<   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
感想 - 2008 Week3 Jacksonville@Indianapolis
やっと試合を見返すことができました。

巷ではWeek4とかMillenのクビとかが話題なわけですが、こちらではマイペースでWeek3の試合を振り返ることにします。

ちなみにNFL Gamepassで見返せばいいか、とG+の録画をしてなかったら、アーカイブになってもINDの1stドライブは入ってなかったですorz。そこは完璧だったというにわかコルツファンさんのコメント見て楽しみにしてたのにw。ということで1stシリーズ以外を見返しての感想をば。

オフェンス:
基本的によかったのだけど、細かいミスがもったいなかったなー、という感想です。2ndシリーズのAnthony GonzalezへのパスはGonzalezがそのまま前に倒れさえすれば1stダウンなのに、そこからゲインを目論んで更新ラインの後ろに下がってしまい、タックル食らう。3rdダウンで更新ラインにいるというのをわかってなかったのかな、、、3rdシリーズではReggie Wayneが真正面のパスを落球し、Ryan Diemのフォルススタートもあってストール。そして後半最初のHaydenのINTの後のドライブで、マックスプロテクト・二人だけリリース(Addai遅れてリリース)のパターンに2フリーぶつけられるという完全なプレイコール負けに関わらず、投げ捨てずにトリプルカバーに投げ込む判断ミスでINT。それ以外にもフォルススタートが何回か。ストレッチプレイを中心にランが出まくっていただけに、これらのミスがなければスコアに持っていけた可能性は高かったと思いますし、それでリードを広げておけばJAXのランランランを止める効果もあったと思うのですが、、、
HarrisonへのパスをINTしたRashean Mathisですが、見返したら完全にHarrisonのジャージ引っ張ってますね。あれはパスインターフェア。そうだよ、Mathisは目立たないようにこういうことするのが得意だったよ、、、時々奥も取れてたし(Manningのパスとは合わなかったけど)、HarrisonがMathisに完敗みたいな表現は取り消しておきますw。まあ往年のクイックネスがなくなってるのも確かですけどね、、、
ランについてはJeff Saturday復帰で明らかに中央が安定してたと思いますし、LTのCharlie Johnsonもここ最近で一番の出来だったと思います。ストレッチプレイでDLに割られることなくJoseph AddaiがOLの後ろで待機できたため、Addaiのデイライトが活きました。戦前はもっとやられるかと予想してたReggie HaywardもCharlie Johnsonが圧倒。この辺はJAXのディフェンスがMarcus Stroudが抜けたことでやはり弱くなってる、という気もしなくもないですが、OLユニットとしては復調傾向でしょう。兄者も基本は調子が上がってる方向と思うので、バイの間にしっかりタイミングを整えればオフェンスは十分形になると思います。

ディフェンス:
Bob Sandersが抜けたと言うのが非常に懸念されていたわけですが、代役のMelvin Bullittは結構頑張っていたと思います。まあドローの時に飛んでくる速さはBobとは比べ物にならないとは思いますが、エイトメンボックスでスクリメージ近くでプレイする分には決して悪くなかったんじゃないかと。
個人的には前半はClint Sessionのミスが気になりました。Taylorとの一対一で遠くから飛び掛ってさくっとかわされ外に取り逃がすとか、ダンプパスで無理にパス弾きに行ってミスってロングゲインにつなげられるとか。なんというか狙いすぎなプレイが気になりました。後半は大分よくなってたようには見えたので、それなりにアジャストしたとは思いますが。
この試合は終始パスラッシュがかかりませんでしたが、パスシチュエーションでパスラッシュをかけに行った時にランでビッグゲインを許した影響が大きいと思います。キーとなったのが2Q、1stアンド20からFred Taylorに27y走られたプレイかと思います。このプレイ、パスシチュエーションとみたかDLを思い切って広げてラッシュをかけに行き、DE/DT間に恒例の大きな隙間が空きました。それでもFBはMelvin Bullittが受け止めFreddy KeiahoがTaylorと一対一。触りもせずに外まくられましたorz。まあTaylorとJones-Drewを一対一で止めるのはかなり大変なのはわかるのですが、ここでKeiahoがTaylorを止めてくれてれば結構その後も状況が変わった気もするんですが、、、その結果その後は常にDLはタイトにセットさせ、とにかくランを中心にケアすることになってほとんどラッシュはかからなくなりました。
ちなみにその後パス守備重視のラインナップ入れたのは後半のホールディングを取って2ndアンド17になったところくらいでしょうか。このプレイではDTにRaheem BrockとKeyunta Dawson, DEにDwight FreeneyとRobert Mathisを置く最速布陣で挑みましたが、2TEからフロントセブンが綺麗に一対一でコントロールされた上に反対側のAntoine Betheaがうかされ届かず、エイトメンボックスを突破されました。
LaJuan Ramsey(彼INDのDLの中ではかなりでかいですね)、Darrell Reid辺りが入っていて、Clint Sessionのパスートミスがない時はランに対してそこそこ戦えてたようにも見えましたが、そうなるとラッシュがかからなくなるんですよね、、、そしてほとんどMatt JonesとJones-Drewしかいないようなターゲットに通されて1stダウン。まあ、かなりイライラさせられましたw。
あとJAXのラストドライブ、Freddy Keiahoのパスインターフェアですが、マンカバーでその対象だけを見て走ってたら死角からクロスするルート走ってくるReggie Williamsと接触するのは仕方ないかな、、、強いて言うなら、ここはプレイコール、時間を使わせることを重視して、短いのを投げさせすぐ仕留めるスタンスでカバー2でよかったんじゃね?と思わなくもありませんが。その次のプレイはチップしたパスがスポッとFB Owensに収まっちゃうし、ツキもありませんでした。
個人的には、ロクに引き出しのないJAXオフェンスに結構プレイコール負けしてロングドライブを何本か許してしまったという印象があります。ただ予想の裏とられるとどうにもならない、というのはかなり困ったものだよなあ、、、そしてSessionのミスなどは改善されるでしょうけど、一対一の強さなどはそれほど改善の余地はないでしょうし、脆さは残るでしょう。

