<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
感想 - 2006 Week3 Jacksonville @ Indianapolis
以下結果。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-09-26 01:43 | Game Summary
Bob Sanders欠場
土曜日の怪我人レポートでBob Sandersがアウトとなりました。練習休み組の中では一番マシな状態と思っていたのですが、、、Antoine Betheaがんばれー。

そのほかにアウトとなったのは
K Adam Vinatieri
DT Corey Simon
WR Brandon Stokley
DE Josh Thomas
です。

ということで、さすがにスプレッドを7点から6.5点に引き下げたブックメーカもいる模様。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-09-24 12:38 | Colts News
Preview-2006 Week3 Jacksonville @ Indianapolis
Week3はAFC南の地区優勝を狙う上での大一番、序盤戦最大の山場のJAX戦です。向こうのオッズではスプレッド7点となっているようですが、そこまで差があるとは思えません。このスプレッドなら自分ならJAXに張ります(爆)。

まずロスタームーブ。ついにMartin Gramaticaと契約してしまいました。外れたのはBen Hartosockです。一応まだチームとしてGramaticaはキックオフだけ&Adam VinatieriがFGという希望は捨てていないようですが、Vinatieriの状態が悪いのは確かです。

なお、金曜日の練習はWR Brandon Stokley,DE Dwight Freeney,FS Bob Sanders,K Adam Vinatieri, OT Ryan Diem, CB Kelvin Hayden, DT Corey Simon, DE Josh Thomasがお休みしています。Simon、ThomasはほぼOut、VinatieriはDoubtfulに近そうで、あとは五分五分っぽいです。
一方JAXも結構怪我が多く、SS Donovan Darius, WR Matt Jones, OLB Pat Thomas, ILB Mike Peterson, DE Paul Spicer, DT Marcus Stroud, CB Rashean Mathisとかなりの主力級がQuestionableになっています。とりあえずあげた中で木曜の練習を休んでいるのがMatt JonesとPat Thomasになります。

JAXはマンデーナイトでPITを9-0で下していますが、守備はまあ予想通りといえば予想通り。相変わらず強いです。パワフルなDL陣、スピーディなLB陣共に健在でした。Reggie Heywardの離脱が結構痛いのではないかと踏んでいたんですが、Rob Meierがさほど遜色なく穴を埋めていたと思います。
個人的に意外だったのは攻撃陣で、パス攻撃が想像以上に形になっていました。Byron Leftwichは相変わらず豪快な大きいモーションですが、球離れが少しよくなった感があります。この球離れのよさを産んでいるのはJimmy Smithが抜けたのにかかわらず予想以上にいいレシーバー陣と思います。特にMatt Jones。昨年のモサッとした感じが嘘のように、レシーバーの動きになっていました。あのサイズとあれだけの動きで前に入られるとカットしようがないですね。それだけにMatt Jonesが欠場となると結構脅威は減りそうですが。
あとはLeftwichの弾丸パスはともかくとして、上から落とすパスの精度を見れたわけではないのでここに弱点を抱えているということにしておきますw。まあ、かなり大雑把に投げられても脅威なくらいにはサイズに差があるわけですがw。

IND O#対JAX D#。あのDLに対して真正面からランを出すのは困難、外を走らせても速いLB陣があっという間につめてきます。ただ3WR隊形でDallas Clarkをスロットに入れたパターンでニッケルを入れてくれればそこからのランブロックがそこそこ効くでしょう。ニッケルじゃない場合、WLBのDaryl Smithは速いですがそこまでカバー能力が高いイメージはありませんのでDaryl Smith対Dallas Clarkならそこそこ優位に立てると思います。ClarkにSのDeon GrantがつけばそれはそれでReggie Wayne対Brian WilliamsかMarvin Harrison対Rashean Mathisの一対一チャンスがうまれます。Rashean MathisはいいCBですが、昨年の@JAXではMarvin Harrisonがかなり圧倒していますしここはクイックネスでなんとか勝って欲しいところです。
他に対ManningディスガイズとしてはMike Petersonがかなり使える存在で、スピードがあってカバーもラッシュもできます。IND時代からよく喋る選手でしたが、敵愾心燃やしまくりのコメントも出しているようですw。一番注意の選手でしょう。またJAX D#はえぐいくらいに当たってくることがあるので、フィジカルプレイに負けない必要もあります。

