<   2007年 02月 ( 42 )   > この月の画像一覧
Corey Simon - #97 - DT
Corey Simon:公式サイト選手紹介
身長:6-2(188cm)
体重:300ポンド(135kg)
出身:Florida州 Pompano Beach
大学:Florida State
入団:05年FA(PHI->IND) 元00年ドラフト1巡6位指名
生年月日:1977年3月2日(29歳)

2006年スタッツ
なし

2006年感想
そもそも最初はすぐ直ると言う膝の内視鏡手術をしたはずが、いつまでたっても復帰できず、そのままNon Football Injury List入りしました。Polian曰く膝の怪我が原因ではないとのことなんですが、じゃあ何が原因なんだ、ということを未だに説明してくれていません。しかもここでNon Footballが理由と言うことで一部サラリーが支払われなかったんですが、そのことでSimonとチームの信頼関係が悪化したとも言われています。噂ではSimonは完全にやる気を失っていて、オーバーウェイトの状態にあると言われていますが、実際のところはよくわかりません。Polianの方はSimonが2007年シーズンに復帰可能かはわからない、とコメントしています。
2005年のプレイ時にはランに押されない強さを見せ、体を絞った今年はパスラッシュでも活躍できると期待していただけに本当に残念な状況です。加入時に5年30ミリオンの契約をしていますが、確かボーナス5ミリオン、2006年に8ミリオンのオプションボーナスと言う契約だったかと思います。2006年のオプションボーナスをどう処理したかが問題で、これが契約期間に平滑化されている場合デッドマネーが9ミリオン残ってる計算になり、カットはとんでもないという話になります。一方2006年単独でオプションボーナスが処理されてるならデッドマネーは3ミリオンとなります。少し調べてみたのですが、どちらなのかよくわかりませんでした、、、
とにかく謎が多い状況なんですが、Simonが2007年にコルツでプレイする確率は高くなさそうです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-02-28 02:39 | Former Colt
Montae Reagor - #90 - DT
Montae Reagor:公式サイト選手紹介
身長:6-3(191cm)
体重:285ポンド(128kg)
出身:Texas州 Waxahachie
大学:Texas Tech
入団:03年FA(DEN->IND) 元99年ドラフト2巡58位指名
生年月日:1977年6月29日(29歳)

2006年スタッツ
タックル 10個(8.0ソロタックル+2アシスト)
サック 1個
ファンブルフォース 1個
ファンブルリカバー 1個

2006年感想
Week7のWAS戦の前に交通事故を起こし、眼窩骨折という重傷を負いシーズンアウトとなりました。フットボールのようなコンタクトスポーツをやることには医者は懸念を持っているという噂があり、Polianによるとまだ2007年シーズンに復帰可能かはわからない、という状況です。一応スーパーボウルのメディアデイの時は#90のジャージを着て参加してたようです。
プレイ面ではランプレイで受けてたった場合、あっさりとどかされる面があります。パスラッシュは悪くない選手なんですが。。。
IND加入時に6年契約を結んでおり、契約は2008年まで。ここからのサラリーは平均2ミリオンを超えることもあり、健康状態に不安がある場合カットと言う選択もあります。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-02-28 02:33 | Former Colt
Dan Klecko - #61 - DT
Dan Klecko:公式サイト選手紹介
身長:5-11(180cm)
体重:275ポンド(124kg)
出身:New Jersey州 Colts Neck
大学:Temple
入団:06年FA(NE->IND) 元03年ドラフト4巡117位指名(NE)
生年月日:1981年1月12日(25歳)

2006年スタッツ
タックル 4個(4.0ソロタックル)
サック 0個
ファンブルフォース 0個
ファンブルリカバー 0個
レシーブ 1回2y1TD

2006年感想
Kleckoのことを調べて、初めてColts Neckという地名を知りましたw。
開幕直前にNEにカットされたところを獲得しました。NEでは一旦DTからOLBに回されたりしてましたが、INDではローテのDTとして使いました。たまに入ってきては真ん中から前に突っ込んでいたという印象で、とにかく前に突っ込んでなんぼという選手に見えました。
ただ、Kleckoの場合どちらかというと印象に残ってるのはFBとしての活躍でしょう。一時はDarrell ReidがやっていたFBに入り、ブロックでもレシーブでもなかなかの活躍を見せました。レシーブ面ではレギュラーシーズンで一つ、ポストシーズンで一つのTDを記録してます。また、ひたすら前に突っ込むプレイスタイルがFBとしてのブロック面で花開いた、とか言ってみます。
今オフはUFAになります。FBとしてそれなりに活躍したとはいえ、DTとしてはあくまで控えの控えで、スペシャルチームでも実績がないKleckoを引き止める可能性は薄いでしょう。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-02-28 02:30 | Former Colt
Darrell Reid - #95 - DT
Darrell Reid:公式サイト選手紹介
身長:6-2(188cm)
体重:288ポンド(130kg)
出身:New Jersey州 Freehold
大学:Minnesota
入団:05年ドラフト外
生年月日:1982年6月20日(24歳)