個人的にはバイまでに1勝しておけばプレイオフは十分狙えると見ていましたが、やはり地区内相手にホームで落としたのはかなり痛いです。そしてシーズン中盤には@GB, @TEN, NE, @PITとかなりきつい日程が待っています。とりあえずまず次週、@HOUはMUST WIN GAMEでしょう。オフェンスの復活に期待します。
[PR]
by captain_harbaugh | 2008-09-28 21:44 | Game Summary
Memo - 2008 Week3 Jacksonville@Indianapolisその2
後半戦

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2008-09-22 07:01 | Gameday
Memo - 2008 Week3 Jacksonville@Indianapolisその1
前半戦

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2008-09-22 05:29 | Gameday
Preview - 2008 Week3 Jacksonville@Indianapolis
開幕前はAFC-Southの優勝争いをすると目された地区内ライバルJAXとの一戦です。お互いに非常に怪我が多いので、これまでの傾向とはちょっと違う展開になるかもしれませんが、さてどうなるか。

まずJAXの怪我人、PROBABLEは割愛。
OUT
LB Justin Durant
WR Troy Williamson
C Brad Meester
OG Chris Naeole

QUESTIONABLE
WR Joey Porter

個人的にDurantのスピードはかっていただけに、Durant欠くのは結構痛いんじゃないかと推測します。MeesterとNaeoleは控え級ですが、ただでさえVince Manuwai, Maurice WilliamsがIR入りしているOG陣を考えてもデプスが薄くなっているのは間違いないでしょう。レシーバー陣ではTroy Williamsonについては元々評価してないですがw、WR Joey Porterが出てくるかどうかは結構効きそうです。先週・先々週と限定練習をして試合は休むという形だったんですが、今週も限定練習のようです。出てくるかどうかは五分五分でしょう。

一方IND。
OUT
S Bob Sanders
OT Tony Ugoh
OG Mike Pollak
TE Jacob Tamme

QUESTIONABLE
S Matt Giordano ×
DT Keyunta Dawson ○
DT Daniel Muir ○

Sandersがいないのもかなり痛いですが、Ugohが欠けたのもかなりつらいです。Charlie JohnsonがLTに回り、Jamie RichardがLGに入ることになるでしょうか。そしてDT Keyunta DawsonまでQuestionableになってるのが気になります。練習はフルでこなしているので出場するとは思うのですが、、、
その一方、Jeff SaturdayとDallas ClarkはPROBABLEまで回復しており、復帰できるようです。

