<   2006年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧
感想 - 2006 Week8 Indianapolis @ Denver
この試合、珍しく地上波放送があるのですね。ただ関東ローカルのようですが。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-10-31 03:04 | Game Summary
Preview - 2006 Week8 Indianapolis@Denver
今週と来週は中盤の山場。AFC西と東でトップを走るDEN、NEと続けてのアウェイ戦になります。まずはここまでの6試合で一試合平均7失点のディフェンスでホーム13連勝中のDENとの対戦です。

そのDENディフェンスですが、もちろんいいディフェンスなのは確かですが、最近増えてきた最強クラスのディフェンスという評価はちょっと違うかな、と思います。とりあえずDLのパスラッシュは弱いと思います。それでも守れるくらいカバー陣はいいんですが、ここまでいいレシーバーを複数擁するパスオフェンスを持ってるチームにSTLくらいしか当たっていないのが失点の少なさにつながってる気がしています。
DENディフェンスの軸は間違いなくIan Gold, Al Wilson, D.J. Williamsと速い3人をそろえたLB陣。ランディフェンスはかなり安定しています。DL4人はそれほど強くは見えないのですが、半端な穴を空けてもあっさり詰められますし、ダウンフィールドに出たブロッカーとボールキャリアが離れてたりするとあっさりブロッカーをかわしてキャリアを仕留めます。外ストレッチもそれほど効かなそうな。と単純に行くとランは出なさそうなので、プレイアクションからパスを通しまくってLB陣の反応を鈍らせる、ブリッツが入りそうなところで逆側のランをオーディブルする、といったことが必要と思います。この試合でランを出せるかはPeyton Manningにかかっていると思います。
パスに対してはエースは基本的にChamp Baileyが抑え、TEやRBへのパスは3人のLBがカバー、とられても早めに仕留めます。BaileyがいいCBであることは疑いの余地はありませんが、様々なルートを自在に走るMarvin Harrisonを一対一で完全に抑えきるのは難しいと踏んでいます。もう一方のReggie Wayne対Darrent Williamsですが、ここまで当たった中では一番の強敵かもしれませんが、一対一なら五分には持っていけると予想しています。とはいえ、この二人だけだとS併せてダブルカバー、という話になります。そういう意味でこの試合こそBrandon Stokleyが欲しいのですが、この試合は欠場。ということで代理でDallas Clarkにもある程度ディープにいってもらわないといけなさそうです。このClarkをLBの誰かがあっさり一対一で抑えるようだと、苦しくなります。
ただパスラッシュはそれほど強くないので、時々入る思い切ったブリッツをプレスナップリードで読めれば、Manningは落ち着いてパスを投げられそうです。もっともここ2週間のDENの試合は見ていないので、そこで5サックを上げているルーキーElvis Dumervilがどんなものかは気になります。相手がややパスプロに問題を抱えるチームだったからの成績なのか、凄いパスラッシャーなのか、、、

一方DENのオフェンスはこちらは得点が示すより悪くないと思います。特にWR Javon Walkerはよさそうです。完全に怪我前の状態まで戻っている感じで、奥にもいければ手前のルートランもよく、キャッチもいい。Jake Plummerのコントロールミスさえなければかなりの活躍をされそうです。一方でレシービングTEについてはJeb Putzierの代わりがおらず、Stephen Alexanderはターゲットとしてはほとんど機能していないようです。今年のJake Plummerは逃げ道が減ったぶん、プレッシャーがかかるとINTにつながってるという推測ができます。
よって、Plummerにプレッシャーをかけることは必須。LT Matt Lepsisがアウトで、LTには代役が入るので復調傾向のDwight Freeneyに存分に暴れてほしいです。またRobert MathisにはPlummerの右ブーツレッグをしっかり防いでほしいところ。Plummerの場合は動きながらパス投げた方がコントロールよかったりするので。ただあまりそれを意識しすぎると、またドロー攻勢の餌食になりそうですが。
ランについてはやられるでしょう。DENの機動力と技術勝負のOLはパワーでがつんと押し込んで来るOLよりも相性がいい気もしますが、機動力をいかしてLBを確実に取られることも多そうです。とりあえずPlummerをポケットに閉じ込めておく点からもDE達には外を攻めてほしいのですが、内のランでAnthony McFarlandをきっちりコントロールされるようだと厳しくなります。ドローも出されそうな気がしますし、150y以内ならよしでしょうか。Bob Sandersが完調なら、ランサポートに期待できるのですが。

