<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2006 プレシーズンWeek3 @New Orleans
@New Orleansということになっていますが、スーパードームが使用可能になるのは9月からということで実際にはMississippi州のJacksonで行われました。Archie Manningが学生時代に活躍したスタジアムということで、Peytonにも思い入れがあったようです。もっとも、NO的にはTennessee大に出て行ったPeytonよりもOle MissのスターのEliを呼びたかったようですが。NYGはNYJとのニューヨーク対決が先に決まっていたので、INDにお鉢が回ってきたようです(笑)。

試合は27-14の勝利で、プレシーズンの連敗を止めました。しかし内容的には1stチームのオフェンスはよく、Joseph Addaiは走れず、相手ランは出される、とここまでのプレシーズンと似た感じの内容でした。

Joseph Addaiは9回12y。数字的には6,7yのゲインを見せるときとロスしてしまうときが交互にあるという感じです。ここは完全に推測になってしまいますが、ラッシングレーンを探す際の判断が遅いのかもしれません。まあ今はプロのスピードに慣れるための時期ですから、ここから学んでいってくれればいいのですが。
1stチームは5本中4本を得点圏まで進めていますから(2TD, 1FG, 1FGMiss)、まずまず順調というところでしょうか。プレシーズンだというのに相手12メンの反則を取りにいくのはなんだかな、とも思いますが(爆)。そんな中、TE Dallas Clarkが脳震盪で一時下がりました。試合中に復帰はしたものの、過去にも脳震盪を起こした記憶があるのでちょっと気になるところです。

ディフェンスは3INTを奪っています。「ターンオーバーを奪うことは非常に重要だが、ここまでのプレシーズンでは出来ていなかった。今日は満足してるよ」とDungy。特にそのうちの一つのINTを決めたKelvin Haydenについては、「このオフシーズン、うちのディフェンスでもっとも進歩したプレイヤーだ」と評価しています。
その一方でNOのランは14回117yとかなりランを出されています。Reggie BushにはMarlin Jacksonがひとつファンブルフォースもお見舞いしましたが、Deuce McAllisterにはかなりやられました。それにしても贅沢なRBコンビです。
この試合はGary Brackett、Gilbert Gardnerの二人が怪我で欠場中というエクスキューズもありますが、それはそれでLB陣の層の薄さを感じる結果です。

リターンについてはほとんどTerrence Wilkinsがこなし、パントリターンは1回17y,キックオフリターンが3回94yはなかなかの数字。なぜかはわかりませんが一試合に一人づつという感じでリターナーを試していっています。とりあえず競争はまだ続きそうです。
あと、なぜかReggie Hodgesがまたもパスを記録しています。何故にシーズンではほぼ使わないであろうパンターでそういうことをするのか、と。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-08-28 00:39 | Game Summary
TSNスカウティングガイド
先日出張帰りにふらりと紀伊国屋に寄ったら、Sporting Neswのスカウティングガイドの2006年版が出てたので入手してきました。各ポジション50-100名程度のランク付けと簡単な評価が載っているもので、(特に中堅どころの)評価が微妙とか、若手の下駄のはかせ方はどうよとか、怪我明けベテランにやたら厳しいとか思う部分もありますが、対戦相手のあまり知らないプレイヤーをイメージするときとかに重宝します。
せっかく買ったのだからネタにしたいということで、この中でINDの選手たちの評価を抜き出してみました。フォーマットは
ランキング順位・プレイヤー名・グレード
です。

QB:
1・Peyton Manning・9.8
44・Jim Sorgi・6.0
71・Shaun King・5.1
なんだかんだ言ってもManning1位評価。でもベストオーディブルコーラーと言われてもあまり誉められてる気がしないw

RB:
34・Dominic Rhodes・7.0
91・James Mungro・5.9
妥当な評価と思います。

WR:
5・Marvin Harrison・9.4
15・Reggie Wayne・7.9
83・Brandon Stokley・6.2
140・John Standeford・5.7
164・Aaron Moorehead・5.4
今のMarvinに5位評価はちと高いかも。一方Stokleyの評価は低すぎ。