INDオフェンス対JAXディフェンス。
過去の対戦を振り返ると、大抵の場合はIND OLはJAX DLにかなり苦戦しています。Marcus Stroudが抜けたと言うことで中央の力はやや落ちたように見えるものの、John Hendersonは健在。磐石なDLが時々押せるDLに変わったくらいのようにも見えますし、Rob Meierは過去も結構いいペネトレイトを見せていました。IND側もC Jeff Saturdayが復帰するのは幸いですが、怪我明けでどこまで働けるのかという不安はあります。パスプロ面では中央以外にLT Charlie JohnsonとスピードラッシャーQuentin Groovesとのマッチアップも不安ですし、3rdダウンではReggie HaywardがDTの位置からラッシュかけてくるのでOG陣も手一杯になるでしょう。全体的な力量比較で行くと、やはり基本的には押せない、漏れてくることはむしろ増える可能性さえある、と推測します。
LBで言えばDurantは欠けるとはいえ、全体的にスピードがあってカバーが上手です。Mike Petersonはややスピードが落ちたように見えなくもないですし、ClarkやスロットのWayneにマッチアップできるレベルとは思わないんですが、、、ランについて言えばDaryl Smithはさほどブロックには強くないので、スロットClarkのブロックでうまく外に出られればかなりのゲインも望めそうなんですが、その前にCharlie JohnsonかRyan Diemが割られてロスと言うのもかなり容易に想像できてしまいます。
さらにセカンダリとのマッチアップで言えばRashean Mathis対Marvin Harrisonは今回はかなりきつそうです。マンで一対一で完封されるかもしれません。
パスは3WRからアンダーニースを横切らせる、あるいは3人(orClark入れて4人)揃って奥に走ってDrayton FlorenceやGerald Sensabaughの一対一を狙っていく、といった方策である程度は通していくことが可能とは思うものの、それだけでは手詰まりになるでしょう。できればJohnsonとDiemに奮起してもらって、せめて3y平均のランを出して欲しいです。

INDディフェンス対JAXオフェンス。
ランを出さねば始まらないのにランを出せていないのがこの2試合のJAX。ただし相手はあくまでAlbert HaynsworthがいるTEN、Marcus StroudがいるBUFなわけで、NTをルーキーFA Eric Fosterがつとめる上にBob Sandersを欠くINDが、同様にMaurice Jones-DrewとFred Taylorを止められるかどうか。
SではMelvin Bullittの先発が濃厚です。MIN戦ではかなりいいヒットを見せてADを止めるのに貢献していましたし、ラン相手には結構やってくれるのではという期待はあるものの、当たり前ですがSandersの守備範囲・反応速度はありません。先週のADと比べてさえ一回抜けてしまった場合のビッグプレイ能力は上と思いますし、一列目と二列目はせめて全速でスクリメージを抜けられるのだけは阻止する必要があります。幸い相手のOGは二人とも控え級ですし、真ん中から二列目まで綺麗に取りきるのはさほど容易ではないでしょう。とにかくプレイ展開を遅くさせること、外側をカットバックで抜かれないことに注力して欲しいです。
レシーバー陣ではMatt Jonesがゴートゥーガイになっているようですが、基本は10y前後のパスに専念している感じです。OLの怪我の影響でGarrardには結構早いプレッシャーがかかっていますし、初戦のTEN戦ではプレッシャーがかかったとき妙にGarrardの判断が遅いと感じるプレイがちらほらありました。ショートゾーンをしっかりカバーし早いタイミングで放らせず、ある程度ランをケアしつつもしっかりとプレッシャーをかけていきたいです。LT Karif Barnesも内側のサポートに手を取られてる感じですし、今のDwight Freeneyなら内に絞った形でもプレッシャーをかけてくれることを期待します。

まあ不安要素もてんこもりですが、ここで勝てればJAXの士気をくじけるのは間違いないでしょう。そろそろLucas Oil Stadiumでの初勝利が欲しいです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2008-09-21 14:29 | Preview
感想 - 2008 Week2 Indianapolis@Minnesota
Tony Dungyはこの試合を

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2008-09-17 04:21 | Game Summary
Memo - 2008 Week2 Indianapolis@Minnesota 後半戦
後半戦。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2008-09-15 03:40 | Gameday
Memo - 2008 Week2 Indianapolis@Minnesota 前半戦
前半戦。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2008-09-15 02:25 | Gameday
Preview - 2008 Week2 Indianapolis@Minnesota
OL/DL共に中央に不安を残すINDが、OL/DL共に中央の戦いに自身を持つMINに乗り込んでの一戦となります。

まずは怪我人情報。
OUT
WR Roy Hall(Knee)
DT Daniel Muir(Knee)
OG Mike Pollak(Knee)
TE Jacob Tamme(Ankle)

QUESTIONABLE
CB Kelvin Hayden(Hamstring) 練習フル参加
C Jeff Saturday(Knee) 練習フル参加
TE Dallas Clark(Knee) 練習限定参加

