<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ドラフト3日目&ルーキーFA
ネカフェ更新第二段。

まず亀もいいところのドラフト3日目の指名について。

4(129) - OG Jacques McClendon (Tennessee)
5(162) - TE Brody Eldridge (Oklahoma)
7(238) - DT Ricardo Matthews (Cincinnati)
7(240) - LB Kavell Conner (Clemson)
7(246) - CB/WR Ray Fisher (Indiana)

4巡でOG Jacques McClendonを獲得しました。6-3, 324ポンドと大型のタイプで、どちらかといえばランブロッカーの模様。Youtubeには1プレイ分のビデオしかありませんでしたが、いかにもパワータイプという印象を受けました。ドラフトサイトではほとんど評価されていなかった選手で、SIにもドラフトカウントダウンにも評価が載っていませんでした。CBSには少しだけ情報があり、OGで18番目、全体336番目と評価されています。つまりまずドラフトに引っかからないと思われていた選手です。パワー的にはベンチプレスでTennesseeのレコードとなる645ポンドを上げたこともあるようで、ある程度期待できるでしょう。その一方機動力の面では正直かなり不安がありそうです。Polianが過去成功したOLとは異なるタイプですし、INDのラインにはいかにも動きが重そうなのはきになるものの、1y押し込み要員になれる可能性はあります。

5巡ではTE Brody Eldridgeを獲得しました。唯一事前予想で取り上げた選手が指名されました(予想では7巡でしたが)。6-4、265ポンドの大柄なタイプで、典型的なブロッキングTEです。パスキャッチはMAXでも年間4回とレシーバーとしてはかなり厳しそうですが、ランブロック・パスプロともにしっかりこなし、ホイッスルまでまじめにプレイするタイプと評価されています。基本的にはゴールラインやショートヤード強化要員でしょう。レシービングTEならDallas Clarkがいるわけですし、Jacob TammeとTom Santiも控えていますから、個人的には6人目のOLとなれるブロッキングTEを補強したいと考えていました。その希望に合致しますし、よい指名と思います。

7巡の一つ目はDT Ricardo Mathewsに使いました。6-2、287ポンドで40yが5秒を切る、3テックタイプのDTです。ドラフトサイトの評価的には低い選手で、ほとんどのサイトで評価はなく、あってもルーキーFAと評価されていました。典型的なワンギャッパーで一歩目が速く、方向転換もまずまずだそうです。ただ、お約束どおり非常にランに弱いようで、一度ブロッカーに捕らえられるとどうにもならないと評価されていますw。タイプ的にはRaheem Brockの後釜になります。ラン守備に大いに不安はあるものの、とりあえずスペシャルチーマーとしては使えるタイプなのではないかと思います。

7巡2つ目はLB Kavell Connerを獲得しました。スピード型のLBで、サイドラインからサイドラインで守れる守備範囲があると評価されています。カバーでもTEのみならずWRにまでついていくと評価されています。例によってブロックに弱くポイントオブアタックでは簡単に処理されるとされていますが、システムには合うでしょう。タイプ的にはGary Brackettに近いのではないかと思います。まずBrackettの控えとして育成しつつ、スペシャルチーマーとして使っていくことになるでしょう。

そして最後のピックはWR Ray Fisherに使いました。3年まではWRをプレイしてましたが、昨年CBに転向。ただCBとしてはフィジカルが不足していた模様です。どちらかといえばリターナーとしてならした選手で、昨年は平均37.4yのキックオフリターンと9.8yのパントリターンを記録しています。また、カバーチームのガンナーとしてもいい仕事をしていたとか。とりあえず、リターナー兼ガンナー兼緊急時のCB控えとして使っていくことになるでしょう。

ディフェンスサイドとスペシャルチームは、結構うまくニーズに合致しつつチームに合う選手を指名できた気がします。オフェンスサイドはシステムに合うかは微妙な面もあるものの、長年の懸案事項だったパワータイプを二人指名しました。OL1名、しかもシステムに合うかはわからない評価も低めの選手というところは気になるものの、悪くない指名だったと思います。