TE:
12・Dallas Clark・7.5
59・Bryan Fletcher・6.0
71・Ben Utecht・5.9
81・Ben Hartsock・5.5
だいたいこんなところか。ちとFletcherの評価が低い気も。

OT:
6・Tarik Glenn・8.4
29・Ryan Diem・7.4
Tarik Glennは毎年評価を上げていて、ついにベスト10入り。昨年はランブロックでもいいところ見せてましたしね。

OG:
43・Jake Scott・6.8
46・Ryan Lilja・6.7
96・Dylan Gandy・5.4
どっこいどっこいのイマイチプレイヤーが二人という評価ですね。

C:
11・Jeff Saturday・7.3
ちょっと2005よりランクダウン、、、って年取ったから?

DE:
1・Dwight Freeney・9.4
34・Robert Mathis・7.4
99・Jonathan Welsh・5.9
102・Josh Thomas・5.9
Freeneyはさすがのトップパスラッシャー評価。来年はJosh Thomasがもちっと評価されるようになる、と予想。

DT:
15・Corey Simon・8.0
27・Raheem Brock・7.5
52・Montae Reagor・6.9
BrockがDTとしてこの評価くらい働いてくれるといいんだけど。

ILB:
41・Gary Brackett・6.4
94・Rob Morris・5.0
うーん、戦術特化型なのはわかるけど、Brackettの評価は低すぎないか?しかし、Rob Morrisが「未知の潜在能力」でピックアップされてたのには噴きましたw

OLB:
35・Cato June・7.0
77・Gilbert Gardner・6.0
124・Keith O'Neil・5.3
175・Kendyll Pope・5.0
178・Tyjuan Hagler・5.0
Juneの評価低っ。つーか選手短評で「パスカバーが苦手だ。パスレーンに入り込むのが不得意」 って違う選手を見ているかのような感覚、、、

CB:
49・Marlin Jackson・7.2
60・Nick Harper・7.0
61・Jason David・7.0
78・Kelvin Hayden・6.8
109・Von Hutchins・6.0
うーん、現時点でMarlinをHarperより上に評価するかー。やや若手分の下駄つき評価かな。

S:
2・Bob Sanders・9.3
22・Mike Doss・7.7
95・Dexter Reid・5.9
105・Matt Giordano・5.8
Bobの評価は想像以上に高いけど、納得できる。Dossの方は単純にやや評価高すぎの感も。

K:1・Adam Vinatieri・8.3
さすがの貫禄?

P:13・Hunter Smith・6.5
まあこんなところか。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-08-27 00:36 | Colts News
James Mungroシーズンアウト
SEA戦で怪我をしたJames Mungroですが、どうやら怪我の箇所は最悪のACLだったようで、IR入り=シーズンアウトとなりました。Mungroはとにかく思い切りよくスクリメージに突進するのがウリで、INDには他に似たタイプがいないだけに地味に痛い離脱です。昨年少しだけ走ったKory Chapmanか、HOUからCHI経由で流れてきたTony Hollings が第3RBになるのではないかと言われています。とりあえずある程度の突貫力がある選手を採用して欲しいところです。

離脱する人がいれば戻ってくる人もいて、膝負傷で離脱していたDT Montae Reagorが練習に復帰しました。またドラ2のCB Tim Jenningsが入団以来初の練習参加をしています。Jenningsは土曜日に行われる@NOにはニッケルおよびスペシャルチームで出場見込みとのことです。
Tim JenningsにBob Sandersに「俺の新人時代と似たような状況だよ。怪我しているときに体に無理をかけても仕方がない。じっくり怪我を直しながら、プレイについて学んでおくしかないんだ」とアドバイスを受けていたそうです。準備の甲斐あってか、初練習にはスムーズに参加できたようです。
一方そのアドバイスをしたBob Sandersですが、「体調はいいよ。でも怪我から復帰して、まだ一度も本当のタックルもヒットもしてないからね。早くタックルやヒットをしても肩が大丈夫か確かめたいよ」と、いかにもBobっぽいコメントでNO戦に向けて結構なやる気を見せていますw。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-08-26 00:39 | Colts News
Corey Simon、手術決行
キャンプ中に負った膝の怪我に苦しんでいたCorey Simonですが、先週末手術を決行しました。