意外と叩きあいになって、両チーム共20点取るような気がします。ここまでのアウェイ戦でのIND O#を見てるとやや不安もありますが、26-23で勝利ということで。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-10-29 03:07 | Preview
Week8 怪我人状況
Week8の怪我人リスト。

OUT
DT Montae Reagor (Head)

QUESTIONABLE
DT Raheem Brock (Elbow)
DE Dwight Freeney (Shoulder)
C Dylan Gandy (Shoulder)
OLB Gilbert Gardner (Thumb)
CB Nicholas Harper (Ribs)
T Charlie Johnson (Thumb)
DT Dan Klecko (Low Back)
DE Ryan LaCasse (Foot)
G Ryan Lilja (Knee)
WR Aaron Moorehead (Back)
OLB Keith O'Neil (Ankle)
DT Darrell Reid (Chest)
FS Bob Sanders (Knee)
C Jeff Saturday (Low Back)
P Hunter Smith (Right Groin)
WR Brandon Stokley (Knee)
DE Josh Thomas (Ankle)
FB Ben Utecht (Low Back)
K Adam Vinatieri (Right Groin)
WR Terrence Wilkins (Shin)

相変わらず長いですが、Brandon StokleyとKeith O'Neil、Montae Reagorの三人以外は出場の方向のようです。

Bob Sandersは水曜の練習で復帰。木曜は休んでいますが、金曜の練習と試合には出る方向の模様。ただ木曜休んでるということは万全とは思えないので、ここで無理をさせるのはちょっと怖いです。Stokleyのように復帰してすぐ怪我、という事になったら洒落になりません。杞憂だといいんですが。

また、先日行われたMontae Reagorの手術は無事成功したとのことです。Reagorの退院がいつになるかはまだわかりませんが、とりあえずIRには入れずに様子を見るようです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-10-28 00:52 | Colts News
Dexter Reidと再契約
Mike Dossのシーズンアウトを受け、INDはS Dexter Reidと再契約しました。

Dexter Reidは2005年にINDに加入。特にスペシャルチームではかなりいいプレイをしてました。その一方でディフェンスではBob Sanders, Mike Doss, Joseph Jefferson, Gerome Sappに次ぐ5番手扱いで、あまり出番がありませんでした。ということでディフェンスでのプレイっぷりはあまり記憶にないのですが、決めるときはいいタックルをしていたような気がします。カバー2で先発できるほどのカバー範囲があったかは怪しいですが。
しかしこのディフェンスでのプレイ経験もあるいいスペシャルチーマーなので、今獲得できるそれなりのバックアップという意味では妥当な獲得だと思います。Bob SandersかAntoine Betheaが長期離脱したらつらいことには変わりありませんが、、、

まずはスペシャルチームでの弾丸タックルを期待します。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-10-28 00:43 | Colts News
Mike Doss はシーズンアウト、Montae Reagorは長期離脱
S Mike DossがWAS戦中に負ったACL断裂の怪我によりシーズンアウトとなりました。S陣ではAntoine Betheaに目処が立っているので、Bob Sandersが復帰してくればスタメン的にはさほど力は落ちないのですが、控えがスペシャルチームでしか実績のないMatt Giordanoのみとデプスが非常に薄くなっています。Bob SandersはDEN戦では復帰できる見込みですが、Bob SandersとAntoine Betheaに負荷をかけすぎてさらに離脱者が増えると最悪です。Giordanoもキャンプでは成長を見せたらしいので、ディフェンスでも少しづつプレイ時間を与えていくしかないでしょう。
Giordanoがとりあえず控え一番手に入るとして、別にSは誰か一人補強するはずです。一番ありそうなのは渡り鳥状態でワークアウトを続けているDexter Reidと思います。また、ColtPwerに「可能性は薄いがJoseph Jeffersonを呼び戻すかもしれない」と書かれていましたが、これも悪くないと思います。昨オフINDは怪我していることもあって再契約しませんでしたが、9月ごろにはMIAでワークアウトをしたらしいので、体調はそれなりに回復しているのかと思います。Jeffersonは昨年Doss/Sandersの控えで何試合か先発もしており、元気であればそれなりに信頼できるプレイヤーです。
奥の手としてはMarlin JacksonをSに回す手もありますが、これは最後の手段にしてほしいです。

