度はVanderjagtがNEに行くと言う話も浮上しているようです(爆)。もしそうなったとしたらこれまたかなりフクザツですが、Foxboroでの試合はK二人に注目が集まること間違いありません。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-03-24 00:52 | Colts News
Peyton Manning、エッジについて語る
エッジが離脱したことへのPeyton Manningのコメント。

「Edgerrin Jamesの代わりなんていない。もちろん僕たちはこの状況で最大限できることをしないといけないけど、このオフェンスでエッジがやっていたすべての仕事を置き換えられるような選手を探すのは本当に難しいだろう。」

「エッジは僕のフットボール人生で最高のチームメイトだった。エッジはチームが彼に求めるプレイ全てをこなすことができた。」

「フィールド外でもいいチームメイトだったよ。5年前僕が結婚したとき、パーティに最後まで残っていてくれた一人が彼さ。」

今回はいいこと言ってます(爆)。RBの評価と言う面では、やはりエッジの万能性に言及しています。

エッジが離れる寂しさはあれど、とにかくこの状況で最大限できることをしないといけないのも確かです。置き換えについてはRhodesをスターターと言っているのは煙幕でしょうから、ドラフト指名は必須の状況です。Indyの指名が考えられる、Reggie Bush以外の上位候補のRBのTSNによる短評はこんな感じ。
DeAngelo Williams: インサイドラン、アウトサイドラン、レシーブ力は○。ブロックする意思はあるが、サイズが小さいのでプロではブロック面では苦しいのではないか。
LenDale White:インサイドランの破壊力とブロック力は◎。ビジョンはすぐれてカットも切れる。ただしトップスピードはない。レシーブ力に疑問。
Laurence Maroney:インサイドの破壊力とアウトサイドのビジョン、カット、トップスピードのすべてがレベルが高い。ブロックは学生時代はあまりしてきておらず疑問符。レシーバーとしてもナチュラルではない。
Joseph Addai:穴を見つける能力はあるが、ショートヤードを取るだけのサイズはない。バランスはまずまず、トップスピードはある。ブロック力もあり、レシーバーとしてもナチュラル。

短評を読んでの感覚としてはAddaiが一番タイプ的には近そうなのですが、その一方で「Willie Parker似」となっています。まあTSNの記事よりはPolianの眼力の方が信じるに足りますが、Parker似というのが本当なら「ショートヤード」がキーワードになっている今オフでの獲得は微妙かもしれません。

その他:
Vandy離脱でぽっかり空いていたキッカーですが、Jose Cortezと再契約を結びました。うーん。Cortezといえば40yを超えるとほとんど決まらない、40y以内でも結構肝心なところで外す、というイメージが、、、CFLからVandy連れてきたみたいに、もう少しいろいろ探してみてほしいのですが。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-03-19 15:04 | Colts News
David ThorntonがTENと契約
UFAになっていたOLB David ThorntonがTENと契約を結びました。5年22.5M、サインボーナス8Mとのことです。こちらは残念ながら地区内ライバルに行ってしまいました。
これでは応援するわけにはいかないので、SLBとして使おうとしてパワー負けしたり、パスラッシュ力が思った以上に弱かった、という展開を希望しますが(爆)、地区内だけにTENのGM Floyd ReeseやHC Jeff FisherもThorntonの特徴は結構知っての獲得でしょう。ランへの反応、ゾーンカバ、性格といった点がThorntonのいいところになります。

そのThorntonのコメント。
「できればコルツにとどまりたかったよ。労使協定が結ばれたときに、これでチャンスができた、と思った。チームメートの多くもそう思ったし、Indyのコミュニティの多くの人もそう思ってくれたと思うよ。チームに引き止められなかったことは、正直に言うと少し失望している。」
「Indyの選手生活は僕の人生の中でも本当に素晴らしい時間だった。でも、それは過去の話でもある。僕はこれから将来に向かって、タイタンズが勝つためにできるだけの努力をするつもりさ。」

代理人のBrian Mackler。
「Davidはここ二年、Indyに残ることが第一希望だと私に言ってきた。でも、残念ながらチームの意思とはあわなかった。」
「過去の歴史を見れば、INDはLBを手放していることはわかる。でもDavidのようにフィールドでもオフフィールドでも素晴らしい選手については、ポリシーを柔軟に変えることも必要だったと思うよ。」