「膝の具合はとてもいいよ。開幕戦には復帰できると思う。」とSimon。
「来週からは練習に参加できると思う。プレシーズンの最終戦には出られるかわからないが、開幕戦を照準に調整していくことになる」とDungy。

しかしどんな手術かわかりませんが、仮にも膝を手術してそこまで簡単に練習復帰できるものなのでしょうか。開幕に間に合う確率は五分五分くらいではないかと思います。

とりあえず、8月頭の怪我以来練習に参加していないSimonがまた激太りしていないかが不安です(爆)。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-08-23 23:17 | Colts News
2006プレシーズンWeek2 Seattle
プレシーズン2戦目のホーム初戦はここ20年で最多の56,596人を集めましたが、試合には17-30と敗れました。これでINDはプレシーズン8連敗。まあ別にいいといえばいいんですが。

1stチームのオフェンスは3ドライブをこなし、1つ目はTD、2つ目は敵陣12yまで進んだもののBen Utechtのファンブル(ケアレスミスらしい)、3つ目は3アンドアウト。Utechtのミス以外はまずまずの結果と言えるでしょう。Peyton Manningは3rdアンド22からReggie Wayneに25yパスをヒットするなど、9回中6回成功、140y 1TDとほぼ完璧。他にMarvin Harrisonが素晴らしいワンハンドキャッチを見せるなど、いい出来だったようです。ランはDominic Rhodesが6回15y、Joseph Addaiが9回17yと数字的にはイマイチ。とはいえファンからは「数字ほどは悪く感じなかった」という評が多いようです。Addaiは7y走りながら反則で取り消されたプレイが二つあったり、残り1yで二回続けて止められた分数字が落ちた面もあるので、数字より走れてたイメージがあるのかも。逆に言えばショートヤードが苦手と言えてしまうのかもしれませんが。
2ndチーム以降ではJim Sorgiは厄日で、2回試投で2回ヒットをくらい、一つはINTリターンTDされた上に利き腕の肩を負傷して退場となりました。どうもLTに入ったルーキーCharlie Johnsonのパスプロがかなり悪かったようです。
なお、SorgiのほかにRB James Mungroも負傷退場しています。どちらについても怪我の詳細はまだわかっていません。

ディフェンスの方ではルーキーS Antoine Betheaがスターターに入り、チームトップの8タックルを記録。出ている時間が長かったのもありますが首脳陣からも評価されたようです。この試合、数字的にはLB陣のタックル数がまったく伸びておらず、タックル数上位が軒並みDB陣となっています。IND守備らしいといえばらしい数字ですが、LB陣の動きもイマイチだったと言う評もあります。
なおこの試合ではDwight Freeneyも復帰し、早速サックを一つ記録しています。元々長引く怪我ではないという情報でしたが、やはりFreeneyが元気にプレイしてくれるとホッとします。

スペシャルチームではリターナーはAshlan DavisとTerrence Wilkinsを使うと思ってたのですが、ふたを開ければルーキーFAのWR Dan Sheldonが一番数多くのリターンをこなし、36yのパントリターンも見せました。ここで使ってももらえないとなるとTerrnce Wilkinsの目はないですね。現状はまだリターナーの本命はT.J. Rushingと思われます。
他には臨時雇いパンターのReggie Hodgesにフェイクパントをやらせていました。そういうことをする意味がわかりません(爆)。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-08-23 00:18 | Game Summary
トレーニングキャンプ終了
8/19をもってINDのトレーニングキャンプは終了しました。最終日には21,773人という、現在のキャンプ地になった1999年以来最多のファンが見学に来たようです。

