<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
感想 - 2009 Conference Championship New York Jets@Indianapolis
感想記事が遅い、遅すぎるよ、、、
まあとにかくやっとしっかり見返すことができました。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-01-31 14:19 | Game Summary
超簡易速報 - 2009 Conference Championship New York Jets@Indianapolis
エッジ来てましたね。今日は名誉キャプテンだった模様。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-01-25 08:44 | Game Summary
Preview - 2009 Conference Championship New York Jets@Indianapolis
試合は日本時間1/25 5:00~。
今回も
http://digicha.jp/colts/chat_s_view.html
でチャットしようかと思います。

まず怪我人ですが、Jerraud Powersが水木金と練習を全休しており、Questinable。Antoine Betheaは水木と限定練習のみでしたが、金曜日はフルの練習をこなしてProbableになっています。Powers以外は出場可能でしょう。

一方NYJはShaun Ellis, Bart Scott, David Harrisといった守備の主役が限定練習しかしていませんが、Probable扱いなのでこちらは全員出場してきそうです。

INDオフェンス対NYJディフェンス。
まずNYJが激しいブリッツ守備をそのまましてくるかですが、このブリッツはNYJのアイデンティティとなっていると感じますし、入れてくると見ます。半端なことをするよりも積極性を持ってしかけてくるでしょう。
ということで、この試合のRB陣の最優先ミッションはブリッツピックと思われます。とにかくこれを逃さないこと。そしてもちろんOL陣もBAL戦のような仕事が求められます。SD戦の前半はAntonio Gatesのカバーには苦労していましたし、パスプロを少し持たせてDallas Clarkに通していくという青写真は描けます。他にWRスクリーンなんかもそれなりに効果的かもしれません。ただ、Darrell Revisがいい分、SのKerry RhodesとJim Loonhardが比較的自由に動ける印象なので、そこは注意。Ed Reedのような特殊能力こそないでしょうが、思い切った飛び込みをしてくる可能性はありそうです。
後はラン。特にオーバーロードブリッツが入ったときに裏が取れれば思いっきり出るはずなんですが、、、正直ランを捨てない程度にとどまりそうな気はします。ただパスだけでブリッツを捌いていくのも限界がありますし、それなりにコールはしていって欲しいところ。Donald Brown辺りがスピードを活かして、ブリッツの裏を取ったビッグゲインをもたらしてくれると嬉しいのですが。
BAL戦に引き続き、決めるところで決めること、そしてターンオーバーをしないことが重要です。兄者のリード能力を活かし、ブリッツを落ち着いて捌いていってほしいです。で、もしブリッツ多用策をとってこなかった場合は、それはそれでうまくアジャストするように。NYJディフェンスに振り回されずに、振り回すことを期待します。

INDディフェンス対NYJオフェンス。
ここにきて絶好調のRB Shonn Greeneを軸に、OLの強い左側を活かしたラン攻撃を中心にしてくるのは間違いないでしょう。Alan Fanecaは強力ですし、Nick Mangoldもかなり強そうです。さらに特にCIN戦でミスディレクションを多用していたのが気になっています。誰かが引っかかって穴が開いたとき、そこを突いてビッグゲインをもたらすスピードがShonn Greeneにはありそうです。ミスディレクションに過剰反応することなく、しかしパスートはしっかり行っていくことが要求されます。この辺はLarry Coyer、そしてGary Brackettにうまくコントロールして欲しいところです。
Mark Sanchezはここ2試合は我慢の子。無理をさせないように、させないようにプレイさせている印象です。特に前半はあまりパスを投げさせてこないとみていますが、BAL戦同様両DEは内に絞るのとパスートを意識したプレイになるでしょうし、3rdアンドロング以外ではラッシュのかかりは悪くなるでしょう。Jerrico CotcheryやDustin Kellerにそこそこ通されるのは仕方ないでしょうが、Braylon Edwardsに一発だけはもらわないように。
あと、ゲームプラン的に前半はオーソドックスに来て後半仕掛けてくる可能性があるかなあ、と考えてます。チェンジオブペースに惑わされないように。なんだかんだでビッグプレイさえ与えなければ、ドライブを完遂する能力はそれほど高くないでしょう。集中して、走り回って、プレイを止めていってほしいです。

ここまで来てる以上、NYJは間違いなく強いチームです。しっかり準備をして、集中したプレイを。今回も#29のジャージ着て応援します。

GO COLTS!
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-01-23 10:44 | Preview
感想 - 2009 Divisional Playoff Baltimore@Indianapolis
チャット参加の皆様ありがとうございました。おかげ様で楽しく観戦できました。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-01-19 02:57 | Game Summary
2009 Divisional Playoff Baltimore@Indianapolis 超簡易速報
試合終了

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-01-17 14:56 | Game Summary
Preview - 2009 Divisional Playoff Baltimore@Indianapolis
Divisional PlayoffはNEを粉砕してきたBAL相手の一戦。前の記事でも書きましたが、
http://digicha.jp/colts/chat_s_view.html
でチャットでもしながら観戦しようと思いますので、よかったら是非ご参加を。

まずは怪我人情報ですが、INDにもBALにもQUESTIONABLE以上の怪我人はいません。PROBABLEに入っている選手は多いですが、全員フルで練習をこなしていますし、出場には問題ないでしょう。
ということで、お互いにフルに力を発揮できる状態にあります。

