<   2007年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧
感想 - 2007 Week17 Tennessee@Indianapolis
隣州からの大きな期待がかかった最終戦。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-12-31 21:12 | Game Summary
Preview - 2007 Week17 Tennessee@Indianapolis
最終戦、INDにとっては勝敗に意味がないながら、プレイオフ進出を賭けた全米中継というちょっとやりにくいTEN戦です。

まずオフェンスですが、この試合Marvin Harrisonを出すという話が出ています。もちろんHarrisonの回復自体は嬉しいんですが、正直だすのはどうだろう、と思います。というのも、Harrisonの連続試合キャッチ記録があるからです。出すのはPeyton Manningとタイミングを合わせるためと明言してますし、TENがここに網を張ってなかなかHarrisonに通せなかった場合はずるずると出場時間が増えそうです。正直ManningとHarrisonなら今までの蓄積でどうにかなるとも思うのですが。

休ませるにせよプレイさせるにせよそれはDungyの決断ではありますが、元々Sorgiを大半出すと言ってる試合で変にどっちつかずの半端なことにならないかが不安です。

また、先週軽い怪我をしたAnthony Gonzalezも出場の方向です。こちらは身体が問題ないならスロットに入れてのプレイを少し試しておきたいですね。

この辺の兼ね合いで、1シリーズかと思ってたManningと一本目の出場時間が延びる可能性はあります。それでも半分以上はJim Sorgiがプレイすると思われます。おそらくSorgiのこれまでのNFLキャリアの中でも、もっとも多くの(CLE)ファンの期待を背負っての試合です。
Sorgiはビッグプレイはできないまでも、それなりにターンオーバーを抑えてドライブは作れるんじゃないかなあ、と思います。TEN相手だとランが出なさそうですから苦しいのは確かですが、数本得点を取ることくらいはできると思います。叩き合いになったらどうにもならないでしょうけど、TENの得点を抑えていけば試合にはなるんじゃないかと。

ということで試合になるかどうかはディフェンス次第。単純なランだけならそれなりには止められる気もしますし、Vince Youngのパスはやはり不安定ですからパスラッシュ不足も致命傷にはならない気がします。
ただ、TENはこの試合は全力を持って勝ちにくるはずです。Youngのスクランブルも使えるだけ使ってくるでしょうし、過去の経験ではスクランブルに振り回されると結構進まれます。Clint SessionやBranon Conderenといったルーキー中心のラインナップがどれだけスピードを発揮してこれを抑えられるかが注目点でしょう。
DLのローテ要員も少ないだけに、3rdダウンをちくちくクリアされてラン中心でボールコントロールされると破綻しそうです。この3rdダウンでYoungがミスするかしないか、スクランブルでおっつかないくらいのロングシチュエーションを作れるかの勝負というところでしょう。

なんにしてもまずは怪我なく終わってほしい試合です。その上で、ルーキー達にいい収穫があるといいのですが。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-12-30 14:07 | Preview
Bob Sanders 再契約
キターヽ(゚∀゚)ノー( ゚∀)ノー(  ゚)ノーヽ(  )ノーヽ(゚  )ーヽ(∀゚ )ノーヽ(゚∀゚)ノーー!!!
APでBob Sandersと再契約を結んだとのニュースが報じられました!

2008年から5年37.5M、うち20Mが保証されてるとのことです。Sとしては若干高めですが、Ed Reedが6年40Mですからまあこんなものか。まあ、そういったキャップの計算とかを全部抜きにして、あと5年Sandersのハードヒットが見られるのは素直にうれしい!この再契約については全面的にPolianを支持します。あとは5年間、できるだけ怪我しないことを祈るのみです。

INDが契約が切れる前に再契約を結ぶというのは結構珍しいです。大体INDの大物はフランチャイズタグを貼って、そこからばーんと長期契約を結ぶというイメージがあるのですが、それだけBob Sandersを重視しているということでしょう。

DL陣はFreeney, Mathis, Brockと長期契約を残した選手が多く、Sandersの再契約でセカンダリの柱もしばらくは健在。LBとCBはある程度入れ替えを上手にやれるチームですし、当面それなりの守備力を維持できそうです。まあ、こういう柱に大量投資するタイプのチームはその柱に怪我があるとガクッと力が落ちるのですが、その時はその時ということで(爆)。

これで来オフの残る大物FAはDallas Clarkだけ。こうなるとClarkにはフランチャイズタグを使ってでも引止めにかかるかもしれません。

バックロード型の契約を抱えた選手が多いだけに、今後本当に大丈夫なのかなあ、という不安もあるのですが。CBA更新時のキャップ枠拡大で一息ついたものの、Manningの来年のキャップヒットは20Mくらいになるはずだし、、、
Anthony McFarlandあたりは維持できなくて手放すことになりそうです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-12-29 17:08 | Colts News
観戦記- 2007甲子園ボウル 関西学院大学 vs.日本大学
めちゃくちゃ遅くなって思いっきり時期をはずした気もしますが、一応甲子園ボウルの観戦記を書いておきます。

e0085932_2030348.jpg
写真は最後の勝負!