Jeff Saturdayが練習にフル参加してのQuestionableに。無理してるのでないのなら朗報です。一方TEはDallas Clarkが疑問形、Jacob Tammeもアウトなのでレシーブ力は大きく落ちそうです。Tom Santi辺りがブロックでいいところを見せてくれるといいのですが。

INDオフェンス対MINディフェンス。
基本的に相手のプレイを壊しに行くフォース系の守備ではなく、OLに押されないようにした上で相手がやってくることをしっかりと防ぐのがMINディフェンスのカラーになります。GB戦を見た感じではこの特徴はあまり変わっていません。Jared Allenが一対一でChad Cliftonに完敗したこともあり4メンラッシュはあまりかかっていませんでした。現状のINDのOLの状況から考えるとやはりMINのDLを押すのは困難でしょうが、Jared Allenが不調のままでいてくれればパスプロはどうにかなる範囲と見ます。GB戦を見る限りさほどディフェンスのパターンが多いようには見えないですが、CHI戦を参考にされる可能性もあるので、パスプロルールについてはしっかり詰めてくれることを願います。Jeff Saturdayがもし本当に復帰できるなら大きな改善もあり得ると思います。
あと、アウェイということでスタートタイミングが少し気になります。特に初戦でスタートが悪かったTE Gijon Robinsonには改善を期待します。
パスカバーはそれなりにはカバーはしているものの、きっちりマンツーできる選手や読みが異常にいい選手とかはいなさそうに見えますし、精度があれば崩せる相手とみます。特にCB Charles Gordonはボールスキルが甘そうなので、一対一が出来たら積極的に狙ってみてもいいかもしれません。本来ならこういう相手はINDにとって得意な相手と思うんですが、Manningの調子がどこまで本調子になっているか、次第でしょう。
ランはさほど出ないとは思いますが、一瞬開いた穴を早い判断で抜けた時だけビッグゲインのチャンスもあります。時間をかけても相手フロントが崩れるよりはOLが崩れるほうが早そうなので、Joseph AddaiとDominc Rhodesには早い判断と思い切って縦に上がる動きを期待します。

INDディフェンス対MINオフェンス。
MIN OLの押し込む力は普通に強そうです。IND DLが相手だと、スナップ後にスクリメージラインがそのままズズッと後ろに下がる姿が容易に想像できてしまいます。そしてその裏からビジョンとパワーとスピードを兼備するAdrian Petersonが走ってくる、、、きついなあw。Tavarlis JacksonとChester Taylorを含めると200yくらい走られるかも知れません(爆)。とにかくADのビッグプレイだけは阻止して手数をかけさせて、どこかでペネトレイトからロスタックルを奪うとか、反則をもらうとか、Bob Sandersの弾丸ランサポートとか、なんでもいいのでパスシチュエーションを作ってほしいところです。ADはGB戦では少しホールが開くのを待ちすぎる傾向もありましたし、DLがバックサイドチャージをきっちりかければ追いつく可能性もあります。DLにはQBよりもRBを狙うことを意識してプレイして欲しいです。
Tavarlis Jacksonはアンダーニースのレシーバーは見つけて投げられるものの、ミドル以上になると精度がガクッと落ちる、というのは変わってないように見えました。まあ、新規加入のWR Bernard BerrianがAl Harrisに完全に無力化されていて単純に空いてないことも多かったものの、ミドルのパスが落ちる位置とかを見ているとやはりコントロールが甘いですし、4人カバーのところに投げる不用意なところも確認できましたw。5yヒッチとかアンダーニースを横切るパターンは通されるかもしれませんが、3rdダウンでロングが残ればそうそう更新されることはないでしょう。もしミドルや奥に投げるプレイをしてきたらAntoine Bethea辺りは積極的にINTを狙って欲しいです。

パスを投げさせられれば勝ちと思うのですが、そこまで行けるかの勝負です。オフェンスには精度向上とOL陣のブロックアサイメントの徹底、ディフェンスには手数をかけさせる粘りと不用意なパスはきっちりINTすることを期待します。
[PR]
by captain_harbaugh | 2008-09-13 17:49 | Preview
LaJuan Ramsey獲得+Courtney Robyカット
DT Ed Johnsonをカットして空いた枠を使い、DT LaJuan Ramseyを獲得しました。