INDオフェンス対BALディフェンス。
BALはNE戦で積極的なブリッツ策に加えてスクリーンをしっかりケアすることでNEの攻め手を封じました。特に同一ギャップに複数ラッシュを送り込む、オーバーロードブリッツが効果を見せていました。この対処策を考えていくと、まずRB Joseph Addaiによるブリッツピックで少し時間を稼いだ上でスラントなどのショートルートへのパスが考えられます。Addaiのブリッツピックは大きな武器ですし、Dallas ClarkとAustin Collieはブリッツが入った状態ならどちらかはフリーになれそうと思うので、やられることはあってもやられっぱなしまではいかないと見ます。あとはTerrell Suggs辺りをしっかりとCharlie Johnsonが拾えるかが焦点になるでしょうか。
その一方で、レギュラーシーズン同様にカバー重視で来る可能性もあります。レギュラーシーズンでの対戦時は3-3-5をベースに、ブリッツを少なくカバーを多めにしてDallas Clarkを消しにきました。これを再現しにかかるかもしれません。その場合はやはりランを出して行きたいところです。
予想としては、基本的にはカバー重視、ただ入れるときは思い切ったブリッツをかけてくる、という形と予想しています。プレイの読み合いが重要になるでしょう。久々に兄者オーディブルを全開にするのが一番効果的かもしれません。ただ、負のスパイラルに陥りそうになったらTom Mooreがしっかり手綱を握ること。ターンオーバーの数を抑えていくことは最優先事項になります。

BALオフェンス対INDディフェンス。
NE戦で見せたように、OLのランブロック力は相当のものです。そしてスピードと切れのRay Rice、パワーのLeron McClain、バランスのWillis McGaheeの3人のランアタックは強力です。その一方でINDも常々ランディフェンスが弱いと言われながら、今年は一度も破綻しないままここまで来ています。Antonio JohnsonとDaniel Muirが中央をある程度抑えてくれれば、Clint SessionとGary BrackettのスピードはRay Riceにも届くでしょう。BALのOLのランブロックは強力ですが、DL陣の奮闘を期待します。
パスの方は最近のBALはMasonを消されるようになり、Flaccoの調子が落ちていると言う状態にはあるようです。ある程度はこれを踏襲する形がよいでしょう。レギュラーシーズンでの対戦時はそのDerrick Mason一人にやられた印象でした。今回はその時いなかったKelvin Haydenが復帰しています。INDはあまりこの選手には誰という形の当て方をしませんが、Jerraud PowersかKelvin HaydenのマッチアップでSを一人サポート気味に回せば、そうそう通され放題にはならないでしょう。後はパスラッシュですが、これはラン守備を第一に置いた形になるでしょうから、そうはかからない気がしています。3rdアンドロングでは思い切って仕掛けてよいと思いますが、そこまではまずしっかりランを守ることが重要でしょう。

後はスペシャルチームはレギュラーシーズン同様にカバーをしっかりと。Pat McAfeeは、リーグトップの平均70yのキックオフの維持を。そしてMatt Stoverには古巣相手に粛々とFGを決めていって欲しいです。

あとはプレイオフへの準備の仕方はわかっているという選手達の言葉を信じて。今回は#29のジャージを着て応援します。

GO COLTS!
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-01-16 18:02 | Preview
対戦相手決定
BUF戦は2,3回観ようとしたのですが毎回Curtis Painterへの交代後寝てしまい、結局Painterのプレイをほとんど見ないままプレイオフに突入したことでGamePassのアクセス権が切れました。ということでワイルドカードラウンドも終わり、ディビジョナルプレイオフの対戦相手が決まりました。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-01-11 13:35 | Colts News
プレイオフのKはMatt Stoverに
Jim CaldwellがプレイオフでのKをMatt Stoverに任せると宣言しました。理由としてはVinatieri先生が完調でないからと説明されています。

ではロスター枠を空けるためにVinatieri先生はIRにでも入れるのかと思いきや、そういうわけではなく、ロスターには残すようです。まあ、仮にも試合に出られる状態の選手をIRに入れるようなことができるのかはわかりませんが。Vinatieri先生は先生で「出番が来た時のために準備はしておくよ。」と言っており、いざという時にはVinatieriが蹴ることもあるでしょう。
それなら現時点で公式に宣言を出す必要もないのですが、立場を公にはっきりすることでしっかり準備をしたもらおうという意図でしょう。BALが上がってきた場合はちょっとした因縁を取り沙汰されることになるかも。

あと、Peyton Manningが通算4回目のMVPに選出されたようです。スタッツ的にはDrew BreesかBrett Favreでもおかしくなかったと思いますが、チームを開幕14連勝に導いた勝利貢献度が評価されたと言うことかと思います。50票中39.5票の1位票を集めての、想像以上の独走での受賞となりました。
めでたいことはめでたいはずなんですが、それよりもスーパーボウルMVPを(以下略
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-01-10 14:12 | Colts News
Preview - 2009 Week17 Indianapolis@Buffalo
うーん。
何も書く事がないw。

とりあえず、冬山は危険なので、しっかりと準備をして。
家に帰るまでが遠足、ということで。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-01-04 00:13 | Preview
感想 - 2009 Week16 New York Jets@Indianapolis
あけましておめでとうございます。今年が皆にとってよい年でありますように。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-01-01 10:32 | Game Summary