<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Ron Meeks解雇
DC Ron Meeksが解雇されました。これは正直意外でした。

Meeks率いるディフェンスがリーグ上位とは思いませんが、リーグ中位程度の力はありますし、ランが止められないという大きなネックはあるものの現時点での問題はパーソネルの問題の方が大きいと考えていました。ぶっちゃけ、Polianがランストッパーに力を割いていない(その上たまに取ってもすぐに戦線離脱してしまう)のですからランが止められないのは当然の流れですし、その中で平均的な成績を収めて来たMeeksはそう悪いDCではないと個人的には考えていました。

ただカバー2基調でどうしても変化が少なく、相手オフェンスの精度が高いと苦戦しがちでした。弱い相手には圧倒的に強く、強い相手には弱い、ランオフェンスが強い相手はどこかで反則でもしてくれることを期待し、パスオフェンスが強い相手にはFreeneyとMathisが届くことを祈る、という展開になりがちでした。また、Dungyがディフェンス畑なコーチだった分、どこまでがMeeksの仕事かがかなりわかりにくかったです。一つ一つのプレイコールはMeeksがやっていましたが、フィロソフィを浸透させてディフェンスを作り上げてきたのはDungyというイメージがあります。

後任が決まってないのでCaldwellの狙いはまだわかりませんが、この変化の少ない受身になりやすいディフェンスシステムを変えたいと思った、というのがありそうな話です。現状ディフェンスはカバー2にあった人材を集めてるので大きな変更はリスキーと思いますが、もう少しアグレッシブなスキームを持つDCを連れてくるのではないかと思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2009-01-22 23:22 | Colts News
STコーチ交代
HC Jim Caldwellの就任に伴い、コーチ陣に対して二つの人事異動がありました。

・QBコーチにFrank Reichが就任。
・STコーチのRuss Purnellとの契約は更新しない。

Frank ReichはBUF時代に史上最大の逆転劇を演じたQBというプレイヤーとしての印象が強いですが、指導力についてはよくわかりません。コーチとしては2006年からINDでインターンとして下積みを送っていたので、Caldwellが昇格してポストが空いたことに伴う内部昇格でしょう。内部昇格なので、少なくともJim CaldwellとPeyton Manningとの関係面はいいんじゃないかと思います。

そしてSTコーチRuss Purnellとの契約を更新しないことが発表されました。今シーズンのスペシャルチームは比較的頑張った方とは思いますが、7年間でカバーチームが強いと思えた年は皆無ですし、リターンも基本的に中の下以下というシーズンが続いていました。人事刷新にはいい機会でしたし、妥当な処置と思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2009-01-16 00:26 | Colts News
Dungy引退
まず一言ありがとう、そしてお疲れ様。

HC Tony Dungyがコーチ業からの引退を発表しました。
実績面でも勝率.668(INDでは.759)、戦術面でもTampa2の開発という大きな功績がありますが、何より怒鳴り声を上げずともその人徳でチームをコントロールできる数少ないHCでした。今後は規定路線どおり、現アシスタントコーチHCのJim Caldwellが後任になります。

以下Dungyの引退会見より。

「神の祝福を受け、3年間選手として、28年間コーチとしてNFLにいることができた。この31年間は本当に、本当に素晴らしかった。このキャリアを送ることができたことを神に感謝したい。この31年間のキャリアは何物にも代えがたいし、ここで過ごした7年間についても何物にも代えがたい。本当に特別で、本当に素晴らしい時間だった。ほとんどの人が得ることがかなわないような、夢のような時間だった。(この3年間引退を考えてきたが)今が正しい時期なのだと、安らかにそう思う。」

「まず、私を正しく育ててくれ、人への接し方を教えてくれた父と母に感謝したい。これは自分の人生で学んできた中でももっとも重要なことだ。そしてもっとも信頼できる人であり、カウンセラーであり、最高の友である妻(Lauren)に感謝したい。指導してくれた高校と大学、そしてChuck Noll、Marty Schottenheimer、Dennis Green、Bill Walshといったコーチたちに感謝したい。そして自分にヘッドコーチの道を開いてくれたMalcolm Glazer(タンパオーナー)に感謝したい。」

「そしてコルツで過ごしたこの7年間はかつて想像したどんな想像よりも素晴らしいものだった。Jim Irsayがいて、彼が作ってきた組織があって、そしてこの会見場にいる素晴らしい人たちがいてくれた、、、将来ここでの時間を思い出したとき、これは物凄く特別な時間だったんだ、と思い出すだろう。フリーエージェントがあり、年ごとの変化もあったが、一緒にやってきたこの7年間を振り返った時、皆があれは特別な時間だったと思い出すだろう。」