ここまでの状況をざっとまとめておきます。

オフェンスの方では、RB Jpseph Addaiはここまでの練習内容では高い評価を受けています。まあこの時点では相当な問題がない限り悪評は立たないものですが、とりあえず順調にチームに溶け込んできているようです。20日のSEA戦ではプレイが増えるでしょうから、アピールをしてほしいものです。
WRのReggie WayneとMarvin Harrisonは、共に練習中に随所にいいプレイを見せており、好調なキャンプをすごしたようです。Brandon Stokleyこそ怪我で離脱中ですが、開幕には間に合うというコメントが出ており、大きな不安はなさそうです。
OLについてはあまりルーキーのMichael ToudouzeとCharlie Johnsonの話が聞こえてきません。ということは現時点ではあまり評価されていない、ということでしょう。とりあえずはほぼ昨年と同じスターターにDylan Gandyがバックアップをつとめる、というところまでは決まっているようです。
QBについてはここまでは練習でもプレシーズンゲームでもShaun KingがJim Sorgよりいいプレイを見せています。Indyは第3QBは若手という方針ですが、KingとSorgiを両方残す可能性もありそうです。

ディフェンスの方では、DLは今度はRaheem Brockが膝を怪我するなどまだ怪我の多い状況が続いています。ほとんどのプレイヤーは開幕には間に合いそうですが、そんな中Corey Simonの怪我はやはりやや重いようです。手術も検討されていますが、手術をした場合には開幕には間に合わなくなります。ロスター的には新人の突き上げ等はなく、昨年からLarry Tripplettが抜けた以外は大きな変更はなさそうです。
S陣はキャンプ開始時には怪我だらけでしたが、Bob Sanders、Mike Doss共に復帰後は好調であり、ドラ6ルーキーAntoine Betheaも「このキャンプで一番成長した」と評価されています。個人的にもBetheaはいかにもIndyのカバー2に合いそうなタイプだけに、ドラフト下位の中では一番期待しています。怪我の多いDossとSandersをフォローできるよいバックアップになってくれればと思います。
LBについては、層の薄さが若干問題となっています。Cato June, Gary Brackett,Gilbert Gardnerの3人がスターターとなりますが、ルーキーのFreddie Keiahoは怪我で離脱しており、Tyjuan Haglerもあまりパッとしないようです。
CBではMarlin JacksonはSTL戦でのプレイがイマイチだったということで、やや評価が落ちているようです。この先のプレシーズン次第ですが、現時点ではJason Davidが元気ならDavidとNick Harperがスターターのようです。

スペシャルチームはAdam VinatieriとHunter Smithの怪我を受け、K Shane Andrusと再契約するとともにP Reggie Hodgesと契約しています。パンターについてはDungyは「Ben Utechtに蹴らせることも考えた」くらいらしく、あくまで一時的な処置ですが。最終的なロスターはAdamとHunterで鉄板です。
リターナー争いの方は一番手を走っていたT.J. Rushingが怪我でSEA戦を欠場予定です。現在一番競争が激しいポジションなので、Ashlan DavisとTerrence Wilkinsにはチャンスとなります。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-08-20 19:17 | Colts News
キャンプ怪我人状況
ここ一週間ほどの怪我人状況を取りまとめて。

●セーフティ陣の怪我状況
かなり怪我がかさんでいたセーフティ陣ですが、Bob Sanders, Mike Dossの先発セーフティ二人が練習に復帰しました。早速いいパスカバーを見せたりしているようです。BobもMikeもプレシーズン2戦目のSEA戦は欠場の方向ですが、ここまでは順調な回復ぶりを見せています。また、ドラ6のS Antoine Betheaも練習に合流しました。
一方、STL戦でDexter ReidがSTL戦で肩を怪我。シーズン開幕には間に合う予定ですが、プレシーズンは全休となる予定です。

●DLの怪我状況
DE Dwight Freeneyが月曜日から練習を開始。「肩の具合はいいよ。シーズンにはまったく影響しないと思う」とコメントしています。他に、DE Jonathan Welsh、DT Sweet Pea Burnsが練習に復帰しています。
Corey Simonは復帰までもう少しかかる予定で、手術をした方がいいのではないかという話も上がってきているようです、、、

●キッカー事情
INDはSTL戦後、予備キッカーのShane Andrusを解雇し、一人キッカー体制にしました。これはSTL戦の結果を受けての「Vinatieriにキックオフを任せてOK」というチームとしての意思表示と思いますが、その直後にVinatieriが練習後の調整中に足首を捻挫してしまいました。一応数日は様子を見るとのことです。
その後パンターのHunter Smithが臨時キッカーをつとめたものの、今度はHunterも負傷。水曜日の練習ではQB Shaun Kingが臨時キッカーをつとめる寒い状況になりました。近日中に、流れキッカー・パンターと一時的に契約すると思われます。