2006年スタッツ
タックル 15個(10.0ソロタックル+5アシスト)
スペシャルチームタックル 11個(8ソロタックル+3アシスト)
サック 0個
ファンブルフォース 0個
ファンブルリカバー 0個

2006年感想
気がつけばIND唯一の生え抜きDTとなった若手DT。McFarland, Brockに次ぐ3番手DTで、ローテーションプレーヤーとしてはなかなか使える選手と言えるでしょうか。意外にダブルチーム耐性が高く、パワーはなかなかでポイントオブアタックでは体重の割には強さがあります。一方で横の動きはそれほどよくなく、自分以外のところに走られると脆い面があります。また、縦のスピードはそれなりにあるものの動きのバリエーションは少ないので、パスラッシュ面ではあまり存在感がありません。スペシャルチームではまずまずの働きを見せます。
2005年のルーキー契約があと1年残っており、Montae ReagorとCorey Simonが両方元気に復帰してこない限り、来年もロスターに残ると思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-02-28 02:27 | Former Colt
Raheem Brock - #79 - DT
Raheem Brock:公式サイト選手紹介
身長:6-4(193cm)
体重:274ポンド(123kg)
出身:New Jersey州 Newark
大学:Temple
入団:02年FA 元02年ドラフト7巡238位指名(PHI)
生年月日:1978年6月10日(28歳)

2006年スタッツ
タックル 47個(33.0ソロタックル+14アシスト)
サック 3個
ファンブルフォース 3個
ファンブルリカバー 3個

2006年感想DEからDTにコンバートされどうなるかと思った一年ですが、大穴になっていたわけではないと思います。やや軽いですが身体能力はなかなか高く、DE時代はしばしば相手タックルを飛び越えてサックを狙ってました。DTとしては間違いなくクイックネスがある方でしょう。
基本的にはGとTの間、いわゆるUTの位置にセットします。ブロックを外してボールキャリアにペネトレイトで絡んでいくことはまずまずできてましたし、電車道で奥まで押されるほどではなかったと思います。まあ、2y取りに来られたらほぼ取られる状態ではありましたが、、、DTに回ったことと相手がパスを減らしたことでサック数は昨年より減っています。が、そんな中でファンブルフォース3個はなかなかの数字と言えるでしょう。
とりあえず現状のチーム状況では、Robert MathisとDwight FreeneyがいるDEの控えに回すことはサラリー構成上難しいと思うので、まだしばらくDTでプレイしてもらうしかなさそうです。ペネトレイターとして存在感を出してくれれば、と思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-02-28 02:24 | Former Colt
Anthony McFarland - #92 - DT
Anthony "Booger" McFarland:公式サイト選手紹介
身長:6-0(183cm)
体重:300ポンド(135kg)
出身:Louisiana州 Winnsboro
大学:LSU
入団:06年トレード(TB->IND) 元99年ドラフト1巡15位指名(TB)
生年月日:1977年12月18日(29歳)

2006年スタッツ
タックル 41個(29.0ソロタックル+12アシスト)
サック 2.5個
ファンブルフォース 0個
ファンブルリカバー 1個

2006年感想
ドラフト2巡とのトレードで緊急補強した、INDで数少ない300ポンド級DT。同じLSU出身のAddaiと並んで大きな補強となりました。ディフェンス陣の中で最もNFLキャリアが長いこともあり、途中加入ながらリーダーの役割もこなしつつ、プレイ面でも期待通りの貢献を見せました。
プレイ面では基本のセット位置はCとGの間、いわゆるNTの位置になります。ランについて言えば、ダブルチームを食らうとかなり押し込まれますが、一対一なら簡単には押し負けません。まあ純粋にパワーで勝つと言うよりは、一歩目の速さで優位に立ってる感じですが。ペネトレイトの威力はなかなかで、しばしばバックフィールドに侵入して相手オフェンスのプレイを壊します。サックは2.5個ですが、ロスタックルへの貢献やQBプレッシャーといった面でもかなり貢献しています。スーパーボウルでもスピンムーブから大きなサックを決めました。特別とまでは言わずとも、かなり効果的な選手でドラ2には十分見合ったといえるでしょう。
契約は2008年までとなっているようで、2007年からサラリーが跳ね上がります(TBがトレードに出した原因)。キャップがきつくなってくる今後、2008年までキープできるものかわかりませんが、代わりの当てもないのでできれば確保しておきたいところです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-02-28 02:21 | Former Colt
Jeff Saturday - #63 - C
Jeff Saturday:公式サイト選手紹介
身長:6-2(188cm)
体重:295ポンド(134kg)
出身:Georgia州 Atlanta
大学:North Calorina
入団:99年FA 元98年ドラフト外(BAL)
生年月日:1975年6月8日(31歳)