IND D#対JAX O#。INDのDLが軽量パッケージなのはもう仕方がないのでFred Taylorにはある程度走られるでしょうけど、これはもうNYG戦クラスまで崩れなければ目をつぶります。それよりも試合の序盤でパスでビッグプレイを許さない方が重要と思います。ということで、DE Robert Mathis, DT Raheem Brock, DT Montae Reagorあたりはパスラッシュで存在意義を示して欲しいところです。もちろんDwight Freeneyが出られるようならFreeneyは昨年のJAX@INDの再現を目指して欲しいところです。セカンダリ陣はある程度取られるのは仕方ないとして、YACを出させないこと。Bob Sandersのガチンコヒットにちょっと期待します、、、試合に出てくればですが。あとは今期初アウェイのJAXに対して、RCAドーム特有のこもったクラウドノイズを容赦なく浴びせかけてミスを増やしてやるということで。

互いにどれだけ怪我人が出られるかで結果が大きく左右されそうですが、Cato Juneあたりに一回くらいINTを決めてもらい、DL陣が一回くらいサック&ファンブルフォースを決めてもらい、Ryan Diemが欠場せず、Peyton Manningが一回以内にINTを抑えてくれれば21-17くらいで勝てるのではないかとw
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-09-24 01:40 | Preview
Week3 怪我人状況
序盤最大の山場を前に、怪我人リストは長くなる一方です(泣)

QUESTIONABLE
MLB Gary Brackett (Calf)
RB Ran Carthon (Finger)
T Ryan Diem (Hand)
RB De De Dorsey (Ankle)
DE Dwight Freeney (Buttock)
OLB Gilbert Gardner (Hand)
CB Nicholas Harper (Ankle)
TE Ben Hartsock (Hamstring)
OLB Freddie Keiaho (Knee)
DE Ryan LaCasse (Foot)
G Ryan Lilja (Knee)
DT Montae Reagor (Knee)
DT Darrell Reid (Elbow)
FS Bob Sanders (Shoulder)
G Jake Scott (Knee)
DT Corey Simon (Knee)
QB Jim Sorgi (Shoulder)
WR Brandon Stokley (Ankle)
DE Josh Thomas (Hip)
FB Ben Utecht (Concussion)
K Adam Vinatieri (Right Groin)
CB Kelvin Hayden(Groin)

とりあえず全員Questionableになっていますが、例によって怪我の重さはかなり違っています。
実際黄信号といえる、木曜の練習を休んでいるメンバーは
Dwight Freeney, Ben Hartsock, Kelvin Hayden, Bob Sanders, Corey Simon, Brandon Stokley, Josh Thomas, Ben Utecht, Adam Vinatieri。
特にCorey Simonは実質アウト、先週アウトのJosh Thomasも苦しいでしょう。
Dwight FreeneyについてはMontae Reagorの「出れると思うよ」という発言を信じたいですが、現時点では練習を水・木と休んでいます。
Bob Sandersはこの中では比較的軽く、金曜日には練習復帰できるらしいです。
Brandon Stokleyはそれまで怪我していたのと同じ箇所をHOU戦で痛めており、doubtfulに近そうです。
Vinatieriについては一応代役としてMartin Gramaticaのワークアウトを行っています。Vinatieriがやばいようなら土曜日にサインでしょう。
また、これ以外にRyan Diemが練習中にハムストリングを痛めて途中で引き上げています。バックアップの状況が状況だけに、欠場されると一番痛いと思います。

一方でRyan LiljaとDe De Dorseyが練習復帰したのが数少ないいいニュースです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-09-22 23:35 | Colts News
Week2 Hou戦補足
いまさらではありますが、備忘録代わりの補足メモ。