●Stokley負傷
WR Brandon Stokleyが練習中にディフェンダーと交錯して足首を捻挫。MRIを受けました。詳細はまだ不明ですが、日曜日のSEA戦は間違いなく欠場。

このような状況を受け、Dungyは
「ほとんどは大きな怪我ではないが、怪我が多すぎる。練習するためにキャンプをやっているのに、20人前後もサイドラインに並んでいる。なぜかはわからないが、毎年こうなってしまう。来年はキャンプの内容を軽くしたり、期間を短くしたほうがいいかもしれない。」
と練習を軽くすることをほのめかしています。ディフェンス・キャプテンのGary Brackettは
「Dungyはプレイヤーに十分配慮してくれているし、今の日程もキツすぎることはない。フットボールをやっていれば怪我は避けられないというだけだと思う。ただこの件についてはDungyがチームにとってベストな判断をしてくれると思うし、僕はその判断に従うよ。」
とDungyに任せる姿勢。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-08-18 00:21 | Colts News
2006プレシーズンWeek1 @St.Louis
プレシーズン開幕戦は19-17で敗れました。とはいえ1stチーム同士では負けていなかったので問題はないでしょう。

●よかった点
・1stチームは最初のドライブをきっちりとTDに。ちなみにManningの出番は1シリーズのみ。
・T.J.Rushingが63yのビッグリターン見せる。ただし、パントリターンでボールをキャッチしそこなう場面もあった。
・Kelvin Haydenは主に3rdチームで出てたものの、再三のナイスカバーを見せてINTも一個記録。
・Adam Vinatieriが53yFGをきっちり決める。キックオフも75y,71yとエンドゾーンに蹴りこんでおり、この試合は完璧な出来。
・Shaun Kingが再三プレッシャーをかけられながらも所々でいいパスを決める。

●悪かった点
・2nd/3rdチーム、パスプロがかなり悪く、Jim SorgiとShaun Kingはプレッシャーかけられまくり。ノータッチで抜けてくることが多かったようなので、アサイメントの問題か。
・2nd/3rdチームのディフェンスはスクリメージ戦でかなり負けていた模様。STLは結局ラン40回で202yを記録。

●そのほか
・Dwight Freeney, Montae Reagor, Corey Simon, Jonathan Welshが怪我中のDLは、DEではRobert Mathis, Josh Thomas、DTではRaheem Brock、Darrel Reidが先発。
・Bob Sanders, Mike Dossが怪我中のSは、Matt GiordanoとDexter Reidが先発出場。
・Joseph Addaiは2ndチームで出場、3回3yにとどまる。アウトサイドをまくりにいってまくりきれないプレイがあったが、プレイ回数が少ないのでなんともいえず。レシーブは2回8y。パスプロ破綻中にAddaiも出ていたが、Addaiのブロッキングに問題があったかは不明。
・Vinatieriの最初のキックオフはなぜかオンサイドキック。練習でしょうか?一応リカバーには成功。
・STLのドラ1Tye Hillは2nd/3rdチームでの出場が主だったものの、再三INTぎりぎりのカバーを見せていた模様。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-08-11 12:30 | Game Summary
まもなくプレシーズンゲーム開始
8/10にINDのプレシーズンゲームの初戦、@STLの試合が行われます。

はっきり言って勝敗度外視の試合ですし、初戦ですからほとんど3rdストリングスでの試合となると思います。そんな中で面白そうな点としてはりターナー争いが上げられます。現在のところ、ドラ7のT.J.Rushingと、ルーキーFAのAshlan Davis、そしてベテランTerrence Wilkinsがほぼ横一線と言われています。リターンは3人とも試すでしょうし、この候補達も間違いなく一発アピールを狙っているはずです。誰かビッグプレイを見せてくれるか、ちょっと注目しています。