2006年感想
IND OLのまさに中心と言える選手。キャリア最高のシーズンといっていい一年で、Pro Bowlに2年連続で選出されました。特にポストシーズンでは鬼神の活躍を見せました。AFC決勝のNE戦、最後のTDランでVince Wilforkを完全に吹き飛ばしたブロックはメディアでも何人か取り上げており、Peyton Manningは「(自分にとっては)数年に一度の素晴らしいブロック」と絶賛しています。
レギュラーシーズンでもJAXのDTコンビに持ち味を消されたのと、DAL戦でJason Fergusonに苦戦した以外は安定した活躍ぶりでした。「INDのベストOL」の評価をTarik Glennから奪ったかもしれません。
テクニックは元より評価されていましたが、今年はフィジカル的にも非常に充実していたと思います。ランブロック、パスプロ共に安定していました。Jake ScottとRyan Liljaとの連携ももちろんよく、OLの中心としてのブロックのコール面での貢献も大きいです。そしてGlennと並んで非常に怪我が少なく、計算が立つのが嬉しいところです。
2003年のオフシーズンに2008年までの6年24ミリオンの契約を結んでいます。チーム側からカットすることはキャリアエンド級の怪我をしない限りあり得ないでしょうし、とりあえずあと2年、IND OLの中央を支えて欲しいです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-02-27 02:40 | Former Colt
Matt Ulrich - #69 - OG
Matt Ulrich:公式サイト選手紹介
身長:6-2(188cm)
体重:309ポンド(139kg)
出身:Illinois州 Streamwood
大学:Northwestern
入団:05年ドラフト外
生年月日:1981年12月30日(25歳)

2006年感想
これまた叩き上げ中のOG。基本的にプラクティス・スクワッドといったりきたりを繰り返してる、ロスター当落線上の選手。一応数試合出場の実績となっていますが、オフェンスのスナップに参加した回数は0に近いと思います。AFMの選手名鑑によれば、機動力よりパワー型ということになっています。
今オフはNFLヨーロッパに送られることになりました。今ドラフトでOGを一人獲ると仮定すると、Scott/Lilja/Gandy/新人で4人のOG枠が埋まりますから、相当の実績を上げない限りロスター残留は厳しいかと思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-02-27 02:13 | Former Colt
Dylan Gandy - #57 - OG
Dylan Gandy:公式サイト選手紹介
身長:6-3(191cm)
体重:302ポンド(136kg)
出身:Texas州 Herlingen
大学:Textas Tech
入団:05年ドラフト4巡129位指名
生年月日:1982年3月8日(24歳)

2006年感想
Indy恒例、ドラフト下位指名-育成中OG。Ryan Liljaが怪我で抜けている間、スターターをつとめました。機動力と言う面ではLiljaに劣りますが、まっすぐ押す力はLiljaより上でしょう。ただ特にダウンフィールドに出た場合、誰を取りにいくか戸惑うような場面なんかもあり、もう少しその辺の判断・連携力を鍛えて欲しいところです。現時点ではDEないしDTと戦わせれば持ち味を発揮する選手と言えるでしょうか。
契約は2007年までで、そこでRFAになります。来オフにテンダーで引き止める第一候補でしょう。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-02-27 01:42 | Former Colt
Ryan Lilja - #65 - OG
Ryan Lilja:公式サイト選手紹介
身長:6-2(188cm)
体重:290ポンド(131kg)
出身:Missouri州 Kansas City
大学:Kansas State
入団:04年FA(KC->IND) 元04年ドラフト外(KC)
生年月日:1981年10月15日(25歳)

2006年感想
元KCのドラフト外で、ウェイバーにかけられたところを拾った選手。Jake Scottと同期で、プレイスタイルも近いのでなんとなくセット感覚の選手です。もっとも2006年のプレイで見ると、個人能力はScottの方がやや上でしょうか。やはり機動力&連携力がウリのタイプです。動きは軽く、LBを取りに行くと力を発揮します。一方でパワーのある相手のブルラッシュに弱点があります。
今オフはScott同様RFAですが、やはりドラ2がもらえるテンダーオファーを出すと思います。来オフは相当安くならない限りは手放し、Dylan Gandyに後を譲ることになるのではないかと見ています。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-02-27 01:32 | Former Colt