また、WAS戦前に交通事故に巻き込まれたMontae Reagorの負傷は左眼窩骨折という大きなものでした。今日手術が行われるとのことで、回復までにはかなりの時間がかかりそうです。とにかく、無事に回復してくれることを祈ります。
事故としてはReagorに責任はなく、相手にぶつかられたらしいのですが、Reagorはシートベルトをしていなかったらしいです。選手の皆様、お願いだから安全には気をつけてください。車に乗るときはシートベルトをして、バイクに乗る場合はヘルメットをかぶりましょう。
しかし不幸中の幸いというとなんですが、こうなってみると本当にAnthony McFarlandを獲っておいてよかったです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-10-25 23:15 | Colts News
感想 - 2006 Week7 Washington @ Indianapolis
映像を見始めたら、いきなりMontae Reagorが交通事故というテロップが。びっくりしましたが、幸い大したことなく退院したようでよかったです。来週はアウトのようですが。間違った情報を参照したようで、顔面骨折で手術、今シーズン中に戻れるかどうかという怪我のようですorz。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-10-25 03:00 | Game Summary
Preview - 2006 Week7 Washington @ Indianapolis
バイ明けの初戦となるWAS戦。しかしどうもWASは強いのか弱いのかイマイチよくわかりません。

WASのディフェンスはGreg Williams仕込みの46テイスト。JAX戦とTEN戦を見ると、Marcus Washingtonはかなりの頻度でスクリメージラインにセットしますし、OLの前に6人スクリメージに並べることも多いです。基本は前傾でブリッツ多めと見て間違いないでしょう。個人レベルでパスラッシュが強力と感じた選手はいませんでしたが、6人ラッシュとなると両Gが一対一でパスラッシュを防がなければいけない場面も増えるはずです。また、Joseph AddaiにはMarcus Washingtonをうまく拾ってもらいたいところです。
ブリッツ多めの戦術を取る場合、一番重要なのはDBのマンツーカバー能力ですが、カバーがいいと思ったのはFS Sean Taylorで、平気でWRのマンツーカバーまでこなしてます。Taylorを誰につけてくるかわかりませんが、WRにつけられてもミスマッチとは考えない方がよさそうです。一方でCB陣はShawn Springsが復帰したてのせいか、あまり目立ってなかったと思います。Kenny Wrightの一対一相手なら、INDのWR陣は優位に立てます。マンツー相手ならMarvin Harrisonのスラントはかなり有効になりそうです。
ラン攻撃では外はブリッツと鉢合わせすることが多くなりそうなので、内狙いの方がいいかもしれません。そこから内を締めれば外、外に広げれば内、とうまくLB陣を左右に振りたいところ。Manningのプレスナップリードがどれだけ効くかに注目です。オーディブルを控えめにしてくれても、それはそれでOKなのですがw。

WASのオフェンスはリバースやトリックプレイがやたら多い印象です。Clinton Portisのランを出され、リアクトを早くした挙句にビッグプレイを許すのが最悪パターンで、ランを出されてもベースでしっかり守っていけば、WASが勝手にこけそうな気もします。もちろんある程度、ラン二回で1stダウンを許さないことが必要ですが、、、ラン5回に1回くらいはノーゲインか1yくらいで止めてほしいものです。新加入のDT Anthony McFarlandはまだ先発はしないと思いますが、結構ローテで出てくると思いますので、スペースをうまくつぶしてほしいところです。
パスの方はBrunellの肩の衰えなのか、ディープ一発はほとんどないので、レシーバー陣のYACを防ぐことに集中すること。とくにSantana Mossには取らせても、レシーブした瞬間にはタックルすることですね。TE Chris Cooleyも取ってから結構パワーのある走りを見せるので、勢いをつけられる前にビシッとタックルすること。IND D#もこの取らせて仕留めることはここまでできているので、同じ形でいいでしょう。とりあえずPortisを150y以内、パスのビッグプレイを一つ程度という辺りを目標で。