また、ルーキーFAとして以下の選手を獲得しました。
RB Javarris James(Miami)
QB Tim Hiller(Western Michigan)
K Brett Swenson(Michigan State)
WR Blair White (Michigan State)
KR Brandon James(Florida)
CB Thad Turner(Ohio)
S Mike Newton(Buffalo)
OT Jeff Linkenbach(Cincinnati)
S David Caldwell(William & Mary)
LB Vuna Tuihalamaka (Arizona)
CB Brandon King(Purdue)

一番ドラフトサイトの評価が高いのはMichigan Stateの二人で、Blair Whiteはドラフト4-5巡クラス、Brett SwensonもトップクラスのKと評価されていました(まあ、今年はKの層が薄かったのですが)。Whiteは6-2のサイズがありながらプロデイでは40y4.4秒台を記録しています。パスキャッチ力もしっかりしており、体の使い方がうまくて読みもいいとか。Swensonは56/72とそれなりの数字を残し、MAX52yのFGを決めています。
ほかの有名どころはJavarris Jamesで、Edgerrin Jamesのいとこです。能力的にはかなり高いものを持っていたようですが、足首の怪我をきっかけに靭帯なども怪我し、ここ2年は怪我との戦いとなっていたようです。
そしてこちらでもOLは一人しか獲っていませんね。

全体としてOL補強があまり上手くいかなかった以外はまずまずでしょう。

ちなみにPolianによるとOTを獲得しなかった理由は「OTの層が薄いドラフトだったから」だそうです。1巡終わった以降は非常に薄い状態だったとか。それが正解かどうかは今後わかるでしょう。ただ、「昨年のOLのパフォーマンスは決して悪くなかった。そこにAdam Terryを追加獲得している」という発言はどうかと。昨年からRyan Liljaが抜けてるんですけど。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-04-29 02:22 | Colts News
ドラフト1日目&2日目
引越し完了。
ただまだネット環境は構築できていないので、しばらくは更新頻度が落ちると思います。

とりあえず今日はネットカフェから。

コルツはドラフト1日目と2日目で以下の選手を指名しました。

1(31) - DE Jerry Hughes (TCU)
2(63) - LB Patt Angerer (Iowa)
3(94) - CB Kevin Thomas (USC)

1巡でパスラッシャーJerry Hughesを獲得しました。これはニーズとBPAがほぼ合致した指名でしょう。個人的にもパスラッシュならUTトップの二人とBrandon Grahamの次くらいに評価していたので、すんなり納得できる指名です。DEにはやや軽いともいわれていますが、当然DEでパスラッシャーとして使うことになるでしょう。爆発力があるのは間違いないですが、外をスピードでぶち抜くのが基本で、もうちょっと動きのバリエーションは鍛える必要がありそうです。ただなんといっても二人の師匠がいますので、貪欲に動きを吸収してほしいです。第三のパスラッシャーはずっと補強したかったポジジョンですし、よい指名と思います。

2巡ではLB Pat Angererを獲得しました。基本的には小型のスピード型LBで、デプス強化兼Clint Sessionの後釜というところでしょう。オフィシャルサイトでも守備範囲を評価したようなことが書かれています。ただ個人的には微妙w。Angererのビデオを見てもいまいちピンと来ないですし、なんといってもCharles Brownでよかったんじゃね、と思ってしまう自分がいますw。まあ、Brownも64位まで落ちたということは相当パワーが不安視されているんでしょうけど。それ以外にもJon AsamoahもJerome Murphyもいたのに。。。ただIowaの選手は評価より活躍するという印象もありますし、ホイッスルまで全力を尽くす選手なのは間違いなさそうなので、そこに期待します。

3巡はCB Kevin Thomasを指名しました。ハイライトビデオで見るとマンカバーできれいにパスを叩き落とすのがいくつも見られます。PolianはJacob Laceyに似ているとコメントしてますが、ビデオでみるとそんな感じ。マンカバーコーナーとしてなかなかいい選手に見えました。ただダブルムーブに引っかかりやすいという評価もあるので、ローライトビデオを見ると印象が変わるかも。あとタックルなんかはもう少し向上させる必要があると言われています。とにかくカレッジ時代にやたらと怪我を繰り返しており、健康面の懸念が指摘されていましたが、2008、2009シーズンは全試合出てますからもう怪我の影響はないと評価しているのでしょう。

