<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Joseph Addai 契約
ドラフト1巡のJoseph Addaiと契約しました。

5年11.2ミリオンで、うち4.76ミリオンが保証されているとのことです。昨年のMarlin Jacksonが29位というAddaiとほぼ同じ順位で5年7ミリオンの契約でしたから、やはり今年の新人はかなり値上がりしている感があります。各チーム苦労するわけですね。

他にもドラ2のTim Jennings、ドラ6のCharlie Johnsonとは契約が成立しています。残りはFreddie Keiaho, Antoine Beteha, T.J.Rushingの3人ですが、粘っても契約額が大きく上がる巡目の選手ではないので、キャンプ開始となる午後までに契約が済むのではないか、という観測があります。

一方で、OT Makoa Freitasを解雇しています。Freitasは控えタックルとしては信用できる人材で、一昨年Tarik Glennが怪我したときはLTに入っていいパスプロをしていました。RFAですが一度は契約したわけなのでコルツとしても評価していたのだと思いますが、このタイミングで解雇ということは昨年負った怪我からの回復具合が予想以上に悪かったということでしょう。2箇所の靭帯断裂で二回の手術+半年のリハビリが必要と言われていましたが、全快まではまだかなり時間がかかる模様です。昨年のDonald Stricklandといい、やや怪我人に冷たい気もしますが。

OTのデプスが新人のToudouzeとJohnsonだけというのはかなり不安があるので、近いうちにベテランと契約する可能性は高そうです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-07-30 22:52 | Colts News
ルーキーキャンプ
やっとトレーニングキャンプが始まりそう、ということで久しぶりに更新します。

Indyのトレーニングキャンプは7/30からですが、7/26-28にルーキーだけのボランタリーキャンプが行われました。内容的には春に開く3日のルーキーキャンプと似たようなもので、トレーニングキャンプ前にプレイの確認をすることを目的としています。
「去年は東京でアメリカンボウルがあってトレーニングキャンプの日程を早めたからできなかったんだけど、今年はやることにしたよ。あくまで自由参加だけど、ルーキーたちはこれである程度準備が出来た上でトレーニングキャンプに入っていくことができるんだ。」とDungy。

ドラフト7巡のT.J.Rushingは、春は学業の関係で参加できなかったので今回が初参加。「やっとプレイが出来て本当に嬉しい。僕は自分がコンプリート・プレイヤーだと思ってるけど、リターナーとしては特に自信がある。」とのこと。
またドラ5のMichael Toudouzeは「これでかなりの準備が出来た。来週はペースも上がるし、ヒットも増える。はやく誰かにヒットをかませたいね。」と言っています。Charlie JohnsonやAntoine Betehaも「一ヶ月ぶりだから大分プレイを忘れていたんだけど、改めて覚えることが出来たよ」とコメントしています。

ボランタリーキャンプなので、契約していないルーキーも参加可能なのがミソであるようです。今年は各チーム、ルーキーとの契約に苦労してますが、Indyは28日になってやっと5巡目のMichael Toudouzeとサインしただけ。残り6人は未契約のままです。もっとも前交渉自体は進んでいるようなので、明日・明後日で大部分はサインするとは思います。トレーニングキャンプの開始時にはできるだけ多くの選手が揃ってほしいものです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-07-29 13:13 | Colts News