27-20くらいで、連勝を伸ばしてほしいです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-10-22 19:00 | Preview
Week7 怪我人状況
Week7の怪我人リスト。バイ明けだけあって短くなって、、、いません。

QUESTIONABLE
DE Dwight Freeney (Shoulder)
OLB Gilbert Gardner (Thumb)
CB Marlin Jackson (Calf)
T Charlie Johnson (Hand)
DT Dan Klecko (Low Back)
G Ryan Lilja (Knee)
DE Robert Mathis (Ankle)
WR Aaron Moorehead (Back)
DT Montae Reagor (Knee)
DT Darrell Reid (Calf)
RB Dominic Rhodes (Ankle)
FS Bob Sanders (Knee)
C Jeff Saturday (Low Back)
P Hunter Smith (Groin)
WR Brandon Stokley (Knee)
DE Josh Thomas (Ankle)
FB Ben Utecht (Low Back)
K Adam Vinatieri (Right Groin)
WR Terrence Wilkins (Concussion)

PROBABLE
OLB Rocky Boiman (Knee)
CB Kelvin Hayden (Ankle)
DE Ryan LaCasse (Quadricep)
DB T.J. Rushing (Low Back)

とはいえ、実際出場が怪しいレベルの怪我はBob SandersとBrandon Stokleyだけで、あとは金曜日の練習には参加できています。

Bob Sandersは「月曜日には練習復帰できると思うよ。」と言っており、バイ前から練習を休み続けてることから考えてもWAS戦での復帰はなさそうです。しかし月曜日って練習はないのでは?と少し思ったり。

Brandon Stokleyも復帰しては怪我というのを繰り返してるだけに、さすがに次のWAS戦で復帰させるようなことはないと思います。

Dungy曰く、
「その二人以外の選手は日曜の試合に出られると思う。金曜日はいい練習が出来たよ」
とのことです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-10-21 23:22 | Colts News
ブーガー
キターーーーーーーーーーー(゜∀゜)ーーーーーーーーーーー!!!

トレード期限といっても毎年何事もなく過ぎ去るので、まさかこんな大きな話が舞い込んでくるとは思いませんでしたよ。TBのDT Anthony "Booger" McFarlandを来年のドラフト2巡との交換で獲得です。現地掲示板はお祭り騒ぎで、実況スレ以上の勢いでスレが伸びてますw。

少し前の記事で書いたようにPolianはランスタッファーは取らないと言ってましたし、今までの実績からして本当に取らないと思ってました。完全に騙されました(苦笑)。
2巡なら、全体64位になるように頑張れば(笑)大きな損失ではありません。今日はここまでを振り返って「プレイオフには多分行けるけど、そこでは非常に苦しい、特にSDはヤヴァすぎる」とか書こうと思ってたのですが、少し光が射した感じですね。

McFarlandの今期のプレイ振りは見ていませんし、今年のタンパはランを止めれていないのは少し気になるところで、プレイメーカーではない、ランプレイでもタックルできねーというタンパファン?の意見も見ました。名前ほどのインパクトをもたらしてくれるかはまだわかりません。
しかしNT向きでスペースを埋められるという点では、間違いなくINDの弱点を補う存在です。とにかくBrackettとJuneのどちらか一方をスムーズにボールキャリアに届かせてくれること、DE二人がおもいっきりオープンラッシュをかけられる環境作りを期待します。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-10-18 22:23 | Colts News
シーズンのここまでを振り返る・ディフェンス編
5週目までの各選手のプレイッぷりの感想、今度はディフェンスの選手について。