他にはルーキーがどれくらいやれるかというのも注目なのですが、個人的に期待していたS Antoine BetheaとCB Tim Jenningsは怪我のためおそらく欠場します。他のルーキー達ですが、Joseph Addaiは現状2ndストリングス扱いのはずなので、1Q程度はプレイすることになるかもしれません。他にMichael ToudouzeとCharlie Johnsonはプレイ時間が多くなると思うので、ほぼ向こうの3rdストリングス相手でしょうけどいい経験をつんで欲しいところです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-08-10 01:59 | Colts News
トレーニングキャンプ雑記
トレーニングキャンプのここ一週間ほどのメモ。

●Freddie Keiaho契約
ドラ3のFreddie Keiahoが契約し、ドラフトピック全員との契約完了。Keiahoは3日遅れで水曜日からキャンプに参加しました。Bill Polianは「今年は新CBAのルーキーサラリーキャップ制の不備のために新人の契約には苦労した。Keiahoの参加が遅れたのは彼のせいでも代理人のせいでもないよ。」と言っています。

●Gary Brackettがディフェンスキャプテンに
選手間の投票で選出されるディフェンスキャプテンですが、今年はGary Brackettが選ばれました。ちなみに昨年はTENに移籍したDavid Thorntonがつとめていました。
Brackettは戦術理解度も高い選手ですし、性格的にもいい選手なので適役と思います。プレイ面のみならず、リーダーシップの面でもThorntonの穴を感じさせないようにしてほしいものです。

●Corey Simon大幅減量
昨年、激太り状態でINDに加入したCorey Simonですが、今年は昨年比で25ポンド減量してキャンプに現れました。目標はさらに10-15ポンド減らすことと言っています。
昨年の姿から想像するに、それでもゆうに300ポンドはありそうですw。ベストウェイトは300近辺でしょうし、去年のパワーを保ったまま減量が出来ればスピードアップとパスラッシュ面での活躍が期待できそうです。
ただ、その後左ひざを怪我して一時練習はお休み。たいした怪我ではないようですが。

●Marlin Jacksonのポジション
一時期Safetyにコンバートするという話が出ていましたが、キャンプ開始後はとりあえずRCBに専念させているようです。Jason Davidとポジションを競うことになります。

●RB陣は二人とも好調
Joseph AddaiとDominic Rhodesはここまでは順調にキャンプを過ごしています。Addaiはブロック面・レシーブ面・ランのすべてでいいところを見せているようですし、Rhodesも好プレーをしている模様。

●Adam Vinatieri
ロングスナッパーのJustin Snow, ホルダーのHunter Smithとは呼吸があっているようです。「Hunterは本当にいいホルダーだね。もちろんSnowのロングスナップもいい。おかげですんなり適応できているよ。」とVinatieri。
スペシャルチームコーチのRuss Parnellも「Adamはプロフェッショナルだね。すんなり適応してきているし、彼と仕事をできるのを嬉しく思うよ。」とコメント。
「スナップしてからホールドするまで1.3秒。NFLの大体のキッカーはこのタイミングだし、Snow-Smith-Vandyの組み合わせでも1.3秒でやっていた。Adamも同じタイミングだから大きな問題はないね。AdamとVandyではホールド時のボールの傾け方の好みがちょっと違うからHunterはそれに適応しないといけないけど、プレシーズンゲームが終わるまでには間に合うと思うよ」とのことです。

●怪我人状況
シーズンまで引っ張りそうな大怪我はないようですが、練習をしばらく休む必要がある細かい怪我はそこそこに発生しています。特にS陣はSanders, Doss, ルーキーBetheaと怪我多発。Sandersはキャンプ当初からの肩の怪我、Dossがふくらはぎ、Betheaは膝の怪我ですが、去年からS陣はどうも怪我が多いです。
それ以外の主な怪我人:
Montae Reagor:靭帯を伸ばしてしばらく休み。シーズン開始には間に合いそうとのこと。
Cato June:オフシーズンの手術・リハビリから復帰しきっていないため、「キャンプの最初の2週間ほどは休ませるつもりだ」とDungy。動けないほどではないしキャンプにも来てるのですが、無理をさせない方針の模様。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-08-07 01:24 | Colts News