「自分が遺していく最大のものは(成績よりも)それをどう成し遂げたかということだと思う。今日選手達と話をしたが、ほとんどの選手は過去にフィールドでなにをしてきたか、という話はしなかった。これは私にとって、とても重要なことだ。Jim Irsayが私を採用した時に言ったのは、『地域とかかわりを持ち、IndianapolisとIndiana州をコルツカントリーにする必要がある』ということだった。そして我々はそれを果たせたと思う。部分的な貢献ではあるが、私は選手達がコミュニティにしっかりつながり、子供達の見本となる手助けをしてきた。自分がコルツに遺せるものはそういったことだと思うし、(選手達と)フィールドの話はほとんどしなかったよ。」

「(スーパーボウルを一回しか勝てなかったのは残念だったという気持ちはあるが、)人はいつでももっと勝てたかもしれない、と思うものだ。でもいつでも勝てるわけではないことがわかるくらいには、自分はフットボールの歴史を知っている。もっとうまくやれば、(スーパーボウルを)あと数勝できただろう、と人は思うものだ。でももっとフットボールに時間をかけたらもっと勝てた、とは思わない。私は自分にできることはすべてやったし、コーチ達も選手達もできることはすべてやってきたと思っている。そして神は我々に一つの勝利をくださったし、それは多くの人が得られるより一つ多い勝利だ。」

「(コーチングスタッフについて)我々は素晴らしい絆を作り上げてきた。皆が同じ一つの同じ目標に向かって、正しい方法で勝とうと努力してきた。7年間素晴らしいスタッフに恵まれてきた。神は同じビジョンを持つ人、素晴らしい選手達、素晴らしいリーダーをもたらしてくれた。おかげで7年間、ずっと一つの目標に向かって邁進することができた。だからこの仕事は本当に楽しかった。」

「(SD戦後)妻と話し合って、ただ今がその時だと感じた。勝ち続けてるときにやめるのは簡単なことじゃない。勝つのは本当に楽しいからね。でも、今この道を降りることでできることがあると思った。もう少し家庭にいる責任があると思うし、もっと家族と持つ時間を増やしたいし、我々の国をよくしていきたいと思った。まだ具体的に何をするというのはわからないが、そんなことができれば、と思っている。」

「希望としては、自分にとっての出発点であるタンパで二つ目のスーパーを取って引退したいと思ってた。でもそうはいかなかった。SD戦の後は『これじゃ終われない、引退できない』とまず思った。でも妻と話して、(息子)Jordanの手術のためにニューヨークに旅した後は気持ちはクリアだった。今がその時だ、と思った。」

こちらからもよき日々に感謝を。そしてDungyのこれからの人生に幸多からんことを。
[PR]
by captain_harbaugh | 2009-01-13 23:03 | Colts News
感想 - 2008 Wildcard Round Indianapolis@San Diego
個人的に思うことは

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2009-01-04 19:31 | Game Summary
Memo - 2008 Wildcard Round Indianapolis@San Diego その2
GO COLTS!

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2009-01-04 11:53 | Gameday
Memo - 2008 Wildcard Round Indianapolis@San Diego
GO COLTS!

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2009-01-04 10:11 | Gameday
Preview - 2008 Wildcard Round Indianapolis@San Diego
兄者MVP。なんとなく消去法で選ばれた気もしなくもないです(爆)。スタッツならDrew Brees、勝利貢献度ならChad Penningtonという気もしなくもないですが、あのシーズン序盤からの建て直しが評価されたということでしょう。

さて、まず怪我人情報、IND側から。

OUT
LB Gary Brackett ×

QUESTIONABLE
OG Mike Pollak ×
OG Jamey Richard ×
DT Eric Foster DT ○
WR Pierre Garcon ○
CB Keiwan Ratliff ○

Gary Brackettは欠場。代わりにFreddy Keiahoがミドルに入り、Tyjuan Haglerがウィークサイドに入ることになると思います。パスカバー力は若干落ちるかもしれませんが、ラン守備では大きな力落ちはないでしょう。
OLの方がやや不安で、Mike Pollak、Jamey Richardが二人とも欠場の場合Dan FederkielがOGで先発と予想されています。あまりOGで練習してないと思われるだけに、ただでさえ苦戦しそうな真ん中のランがより出なくなるかもしれません。