ちなみに二日目は何度かトレードアップを画策したもののすべて失敗したようです。

守備強化という面では悪くない指名と思いますが、OLは手付かずに残りました。こうなるとLTを獲るのではなく、Charlie JohnsonをLTに固定しつつOGのデプスを強化する形になるでしょうか。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-04-24 23:42 | Colts News
ドラフト予想
引越し前最後の記事です。

現段階のドラフト予想を挙げておきます。

1(31) - OT Charles Brown(USC)
2(63) - CB Jerome Murphy(South Florida)
3(94) - DE Austen Lane (Murray State)
4(129) - OLB Perry Riley(LSU)
5(162) - CB Trevard Lindley(Kentucky)
7(238) - WR Trindon Holliday(LSU)
7(240) - OG Chris DeGeare(Wake Forest)
7(246) - TE Brody Eldridge(Oklahoma)

ニーズのOL,CB,パスラッシャーの候補がドラ1下位~ドラ2上位に結構いて、予想が難しいです。基本はその中でBPAになるでしょう。とりあえずLiljaが抜けたOGは即戦力が欲しく、Charlie JohnsonをOGへ再コンバートしつつOTを獲るのがいいかなあ、などと思ってます。でもいい加減Johnsonがへそ曲げるかな。。。

現在実質3人しかロスターがいないCBはやはり二人指名、そしてスモールスクールながら実績のあるパスラッシャーを一人。あとは育成枠のLB、ブロッキングTE、リターンスペシャリストという形です。

さてさてどうなるか。自由度は高いので、Polianの趣味が炸裂するかもしれませんw。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-04-22 22:13 | Colts News
2010スケジュール
スケジュール発表。

W01 09/12 1:00 pm @Houston
W02 09/19 8:20 pm NY Giants(SNF)
W03 09/26 4:15 pm @Denver
W04 10/03 4:05 pm @Jacksonville
W05 10/10 1:00 pm Kansas City
W06 10/17 8:20 pm @Washington(SNF)
Bye
W08 11/01 8:30 pm Houston(MNF)
W09 11/07 4:15 pm @Philadelphia
W10 11/14 1:00 pm Cincinnati
W11 11/21 4:15 pm @New England
W12 11/28 8:20 pm San Diego(SNF)
W13 12/05 4:15 pm Dallas
W14 12/09 8:20 pm @Tennessee(TNF)
W15 12/19 1:00 pm Jacksonville
W16 12/26 4:05 pm @Oakland
W17 01/02 1:00 pm Tennessee

連続アウェイも連続ホームも少ない日程となりました。ナイトゲームは5試合設定され、レイトゲームも6試合。東海岸メインのチームとしてはレイトゲームが多いです。評価されてるのはうれしいですが、サマータイム解除後のW8以降はリアルタイムで最後まで追える試合が少ないですし、経験上11月の夕方の試合は結構寒いんですよね、、、@PHIや@NEがちょっと寒いか。

いつでもタフなNFC東はそれとして、AFC西は比較的くみしやすいでしょうか。どうせSDとは当たりますし。

HNSさんが昨年指摘されてましたが、今年もサーズデーナイトはアウェイですねw。そしてそのW14までTENと当たらないってのはちょっと偏ってる気も。

開幕とW4の地区内アウェイを取れば調子に乗れそう。逆に言えばある程度開幕に調子を上げておきたいですね。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-04-22 20:52 | Colts News
Mock Draft
もうダンボールに本を詰める作業はいやだ。。。

さて、今回ちゅるさん主催のMock Draftに参加させていただきました。ちゅるさん、参加者の皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。
指名結果は こちら

ということで、Charles Brown(USC)を指名しました。

今回はプレピックでの参加でトレードとか画策できませんでした。もっとも、INDの指名巡だと3巡出してもたぶん20位以降が精一杯でBrandon Grahamにはちと厳しい。Graham獲るなら2巡を出す思い切りが必要になりそうです。Trent WilliamsやRussell Okungはどうやっても無理ですなw。

ちなみに今回プレピックで入れていたのは以下の選手。

Trent Williams - OT - Oklahoma
Brandon Graham - DE - Michigan
Charles Brown - OT - USC
Jerry Hughes - DE - TCU
Brian Price - DT - UCLA
Maurikice Pouncey - OG - Florida
Mike Iupati - OG - Idaho
Sean Weatherspoon - LB - Missouri
Earl Thomas - S - Texas
Bruce Campbell - OT - Maryland
Carlos Dunlap - DE - Florida
Jared Odrick - DT - Penn State
Everson Griffin - DE - USC
Rodger Saffold - OT/OG - Indiana
Aaron Hernandez - TE - Florida