DE Dwight Freeney:
今でもDLで一番スタートもスピードも速く、プレッシャーをかけるときはかけてるんですが、キレや嗅覚が落ちていると感じます。Vince Youngに外を抜かれてTDを食らったプレイなんか、昨年なら止めていたと思います。DTとのスキマをつかれても、時々凄いロスタックルを決めていたのに、ここまで0サックはもちろん5タックルもかなり寂しい数字。是非とも人から獣に戻って欲しいところ。
「チーターだ!チーターだ!お前はチーターになるのだ!!」
なおジャガーには絶対ならないように。

DT Montae Reagor:
相手がランばかりでくるせいか、パスラッシュの威力は低下気味。相手を待ってプレイするのは苦手なので、一対一でコントロールされることが多くなっています。

DT Raheem Brock:
NYG戦ではNTの位置に入ることも多かったですが、ボロボロに走られたせいか、その後はUTに入ることがほとんど。しかしチームにNT向きの人材がいない orz。Reagorよりはランプレイ時にボールキャリアに絡んでることが多い気がしますし、2サックを決めるなどそれなりにはやれています。あとは首脳陣の使い方の問題。

DT Darrell Reid:
Reagorに代わってNTの位置に入ることが多い、INDの最重量DT。とはいえ290ポンドありませんが。Montae Reagorよりはランストップ能力はある、、、ってあまり誉め言葉になってないか。オフェンスにもゴール前でFBとして参加しますが、ブロックはそれほど強力ではありません。

DE Robert Mathis:
動きの悪いRTとマッチアップすることが多く、基本的にはスピード面で相手をカモにし、4.5サックと期待通りの活躍。ランでは押されてますが、電車道で押されるほどではなく、スピードを活かしてブロックを外してロスタックル決めることもあり。自分にできることはきちんとやっています。あとは首脳陣の使い方の(ry

OLB Cato June:
動きと反応は速いですが、DLがDLだけに残ったブロッカーに邪魔されること多し。あとどうしてもタックル後に引きずられるシーンが多いのも気になります。

MLB Gary Brackett:
ほとんどJuneと同じ特性を持っています。やはり引きずられるシーンが多いのが気になります。

OLB Gilbert Gardner:
完全にTEかFBにコントロールされていることが多いです。判断も微妙に悪い気がします。相手RBを仕留める際、JuneとBrackettは大抵ボールキャリアの近くにいますが、Gardnerは全然違うところにいることが多いです。ストロングサイドという事情もありますが、現時点では昨年のDavid Thorntonよりかなり落ちる印象です。

CB Jason David:
今シーズンはかなりよく、たぶんINDのD#で一番いいパスカバーをしてます。ここまでの試合で左側をパスで崩されたことはないはず。後ろのBetheaも貢献してると思いますが、Davidもよくやってます。

CB Nick Harper:
取らせてしとめることはできており、変なミスはほとんどありません。一回Plaxico Burressに頭越しのキャッチを決められましたが、あれはHarperの能力限界であってミスではないでしょう。あとはもう少しランサポートを頑張ってほしい。スティフアームで簡単に倒されることがちょっと多いと思います。

CB Marlin Jackson:
タックルやランサポートはいいのですが、カバー自体は少し甘い印象。常時出てるわけでもないのに、タックル数がチーム4位なのはタックル・ランサポートのよさでもあり、よく投げられているからでもあり。なおスペシャルチーマーとしては素晴らしいものがあります。

S Antoine Bethea:
カバー範囲は結構広いですが、相手を待って止めるタックルが多いのが少し気になります。余計に2,3ヤードを与えてる感じで、もう少しがっつりと止めて欲しいとも思うんですが、安全第一を考えるとしょうがないのでしょうか。

S Mike Doss:
早くもキャリアハイに並ぶ2INT。基本的にはごっつあんINTですが。カバーは安定しているのか、相手がランだけで崩せるからパスを投げてこないのかわかりませんw

S Bob Sanders:
試合に出ればプレイには絡みます。NYG戦はリードする展開だったのでさほど前に上げていませんでしたが、今後は前に上げるシーンが増えそうです。Simonなき今、バイあけのINDのラン守備改善の期待を一身に背負っていますが、そこまでカバー2のSに期待することが間違ってる気も。
[PR]
by captain_harbaugh | 2006-10-18 08:12 | Colts News