一方SD。

DOUBTFUL
LB Brandon Siler ×

QUESTIONABLE
TE Antonio Gates ×
RB LaDainian Tomlinson ×

LTとGatesが練習も休んでいて、出場はやや怪しくなっています。Darren Sprolesという一発のあるランナーはいますし、Gates以外にも強力なレシーバー陣を擁する相手ですから、仮に両者欠場でもガクンと落ちることはないでしょうけど、ボールコントロールはしにくくなるでしょう。

SDオフェンス対INDディフェンス。
最近Phillip Riversにやられまくってる気がしています。エースVincent Jacksonに放り込まれるだけでも厄介ですし、前回対戦時はMalcom Floydにかなりやられています。両者とも6-5ありますから、サイズ的なミスマッチがかなり厳しいです。
ランではLTの状態からして今度こそDarren Sprolesを多用されそうです。パスをある程度散らして守備が広げられた場合、個人的にはSprolesの方が厄介とみています。20回以上キャリーができるかは不明ですが、一発屋としては大いに警戒すべきでしょう。といってBob Sandersを上げてBetheaの1ディープにしたらサイドライン際をディープで破られそうです。考えるほど厄介な相手ですね(爆)。
どうやっても完封できるような相手ではないですし、今のエースはRiversなので最優先すべきはRiversにプレッシャーをかけていくことでしょう。Dwight Freeneyにはレギュラーシーズンでの対戦時同様にMarcus McNeil相手に優位に立ってほしいところです。もしFreeneyが届かない場合は、Sandersのセーフティブリッツ等を使っていってでもRiversへのプレッシャーこそ最重要と考えます。下手にカバーを厚くしても、Riversへのプレッシャーなしでは高さ負けしてやられそうですし(爆)。

SDディフェンス対INDオフェンス。
前回はJamal Williamsに中央を押さえられ、やや激し目のブリッツをさばくのに苦労した印象でした。その中でノーバックガンを多用し、AddaiとRhodesをレシーバーとして活かすことでブリッツを交わしました。これを受けてRon Riveraがどういう対策を立ててくるか、というのが読みにくいです。
素直に対応してくるなら、ブリッツ控えめ・アンダーニースのカバー多めのディフェンスを敷いてくることになると思います。本当はそうなれば中央のランを出したいですが、Jamal Williamsの存在感と急造OGになりそうなこちらの状況を考えるとやや厳しいかもしれません。あるいはHarrison, Wayne, Gonzo, Clark, Addai/Rhodesを同時に放てばそれでも絶対どこかにミスマッチができるという考えで真っ向パスアタックで行くかもしれませんが、やはりその場合はどこかでディープを通して広げていくことも必要でしょう。もう一つの考え方としてブリッツをひたすら激しくしてManningを先に押しつぶすという考え方もありますが、この場合はそれこそノーバックガンは相性がいいと思います。
一瞬で有無を言わせず押しつぶされるような展開にならない限りそうそう破綻はしないと思います。OL的にはRGにやや不安がありますが、Federkielは本気で頑張るように。
兄者のリード能力も重要になります。3-4とはいえNEやPITほど老獪さは感じないディフェンスですし、ある程度プレイを読んでいく事はできると思います。とにかくチームとして反則や落球をできるだけ少なく抑えていけば、叩き合いには持ち込めるでしょう。

どっちもオフェンス力があり、それなりにドライブ数は少なくなることが予想されます。よって、ターンオーバーが非常に重要。取れるINTはきっちり取る、パスは弾かずきっちり捕り、どこかでFreeneyとMathisのボールチョップが炸裂すれば勝利が見えるでしょう。

明日は2年前のゲンをかついで、#88のジャージを着て応援します。

GO COLTS!
[PR]
by captain_harbaugh | 2009-01-03 13:14 | Preview
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

とにかく1月に楽しめるのはうれしいものです。できれば2月まで楽しみたいですね。

昨日スキーから帰ってきて、まず先週の試合結果をチェックしました。

SD 52 - 21 DEN
あちゃー(ノ∀`)

ということで、正直DENに来て欲しかったのですがw、やっぱりSDが来ました。相性はよくないですし、ここに来てランまで炸裂しまくってるのも怖いですね。基本的に叩き合いになりそうですが、FreeneyとMathisのラッシュが届くことを祈願します。
[PR]
by captain_harbaugh | 2009-01-01 16:03 | Other