はっきり言って思いっきり好みが入ってますw。感覚的にはOL, パスラッシャー, CBの中でBPAかと考えました。CBはどうもHaden以外あまり気に入らなかったのでばっさりw。基本攻守のライン、WeatherspoonやEarl Thomasはまあ万一落ちてきたらと半分洒落でw。
上二人は駄目元で、本線はBrown, Hughes, Priceの3人でした。
どっちかというとOLを優先してますが、パスラッシャーとCBの優先度ををもっと上げてもよかったかも。

モックではパスラッシャー組が早めに売り切れ、OLの方があまりがちな形で進行しました。で、指名直前から逃避がてらチャットに参加w。ここで結構悩んだのがAnthony Davisが落ちてきたこと。ただどうしてもINDのOLの中でまともに機能しているAnthony Davisのイメージがわかなかったw。千鳥足で一人取り残されそうなw。Brownは一巡にはスケール感がない気もするものの、動けるのは間違いないということでそのまま指名しました。

Brian Priceは結構ビデオで見て気に入っていたので、こちらもありかなと。ワンギャッパーには向いてそうで、サックは決めきれないもののペネトレイとして圧力をかけていくことはできそうだったので。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-04-18 13:59 | Colts News
上位候補ビデオチェック感想:CB編
今年はJoe Hadenが一人で目立ってる感じで、他のCBの評価が上がってきていませんね。

Joe Haden(Florida) - 5-10/193
横の動きがよく、滑らかに相手についていくように見えます。時々相手との間が空いてますが、誘っておいてパクってる感じがw。ただトップスピードそのものはやはり速くないのではないかと思います。マンでシャットアウトするより、やられてもINTを奪ってやり返せるタイプかなと。さすがにトップ評価だけあっていいCBと思いますが、INDの指名前に確実に消えます。

Kyle Wilson(Boise State) - 5-10/194
Hadenに続く2番手CBと言われることが多い、、、割にはあんまりよく見えなかったり(爆)。ゾーンでしっかり投げられなかったパスをカットしてたりしますが、ぴったりマンで完封してるようなシーンは見当たらず。まあ、ビデオに残ってないところで完封してるのかもしれませんが。リターンができるのはちょっと魅力。

Patrick Robinson(Florida State) - 5-11/190
素晴らしいスピードと加速力を持つアスリート、、、らしいのですが、ビデオで見ると結構豪快にタックルをミスってたり、思いっきりフェイクに引っかかってたりで、ビッグプレイを献上することも多そうな印象です。不安定さに見合うだけのビッグプレイ能力があるかといえば、それも微妙。正直一巡で行くには微妙な気が。

Devin McCourty(Rutgers) - 5-10/193
ビデオハイライトがスペシャルチームでのプレイばかりだったりw。スピードがあるのは間違いなさそうで、ガンナー・リターナー共にいいプレイをできそう。でも一巡でスペシャルチーマー獲るのもなあ。CBとしての実力はよくわかりませんでしたが、いいカバーをしてるのにパスを通されることが多いタイプの模様。ランサポートの方は結構しっかりしてると評価されています。

Haden除いて団子状態、一巡候補は少ないという巷の評価にほぼ同意。BPAでも一巡ではちょっと指名しづらい気がしました。中位でAmari Spieveyくらいを狙うのがよさそう。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-04-17 16:23 | Colts News
上位候補ビデオチェック感想:DE編
今年のDEは飛びぬけた選手はいないものの、ドラ1中位~ドラ2の評価の選手が多く、IND的には狙いやすいかもしれません。

Derrick Morgan(Georgia Tech) - 6-3/266
爆発力はさほど感じないのですが、スピード、クイックネス、パワーのバランスが取れたプレイヤーという印象です。動きのバリエーションはまずまず豊富で、パスートもいつも真面目にやってるように見えました。ただ身体能力的には上積みが少ないと評価されているようです。