・ほとんどずっと3WR隊形を使用。Brandon Stokleyは2Q途中で引っ込みましたが、かなりの場合スロットにはDallas Clarkを入れていました。ここで相手がニッケルだと、Clarkのランブロックが非常に効果的でした。
・時々Aaron Mooreheadを左WRに入れ、Reggie Wayneをスロットに入れていました。この場合はパスメインになります。
・TEは7割Ben Utecht, 3割Bryan Fletcherという感じでした。
・たまに真ん中に突っ込ませてましたが、やはりメインのランはストレッチプレイです。
・3WR以外ではショットガンとたまーにゴール前でIフォーメーションを使っただけ。IフォーメーションでFBに入るのは主にDT Darrell Reidです。、、、やっぱり本職FBは取らないんですかねえ。
・ということで2TE隊形はほとんど使っていません。
・Joseph AddaiとDominic Rhodesの交代は第何ダウンかとか関係なく、
 しばらくRhodes->しばらくAddai->しばらくRhodes
という感じです。
・Joseph Addaiはブリッツピックアップの際にラッシュが入ってこないと判断するとすぐにパスコースに出て2本目のTDレシーブを生みました。「ブリッツのピックアップでは、いつブロックしないかということも非常に重要なんだ。彼はそれを理解している。」とPeyton Manning。
・ブリッツは全部で3、4回と去年水準くらい?入れたのはほぼGilbert Gardner限定。
・Cato Juneはやはり反応が速い。軽いですが。
・結構Bo Schobelが出ていました。いつの間にかJohn Standefordと入れ替わっていた模様。Josh Thomasの怪我を受けての処置でしょうけど、Standeford報われないですね。実力勝負だからしょうがないんですが。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-09-22 23:05 | Game Summary
感想 2006 Week2 Houston
今週ははじめてYahooのNFLGamePassで観戦してみました。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-09-18 13:20 | Game Summary
Preview 2006 Week2 Houston
Gary Kubiak就任初年度のHOU。C Mike Flanagan, LB Sam Cowart, WR Eric Moulds, DE Anthony Weaver, TE Jeb Putzierといった補強の方向性は正しいと思いますが、Week1ではPHIに5サックを食らい、パスをがんがん決められて完敗しています。

HOUのディフェンスについては、DLは昨年比でかなり強化されたと思います。ドラ1Mario Williamsは開幕戦はパッとしなかったようですがポテンシャルは高いと思いますし、Anthony Weaverも安定感をもたらすと思います。問題は後ろ側で、セカンダリはDunta Robinsonを除くとパッとしない感はぬぐえず、Cowartがいきなり壊れてしまったLB陣も弱い感は否めません。
何より現在IND相手に最善手と考えられている、「LB/Sを使ってディスガイズ」をやるのに有効なタレントがShantee Orrくらいな気がします。Reggie WayneはLewis Sanders相手に優位に立てるでしょうし、Brandon Stokleyが間に合えばこれをカバーできる人材もいないでしょう。困って咄嗟にMarvin HarrisonのパターンをDunta Robinsonにかっさらわれるのだけは注意が必要ですが、INDのパスは十分通ると思います。
INDにとって問題はランのほうですが、HOUはLB陣はどちらかというと軽量スピード型のパッケージですが、そこを支えるDT陣は強いとは言えません。両DEをTarik GlennとRyan Diemがきっちり抑えれば、ランも出せるとみています。

HOUのオフェンスについては、今年は思いっきりDENテイストに舵を切りましたが、こなれてくるのには時間がかかるでしょう。
パス攻撃はEric MouldsとAndre Johnsonのコンビはパスラッシュがかからない場合は大きな脅威となりますが、開幕戦の5被サックから考えると昨年同様OLのパスプロには課題が残ったままです。特に要のLTにはドラ3新人Charles Spencerが先発ですが、開幕戦はTrent Coleに2サックを献上したようです。Dwight Freeneyであれば間違いなく優位に立てるはずです。もしここでもプレッシャーをかけられないようなら今季は本当に黄信号と思います。
ランのほうでは、今週RB Samkon Gadoを獲得していたりします。HOUの戦術適正よりも、IND守備はパワーバックに弱いとみてのIND対策に見えてしかたがないのですがw。まあIND守備がパワー勝負に弱いのは確かですが(爆)。とはいえGadoがDomanic Davisが健在だった時以上の脅威になることはないでしょう。
いつも結構出されているHOUのランですが、コーチも戦術も大幅刷新して間がない状態ですのでここは止めたいところです。Corey Simonは間に合いませんでしたが、Dungy曰く「サイズの問題じゃない。タレントの問題でもない。連携をしっかりできなかったことこそが問題だ。」とのことなので、このメンバーでどこまでできるか見せて欲しいものです。、、、Dungyの本音は違う可能性もかなり高いですが(爆)

ホームでもありますし勝つだろうとは思いますが、勝ち方が問われる一戦です。こちらは平均4y以上ランを出す、相手は平均4y以内にランを抑えるくらいが目標かと思います。地区内でもありますし、苦手意識は持ったままにしてもらいたいので、ここは31-17くらいで圧倒して欲しいところです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-09-17 13:22 | Preview
Week2 怪我人状況
Week2の怪我人リスト。相変わらず長いです。