TENのJeff Fisher。
「INDがThorntonを置き換えるのは簡単ではないだろう。INDの3人のスターティングLBは協調してとてもいいプレイをしていた。我々はそのことについて話をしてきたし、実際に見てきた。」

私もそう思っていますが、GM Bill PolianもThorntonを手放さずに済むものなら手放したくなかったと思います。今期のLB陣はFisherの言うとおり、見事に3人揃って集散の速いユニットが結成されましたが、また一部作り直しとなります。
ただ、Thorntonはドラ4、Juneはドラ6、BrackettはルーキーFA。DungyとPolianの眼力でドラフト下位で指名した選手を鍛え上げてユニットを作れているのも確かで、そういうポジションにまでサラリーを出すのはキャップ的にしんどいのも確かです。ここはDungyの選手を見る目や育成能力に期待をかけたいと思います。

David Thorntonの抜けた穴ですが、現時点での穴埋め第一候補はGilbert Gardnerとなるでしょう。この選手も怪我が多いのですが、昨年はJuneがヘルニアで離脱した間、WLBに入っていました。インパクトがあるほどのプレイはなかったものの、無難にはこなしていたと思います。UFAになるRocky Calmusは元々David Thorontonのバックアップ役をやるはずだったので、Calmusを引き止める手もありますが、この人も怪我が不安です。
その次になるとドラッグポリシー違反で一年出場停止を食らった2004年のドラ4のKendyll Pope、昨年はプレシーズンにスポーツヘルニアで離脱した2005年のドラ5のTyjaun Haglerが候補になりますが、Gardnerより計算できないのは否めません。

そう考えると、ドラフト中位でのLB指名は十分あり得ると思います。ただ巷のMock Draftに多いドラ1でLBというのは、INDのポリシー的にかなり可能性が薄いと思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-03-15 23:43 | Colts News
Edgerrin James、アリゾナへ
RB Edgerrin JamesがARIと契約しました。金額は4年30Mということです。なんでも、Anquan Boldinが熱心に口説いていたとか。とりあえず地区内チームやNEにだけは行ってほしくなかったので、最悪の事態は免れました。
エッジのことだからこれからINDについて何か悪口を言うかもしれないけど(爆)、直接対決以外のときなら素直に応援できそうです。

ARIはエースを張れる優秀なWRを二人擁し、QBはKurt Warner。ここにINDから「ショートヤードを取れない」とPolianにいわれて放出されたRBが加わるというと、ついつい99年のSTLを思い出してしまいます。ARIは3rdWRにはBryant Johnsonもいますから、あの頃のSTLに比べると全体的にスピードは下ですが、あと足りないのはOrlando PaceにあたるLTでしょうか?ARIの順位ではきつそうですが、D‘Brickashaw Fergusonを是非ほしいところかもしれません。

エッジについては、まずはとにかく7年間ありがとう、と。放言をかましたり、フロリダに籠ることもあったけど、INDのバックフィールドを7年間ほとんど一人でこなし続け、本当に頼りになるプレイをしてくれました。
INDで7年間で積み重ねた数字は以下の通り。
ラッシュy:9,226y(チーム記録)
トータルy:12,065y
トータルTD:75
ラッシュの1シーズン平均は1300yを超えており、一回ACLをやっていることを考えると驚異的です。とにかくタフであり、どんな仕事もこなしてくれました。
「Edgerrinがいい契約を手に出来たことを喜ばしく思うよ。彼はこのチームで本当に素晴らしい活躍をしてくれた。エッジは引きとめたかったけど、全員を引き止めることはできないんだ」とはTony Dungyの弁。

大手サイトのコメンテーターには
「エッジが活躍できたのはINDのパスオフェンスの威力でエイトメンフロントを相手にしなかったからさ」
とか
「怪我を繰り返した歴史があるから」
とか
「28歳(2006年シーズンイン時点)はRBにとっては年寄りの部類だ。しかもエッジは使われまくっている」
とか結構ボロボロに言う人が多いですが、是非見返してやってほしいものです。

一方、もちろんINDにもエッジがいなくなっても攻撃力を維持してもらわなければなりません。GM Bill Polianには、Faulkを手放してもエッジを得た99年の再現を期待したいところです。Polianは「Rhodesはスターターもこなせるよ」とも言っていますが、90%ドラ1はRBでしょう。位置的には元々ドラ1の中位~下位の評価のLaurence Maroney、コンバインで身体能力を見せて評価アップのJoseph Addaiといった選手が狙い目でしょうか。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-03-13 22:40 | Colts News
FA開始
労使交渉の合意により、2006年のキャップは102Mとなりました。これによりほぼ全チームが7.5Mのキャップの余裕を持つという状態の、売り手市場のFAが始まりました。