Jason Pierre Paul(South Florida) - 6-4/270
サイズがありスピードもある選手で、今ドラフトのDEで1,2の評価を受けています。ただ、ビデオを見ると正直どこがいいのかよくわかりません(爆)。切れは感じませんし、動きも平凡、パワーもさほど強く感じません。まず間違いなくINDの指名前に消えますが、万一落っこちてきても個人的にはパスかなあ。

Brandon Graham(Michigan) - 6-1/268
シニアボウルで大活躍し評価を上げました。40yのタイムはさほどではないのですが、反応が速く、クイックネスがあり、方向転換も上手い、プレイスピードがあるタイプのようです。OTでトップ級の評価のBryan Bulagaを相手にコンスタントにプレッシャーをかけたり、結構タフと思われる相手にもコンスタントにプレッシャーをかけれているようなのが魅力。万一INDの指名順に落ちてきたらサクッと指名してOK。

Carlos Dunlap(Florida) - 6-5/277
なぜかハイライトビデオは見つからず。抜群のサイズと運動能力を兼備する選手で、素質的には今ドラフトのDE候補の中ではトップ級。エッジラッシュもブルラッシュもランディフェンスもできると言われています。懸念されているのは性格面で、逮捕歴あり。またテクニック的にも未熟で、手の使い方やフットワークはイマイチらいしいです。巷の評価は分かれていますが、基本的にはドラ1下位~ドラ2上位と評価されています。

Everson Griffen(USC) - 6-3/273
基本的にはスピードがあり切れもあるなかなかのパスラッシャーに見えます。ただ気になるのが反応の悪さ。相手を見て、相手が動き出してからそれにリアクトしてタックルに行くのですが、その応答速度が遅いように見えます。NFLレベルだといいポジションにいながらあっさり抜かれたりするような気が。素質的にはよさげですし、INDの指名順位との兼ね合いも悪くなさそうなんですが、そこの改善が可能かどうか。

Jerry Hughes(TCU) - 6-1/255
サイズは小さいですが、一歩目が速くスピードもある爆発力のあるパスラッシャーに見えます。パスラッシュ力だけ見れば今ドラフトのDEの中では上位かと。サイズのなさから3-4のOLBと言われていますが、ローテーションパスラッシャーとしてなら十分戦力になるのではと。やはりドラ1下位~ドラ2上位と評価されており、指名順には結構ねらい目。

Mockを見るとDunlap, Griffen, Hughesの3人は落ちてくる可能性が結構高いです。その中では個人的にはHughesが一番よく見えます。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-04-15 04:11 | Colts News
上位候補ビデオチェック感想:OG編
引き続きOG編。カレッジではOTやCやってる選手も混じってます。

Mike Iupati(Idaho) - 6-5/331
素晴らしいパワーで常に電車道を作る選手、、、という前評判に期待してビデオを見たら、それほど圧倒的には感じませんでしたw。前には速いのですが、横にはやや遅く、クイックネスのある相手をとらえるのには苦労している感じ。パワー勝負に持ち込んだときは素晴らしいブロックをしているときもあるのですが、意外と手こずってるときもあり。それでもはまったときの威力は魅力。ブリッツにある程度苦戦するのに目をつぶってでも1y押し込める選手を獲るならアリ。

Maurkice Pouncey(Florida) - 6-4/304
カレッジではCでしたが抜群の運動能力があり、OGはもちろんRTまでならこなせるんじゃないかと言われています。ビデオで見ると動きはまずまずくらい、パワーもあるバランス型に見えました。ただ、一巡のC/Gってもっと化け物的にすごい選手じゃないと、という気もするんだよなあ、、、

Vladimir Ducasse(Massachusetts) - 6-4/332
サイズとパワーを併せ持ちます。カレッジではOT、OGともにプレイ経験がありますが、昨年度はLTでプレイ。ビデオで見るとLTやらせるにはフットワークが厳しそうな印象でしたが、相手を捕らえたときに押せるパワーはありそうです。もっとも相手関係が弱い部分は差っ引く必要あり。2巡でなら。

Rodger Saffold(Indiana) - 6-4/316
カレッジではLTでしたが、プロではOG転向も考えられるということでOG側で。East-West Shrine Gameで活躍して評価を上げました。試合のビデオは見当たらないのですがwEast-West Shrine Gameの練習風景のビデオを見ると、パワーと足は普通ながらポジショニングで勝つタイプに見えました。相手のさばき方がうまいタイプか。2巡でなら。