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-12-28 23:22 | Other
感想 - 2007 Week16 Houston@Indianapolis
外は吹雪。でもドーム内は快適。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-12-24 22:16 | Game Summary
Preview - 2007 Week16 Houston@Indianapolis
今期二回目のHOU戦となります。正直現状だとHOUのINDを倒すモチベーションがINDのモチベーションを上回りそうです。

INDオフェンス対HOUディフェンス。
基本的にはHOUのDLの圧力をINDのOLがどうしのぐか、その一点。絶賛覚醒中Mario Williams筆頭に、「Manningにプレッシャーをかけること」その一点を目指してあくなき補強を繰り返してきたDL陣を、現在やや調子落ちのIND OLがどうしのぐか、でしょう。
3週目で当たったときかなり印象的だったAmobi Okoyeはやや調子が落ちていそうですが、右側にMario Williamsが並びますし、Okoyeが押し込んできてMario Williamsの自由度が増すとかなり危険そうに感じます。全体的なパワー面でもなかなか強いですし、Addaiのランもそれほど出なさそうな気がします。
HOUの場合はフロントに比べて後ろがどうしても弱いですから、勝ちに行くならAddaiをパスプロ要員にしてReggie Wayne, Anthony Gonzalez, Dallas Clarkの3人で勝負していくのがベストでしょう。
ただ、できれば正面からHOU DLと勝負して勝つ、6人プロテクトまででがっちり抑えきる、といったプレイ振りが見たいところです。今回はRCAですからアウェイでの対戦時よりはスタート面でも有利でしょうし、ポストシーズンに向けOLの調子を上げていってほしいです。

INDディフェンス対HOUオフェンス。
前回いなかったAndre Johnsonが復帰してるということで、こちらはある意味別チーム。
今のパスラッシュがかからないINDではAndre Johnson, Kevin Walter, Andre Davis, Owen Danielsと並ぶレシーバー陣はかなり脅威になりそうです。DENに快勝したときのプレイブックを見るとSage Rosenfelsも大きな問題がなさそうですし、つないでつないでのロングドライブを決めきっています。前回対戦ではペネトレイトすることでかなりHOUのプレイを壊してましたが、Freeneyもいない、Mathisもいない、Brockもいないという状況ですし、刻ませればどこかでプレイをこわしてぶった切れる、という展開は期待できない可能性が大きいです。個人的には現在注目中のQuinn Pitcock辺りにいいパワーラッシュを見せて欲しいですが。
ランではAhman GreenはIR入りしたもののRon Dayneが快調のようです。しかしDayneはスピード面ではやや落ちるランナーですから大怪我はないでしょう。Freddy Keiaho, Gary Brackett, Tyjuan Haglerの集散をドームを活かして見せて欲しいところです。ただショートヤーデージは安定してとられそうです。Gary Kubiakのコールと併せて、ある程度コントロールはされると思います。Rosenfels/Shaubのパスが通らなければどうにでもなるのでしょうけど、結構3rdダウンショートを残しては更新される歯がゆいドライブが多くなりそうな気がします。

シード順まで決まっているとはいえ、特にOLに頑張ってほしい一戦です。もしTony UgohやJeff Saturdayが故障したら真剣に先がやばいのでさじ加減は難しいですが、自分がHCなら今週は試合通してスターター組を出します。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-12-23 02:37 | Preview
プロボウル
今年は5人。

QB Peyton Manning
WR Reggie Wayne
RB Joseph Addai
C Jeff Saturday
S Bob Sanders

Peyton Manningはまあ妥当。Derek AndersonやDavid Garrardの声も聞くものの、やはり迫力面でかなりManningが上だし、知名度面でも圧倒的優位。

Reggie WayneはAFCではRandy Mossに次ぐヤーデージを記録し、TD数でも4位。プレイ振りは昨年比では落球が多い気がするものの安定感は高く、選出は当然でしょう。