INDは結局Edgerrin Jamesの引止めにもDavid Thorntonの引止めにも動きませんでした。エッジについてはGM Bill Polianがあれだけないがしろに扱っていた以上、オーナーJim Irsayが強権発動しない限りひきとめる可能性は0だったのですが、やはりここはPolianの意図が通った形となりました。David Thorntonについても、Polianは
「ドラフトで指名してから成長していく様を見届けてきたんだ。Thorntonがイイ選手であることはわかっている。が、これがNFLのシステムというものだ」
と言って引き止めに動きませんでした。Polianは良かれ悪しかれ中途半端なことはせず、自分のポリシーにのっとって決断を下します。ちょっとくらいサラリーに余裕があっても、今のINDの守備システムを使う以上やはりLBにはサラリーを使わない、使うのはDLだけ、というポリシーにのっとった決断でしょう。
素人目にはいろいろ言いたいこともありますが、自分のポリシーに従って一直線のチーム作りをすることでBill Polianが強豪チームを作り上げてきたことは間違いありません。

INDから出て行く選手の動向ですが、エッジはまずARIを訪問。そしてDavid ThorntonはTENを訪問するようです。TENにはWLBにKeith Bulluckがいますから、カバーLBのThorntonの需要は低そうな気もしますが。そしてLarry TripplettはFA初日にBUFと契約を結んだようです。

一方INDの方は予想通りほとんど選手補強に動くことはなさそうです。Polianは
「最初の3週間は選手獲得に動くことはないよ」
と言っています。もちろんPolianが正直に話をしているわけもないですが、キャップスペース、ニーズの双方から考えても大物獲得はまずありえないでしょう。
補強があるとしてもミニマムに近い選手によるデプス補強があるか、Montae Reagorのような他チームでは活躍できなかったパスラッシャー、またはカバーセーフティを取りに行くくらいかと思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-03-12 22:39 | Colts News
ManningとHarrisonが契約をリストラクチャー
FA解禁はまたもや木曜日まで延期になっていますが、キャップオーバーの状態だったINDはPeyton ManningとMarvin Harrisonの契約のリストラクチャーを行いました。両者の代理人のTom Condonが、30%ルールに触れない合法的なリストラクチャーの方法を編み出したようです。
どんなワザを使ったのか詳細は不明ですが、2006年のキャップヒットについてはManningが17.7M->12.5Mの5M減、Harrisonが14.4M->6.9Mの7.5M減で、合わせて12.5Mのキャップスペース削減となるようです。INDは元々キャップを10Mオーバーしていると言われていたので、これによって労使協定が更新されなくても、大量カット発生という事態は避けられたようです。

リストラクチャーについては、ただのペイカットはまずあり得ず、何らかの方法でサラリーをボーナス化して契約期間に引き伸ばしたものでしょうから、基本的には将来にツケをまわすことになると思います。ただ、2007年がキャップなしだったりCBAの更新でキャップ枠が右肩上がりの拡大を続ける場合、今年のキャップヒットを減らした方が「価値がある」とも言えます。極論、2007年がキャップなしならそこでドカッとキャップヒットさせる方がお得といえます。

とはいえ、NFL全体の繁栄のためにも労使協定はなんとか合意してほしいものです。INDにとっても短期的にはともかく、長期的には絶対にキャップありの方が有利でしょう。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-03-08 23:50 | Colts News
再契約状況まとめ
FA解禁前に、ここまでの再契約状況をまとめておきます。

長期再契約組:
WR Reggie Wayne 6年39M サインボーナス 13M
DE Raheem Brock 5年24M サインボーナス 8M
MLB Gary Brackett 4年6.2M サインボーナス3.5M

RFA テンダーオファー組:
OLB Cato June 1年1.55M(他チームが引き抜くにはドラ1+ドラ6が必要)
DE Robert Mathis 1年2.1M(他チームが引き抜くにはドラ1+ドラ3+ドラ5が必要)
OT Makoa Freitas 1年0.71M(他チームが引き抜くにはドラ6必要)
WR Aaron Moorehead 1年0.71M(他チームが引き抜くのに代償は不要)