Ramseyは元々PHIの2006年ドラフト6巡。著名な選手ではないので情報が非常に少ないのですが、PHIの情報と言えばhorikomiさんのブログがあります。いくらかの記事をまとめると、
・元々はパスラッシュが得意と期待されていた。新人時は機敏な動きを見せた。
・2年目のキャンプでは足首の怪我で出遅れ、あまり成長が見られず。
・ロスターには残ったものの、パワーもスピードも不足してスターターレベルには遠かった。
・今年はDT5番手争いに敗れてカット。
という選手のようです。ローテ要員としてある程度使えれば御の字、くらいでしょう。

なお、Ed Johnsonの後の先発にはEric Fosterが昇格する予定です。Fosterは小柄な割には力強さがあると言われていましたが、絶対的な体格は6-2 265ポンドでしかありません。元々INDはペネトレイトをずっと優先したDL編成であるとはいえ、6-3 254ポンドのKeyunta Dawsonと組むLB二人並べてるのか的DTユニットにはさすがに不安を感じずにはおれません。もちろんパワーが常にサイズに比例するものではないですが、、、

また、WR Courtney Robyをカットし、RB Justin Forsettを獲得しました。
Robyのカットは開幕でのリターン時のマフやファンブルの連発が影響したと思われます。元々リターン一点のみを期待されてた選手ですから、そこでの不安定っぷりで評価を下げたと思われます。リターナー争いをしていたPierre Garconが怪我から復帰したことも影響しているでしょう。

代わりに獲得したForsettは2008年のSEAの7巡指名。5-8と小柄ながらビジョンがよく、結構パワーがある選手とのこと。ただ40yは最速記録で4.59と平凡です。最初はてっきりリターナーができる選手かと思ったんですが、そういう選手ではなさそうです。こういうタイプならMike Hartがいるかと思ってたんですが。何故あえてRB獲得なのかはわかりませんが、Joseph Addaiがどうも怪我がちな現状を見てデプス強化に走った、ということかと推測します。
[PR]
by captain_harbaugh | 2008-09-13 01:58 | Colts News
Ed Johnson解雇
かなり悪いニュースが一つ、悪いニュースが一つ、いいニュースが一つ。悪い方から順番に。

●Ed Johnsonマリファナ保持で逮捕、解雇へ
DT Ed Johnsonがスピード違反+マリファナ保持で逮捕されました。Polianによるとチームは即刻Johnsonを解雇するとのことです。
Johnsonの場合、元々学生時代に問題が多かったことは懸念材料だったんですが、コルツに入って一年は特に問題を起こしたことはありませんでした。何事もなく過ごすうちに気が緩んだのかもしれません。まあ何やってんだ馬鹿、という感想なんですが、正直第一報を見た時は解雇になるとは思いませんでした。以前Darrell Reidもマリファナで捕まったことがあるのですが今もチームにいますし、NFLの薬物規定的には違反1回は厳重注意、2回で出場停止4試合だったと思うので、チーム側が率先して厳罰を課した格好です。
チーム内の規律をより強化することにしたのか、これまでのケースに比べて経緯が悪質なのか、どちらかということでしょう。Polianは
「Dungyがこのオフからキャンプ、口を酸っぱくして何度も言い続けてきたが、そのルールが破られた。我々には解雇以外の選択肢はなかった。」
と言っています。

チーム力という観点で見れば痛い以外の何物でもなく、これでDarrell ReidかEric Fosterが先発すると言うことになります。これからMIN,JAXという強力ランのチームと当たるというのに、、、(JAXの場合は向こうもOGぼろぼろなので意外に互角かもしれませんが)。Pitcock引退の時は動きませんでしたが、さすがにこうなるとトレードも含めた形でNT獲得を検討せざるを得ないでしょう。

●OLコーチHoward Muddが膝を手術、2週間程度お休み
ちょwww選手だけにとどまらずコーチまで怪我がwww
とにかく早くOL陣のステップアップを図って欲しかったところだけに、信頼できるOLコーチのMuddが離脱すると言うのは何気にかなり痛いです。当面はアシスタントコーチのPete Metzelaarsが代わりに指導するとのことです。

●Jeff Saturday練習復帰
早い!靭帯を痛めて開幕から数週間の欠場と言われていた、IND OLの支柱Jeff Saturdayが水曜日から練習復帰しました。なんと今週末のMIN戦に間に合うかもしれないとのことです。
もちろんSaturdayの復帰は大歓迎なんですが、怪我したときは手術まで薦められてたはずなのにこんなに早く復帰していいんでしょうか、、、2ndオピニオンとかも聞いての判断ならいいんですが、CHI戦を見て無理に復帰を急いだ、なんてことだけはないことを願います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2008-09-11 22:24 | Colts News