Joseph AddaiについてはFred Taylorが出るべきだったと各所で言われているようです。確かに今年のTaylorの走りっぷりは凄いし、走るだけならAddaiより上かもしれません。ただ抜群の決定力、ブロックの安定性、パスキャッチからのRACといった点から総合力を見ればAddaiのプレイは決してTaylorに引けをとるものではありません。同じくらいの評価なら「今まで恵まれなかったTaylorを出せ」という気持ちはわかりますが、私は十分妥当性のある選出と思います。

Jeff Saturdayは選出は妥当と思ってますが、スターターだったのは意外といえば意外。今年の調子だとDan Koppen辺りにひっくり返されるかな、とも思ったのですが、昨年の暴れっぷりの分でファン投票で優位に立ったのが効いたかも。

Bob Sandersは当然。もし選ばれなかったら暴れますw。

他ではDallas ClarkはGonzalez, Gates, Winslowの壁が高すぎですし、Gary BrackettもDeMeco RyansやRay Lewisをひっくり返すほどではないでしょう。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-12-20 22:39 | Colts News
感想 - 2007 Week15 Indianapolis@Oakland
遅ればせながら映像見ました。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-12-20 00:19 | Game Summary
スタッツ感想 - 2007 Week15 Indianapolis@Oakland
今週はちとバタバタしてるんで、映像は水曜のG+まで待つ予定。ということでスタッツとプレイバイプレイを眺めて感じたことだけ先にメモ。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-12-17 23:43 | Game Summary
Preview - 2007 Week15 Indianapolis@Oakland
今週はOAK戦。Peyton Manningにとって初めてのOaklandでの試合だそうです。10年やっててもカンファレンス内でまだ行ってない場所があるんですね。

OAKオフェンス対INDディフェンス。
とにかくパスオフェンスがよくないというのが最近のOAKの特徴。新人のZach Millerはそれなりに活躍しているし、Joey PorterとRonald Curryは悪い選手ではないけどダブルチームじゃないと守れないとか言うほどでもなさそう。そしてJosh McCownのパスはやはり安定性に欠けますし、精度が落ちるQBはINDにとって得意のタイプです。ひょっとしたらJaMarcus Russellを相手にすることになるかもしれませんが、、、ちょっと見てみたくはあります。
一方、ランオフェンスはJustin Fargasを軸にかなり安定しています。シーズン前はDominic Rhodesとの対戦だと思ってたのですが、Fargasの活躍でRhodesの出番はさっぱりないようです(爆)。
どちらかというと速いタイミングのスピード勝負のランを中心としているようで、こちらはINDにとって苦手なタイプの気がします。ただ、もちろん「ランだけ」の相手ならBob Sandersを上げて8メンで止めに行きます。DL陣はJosh Thomas, Ed Johnson, Keyunta Dawson, Jeff Charlestoというパスラッシュ力の大きく落ちるスターターになりますが、おそらくラン守備だけならSandersさえ上げられれば止まると思います。
Sandersの相方で奥へのパスをINTし続けてきたAntoine BetheaがおそらくOUTという面でもややSandersを上げていく不安もあるものの、代わりに入るMatt Giordanoもスピードはありますし、それを活かして奥をしっかり守って欲しいです。

OAKディフェンス対INDオフェンス。
Warren Sappはさほど調子よくないですし、Derrick BurgessとChris Clemonsというスピードラッシャーはいるものの、REに入ってTony Ugohの相手となればUgohにとってはやりやすい相手だと思います。Ryan DiemがOUTで一番の急所のLEにはあまり強い選手がいません。ただ3rdダウンだと3rdダウンだとDerrick BurgessがLEに入ったりするかもしれませんが、、、変化もさほど多くないようですから、そういう面でもPeyton Manningにとってはやりやすそうです。Nnamdi AsomugaはいいCBですが、アメフトではどんなにいいCBでも一人を消すのが精一杯。WayneとGonzalezの空いた方とDallas Clark、そしてたまにUtechtでパスは機能するでしょう。
また、ランディフェンスでは非常に苦労しています。ランに強いDLがあまりいない感じですし、LBもそれほど揃ってませんからここ数試合ちょっと苦戦しているランオフェンスには奮起を期待します。Joseph Addaiのキャリーは20回までに抑えて欲しいとも思いますが、Kenton KeithやClifton Dawsonにもキャリーさせてきっちりランを出して欲しいところ。

正直言って、第2シードはほぼ決まっています。しかしまだ確定ではないですからきちんと今いるベストの選手を出すでしょうし、その状態でスーパーを目指そうというチームが負けてはならない相手と思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2007-12-15 23:28 | Preview