LB Gary Brackettとも長期契約を結びました。Indyは基本的にUFAになるまでは長期契約を結ばないというポリシーなので、RFAのBrackettと長期契約を結んだのは意外でした。ただ思った以上に低額で再契約をしてくれ、キャップヒットがRFAテンダーより少なくなるので長期契約をしたのでしょう。久しぶりのベテランLBに対する長期契約となります。MLBがかなり奥までカバーするTampa2をやるにはカバー力のあるMLBが必要で、Brackettは小さいですがなかなかのパスカバー力がありこの役には向いています。
RFAテンダーをオファーした選手たちについては、他チームが別契約をオファーした場合同等オファーで引き止めることが可能で、マッチしなかった場合はドラフト権をもらうことができます。ドラフト権との兼ね合いを考えると、引き抜かれそうな人材はいないかと思います。このオファーはほぼ予想通りですが、背の高さ以外にウリがないAaron Mooreheadについては引き止めなくても良かったと思います。

引き止めなかった、IndyからFAになるのは以下のメンバーです。
RB Edgerrin James
RB James Mungro
S Joseph Jefferson
LB David Thornton
DT Larry Tripplett
K Mike Vanderjagt
LB Rob Morris
LB Rocky Calmus
WR Troy Walters
WR Brad Pyatt
S Gerome Sapp
LB Keith O'Neil

数人はしばらく後でベテランミニマムでの再契約があるかと思います。
大体2月頭の予想通りなのですが、やっぱりエッジとお別れするのは寂しいです。。。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-03-05 23:51 | Colts News
労使交渉決裂、そして、、、
労使協定(CBA)の更新についての話し合いは停滞気味でしたが、結局選手会の出した最終提案は3/2に行われたオーナー会議で否決されました。

争点は総収入に対し選手側にどれだけの取り分を与えるか、というもので、60%をサラリーにまわせという選手会側の主張と、56.2%をまわすというオーナー側の主張がぶつかりあっているようです。この違いを金額にすると、約10Mドルとなるとのことです。

最悪の事態を回避すべく、コミッショナーのPaul Tagliabueと選手会のGene Upshawの間であと3日話し合いが続けられることになりました。この話し合いを続行するため、FA開始が3/5まで延長されました。
ここでなんとか労使合意が取れるといいのですが、最悪の事態になった場合「サラリーキャップのない2007年」が来ることになります。ただ、選手にとってバラ色の未来というわけでもなく、
・サラリーミニマムが存在しない
・FAになれるのは6年目から
・サラリーは前年の30%までしか上がらない
と、色々と制約がつくことになるようです。

実はこの最後の「サラリーは前年の30%までしか上がらない」というのがIndyにとってまずい、という話がIndyStarに書かれていました。現時点での労使協定に従うと2006年のキャップは94.5Mで、Indyはこれを10Mほど超過しています。
しかしそこは「いつもの手」があり、Peyton Manningのロスターボーナス9MとMarvin Harrisonのロスターボーナス10Mをサインボーナスに付け替え、契約期間に平均化することで10M以上のキャップ節約ができるはず、でした(将来のツケはとりあえず無視)。
しかしこれをすると2006年のManningとHarrisonのサラリーが下がる結果、30%ルールに抵触してしまうらしいです。もしそうだとするとこの二人のキャップヒットは下げられず、プレイヤーをカットせざるを得なくなります(理解が正しいとすると、今年度の単純なペイカットも30%ルールに抵触するため不可能です)。Indyのサラリーの払い方は比較的ボーナス多め、ベースサラリー少な目となっているのでカットの効果は低く(ゴーストサラリーが多くなる)、相当数をカットしないと10Mの超過は解消できないと思われます。多額のロスターボーナスが設定されているCorey Simon, 契約の残りが少なくデッドマネーが少なそうなTarik Glennといったところがカット候補になってしまいそうですが、下手するとそれでも全然足りません。

ESPNのJohn Claytonが何かオプションボーナスを使ってごまかす方法があるとラジオで語っていたようなのですが(爆)、それが使えないとIndyは非常に苦しくなります。前例がないことなので、今頃Polianから事務局に色々な問い合わせをしていることでしょう。

しかしキャップ破綻が迫っているなあ、と憂鬱になります、、、
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-03-03 23:28 | Colts News