OUT
RB De De Dorsey (Ankle)
LB Freddie Keiaho (Knee)
DT Corey Simon (Knee)
DE Josh Thomas (Hip)

QUESTIONABLE
MLB Gary Brackett (Calf)
CB Jason David (Tooth)
T Ryan Diem (Hand)
SS Mike Doss (Calf)
OLB Gilbert Gardner (Hand)
CB Nicholas Harper (Ankle)
TE Ben Hartsock (Hamstring)
DB Tim Jennings (Ankle)
G Ryan Lilja (Knee)
MLB Rob Morris (Foot)
DT Montae Reagor (Knee)
FS Bob Sanders (Knee)
G Jake Scott (Knee)
QB Jim Sorgi (Shoulder)
WR Brandon Stokley (Ankle)
TE Ben Utecht (Finger)

PROBABLE
DT Dan Klecko (Calf)
DE Ryan LaCasse (Foot)

DLではJosh Thomasがアウトです。Corey Simonもアウトの状況ではRaheem BrockをDEに回すのもやりにくく、Robert Mathisはほぼ出ずっぱり確定。ただDEはFreeney、Mathisの次はRyan LaCasseになっているので、もしあと一人試合中に怪我した場合はDarrell ReidをDTに入れてBrockをDEに入れるパターンが増えると思います。他のDL陣ではMontae Reagorは水曜日の練習は休みましたが、木曜日からは練習に復帰しています。Probableの二人は問題なく出てくるでしょう。

LB陣はGary BrackettとGilbert GardnerがQuestionableになっていますが、先週から怪我が悪化したわけではなさそうなので、実質probableと思います。

S陣、Sandersは木曜日までは練習を休みましたが、金曜日から練習復帰しています。Dossは先週から練習には復帰していましたが、木曜日に一日休みをとりました。金曜日には練習復帰をしています。とりあえずSandersもDossも金曜日の練習には参加してまずまずのプレイはできているようなので、最悪の二人とも欠場というパターンはないと思います。一方が欠場するなら、先週同様Antoine Betheaが先発します。

CB陣、Nick Harperの状態はほぼ横ばいで実質はprobableに近そう。しかしJason Davidの「歯」って、、、親不知でも生えてきたのか?

OLではRyan Diemの怪我が気になりますが、詳細は不明。とりあえず練習には参加しているし、特にDungyのコメントもないようなのでprobableに近いと思います。Jake Scottも練習には参加しています。一方Ryan Liljaは金曜日の全体練習を欠席しており、ここまで全休してることから考えても実質outに近いdoubtfulと思います。

WR Brandon Stokleyはプレシーズン以来練習も休んでましたが、金曜日についに全体練習に復帰。本人はHOU戦には出たいと言っていますが、Dungyは土曜の練習を見て判断する、とのコメントでここは本当に五分五分というところです。

TEではBen Hartsockは先週から引き続き練習を休んでおり、実質doubtful。Utechtの方はそれほど深刻ではなさそうです。Dallas ClarkとBryan Fletcherが元気であれば大きな痛手はなさそうです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-09-16 12:44 | Colts News
ロスター入替え
WR John Standeford, RB Ran Carthonの二人がプラクティス・スクワッドからロスターに昇格しました。代わりにカットされたのがBo Schobel, Kory Chapmanの二人です。おそらく二人ともプラクティス・スクワッドに入れるつもりでしょう。

Ran Carthonは練習中に負傷したKory Chapmanの代わりに上げた格好です。力的にはChapmanとの差はほとんどないと思います。Dominic RhodesかJoseph Addaiが怪我するか、大差がつかない限り、試合ではほとんど出番はないでしょう。
Kory Chapmanについては怪我をするとすぐにカットしたのに対し、さらにひどい怪我のDe De Dorseyはキープしています。フロントは能力としてはDorseyの方を3番手と評価していることになります。プレシーズンではかなりのスピードを見せたようですが、早く怪我を治した姿を見てみたいです。

John StandefordはBo Schobelとの入替え。Bo Schobelが怪我していたこともありますが、Standefordを上げたということはBrandon Stokleyの状態が芳しくない可能性もあります。もしStokleyがHOU戦に間に合わないようなら、Aaron Mooreheadと同じくらいのプレイタイムを与えてみてほしいです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-09-13 01:41 | Colts News
2006 Week1 @New York Giants
ぶっちゃけ

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-09-12 00:04 | Game Summary