OTに比べてOGの候補のビデオは少ないですねえ。。。評価的にはIupatiとPounceyは1巡、DucasseとSaffoldは2巡くらいの評価になります。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-04-13 02:24 | Colts News
上位候補ビデオチェック感想:OT編
今年のドラフトではOTが豊作のようで、1巡で5人、下手すれば6人指名されると予想されています。
その上位6人をYoutubeのハイライトビデオで見てみました。

Russell Okung(Oklahoma State) - 6-5/307
今年のOT陣の中でも一番の評価。そしてビデオを見ても非常に安定したプレイ振り。横に滑らかに動き外ラッシャーをしっかり抑え、スタンツにも慌てずついていきます。きっちり真ん中重心でパスプロできていて、今年の候補の中でもパスプロは一番に見えます。パワーはさほどでもなさげですが、フットワークは結構軽そうでLBを取りに行くプレイなんかも有効そう。是非欲しいけど、INDの巡目には残らないでしょうねw。

Brian Bulaga(Iowa) - 6-6/314
OT陣の中で2番目に評価されることが多い選手。でもYoutubeのビデオだといきなりMichiganのBrandon Graham?にけちょんけちょんにやられてて印象が悪いです(爆)。相手がやはりトップ級のパスラッシャーという関係もあるのでしょうけど、スピードまくりに足がついていかずにやられるシーン多し。腕が短いという話があるのも気になるところです。今年は甲状腺に問題を抱えてたという話もあるので、その影響があるかもしれませんが、どうもあまり惹かれません。

Trent Williams(Oklahoma) - 6-4.5/315
昨年の時点でOklahomaの磐石パスプロの一員として評価が高かった選手で、ビデオで見てもいい動きをしています。抜かれるときは複数人をぶつけられて抜かれてた感じで、一対一では安定してます。ステップもいいし、サイズもあります。パスプロもランブロックもよさげ。ただ、時々妙に気が抜ける感じなのが気になります。スタートが合わなかったり、あっさりと突破を許したり。基本性能が高いのは間違いなさそうなんですが。

Anthony Davis(Rutgers) - 6-5/323
とにかくでかくてパワーのあるタイプ。なのはいいんですけど、どうも足回りが怪しい。スピードのあるパスラッシャーを相手にしたら苦労しそうです。時々自分がどう動くべきかわかってないままプレイしているような気も。。。個人的には惹かれないです。

Bruce Campbell(Maryland) - 6-6/314
40y 4.85、非公式には4.78をたたき出して評価を上げた選手。このサイズでの40yの数字と思えばまさに規格外。ビデオを見るとそんなにすごいプレイヤーにも見えないんですがw。ちょっとボディバランスがよくないような気がします。敢えていいシーンだけセレクトしたと思われるビデオを見るといい選手に見えてくるんですがw、去年同じことをDHBに対しても思ったしなあw。当たれば身体能力で全てを圧するとんでもない選手になるかもしれませんが、外れる可能性の方が高いと見ます。
アル爺が8位で指名するという予想が結構多かったりしますw。

Charles Brown(USC) - 6-5/303
NFLレベルではサイズがやや小さくなると思いますが、動き的にはかなり軽いプレイヤー。元TEだけあってフットワークはかなりよく、スピードもあります。逆に気になるのは動きが軽すぎるようにも見える点。パワー勝負になると弱いかもしれません。NFLレベルのブルラッシャーを凌げれば安定したパスプロテクターになると思うのですが、それが凌げないと守れない押せないでどうにもならない可能性も。でも個人的にはこの選手が31位に残ったら指名していいと思います。

個人的評価はOkungが抜けてて、ちょっと離れてTrent Williams。あとは団子だけど好みでいくとCharles Brownになります。ただ、1yをもぎ取れるタイプではないんだよなあ。

巷評価ではOkung, Williams, Bulagaの3人はどうやっても20位までに消えてて獲得は無理、Davisはモックによっては20位以下に落ちててトレードアップすれば可能性あり、Campbellは2割くらいで31位に残って、Charles Brownは8割がた残る、というところです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-04-12 00:49 | Colts News
ドラフトでのポジションニーズ
今度こそ本当に落ち着いた、、、はず。
遅ればせながら、荷造りしつつ、ぼちぼちとドラフト候補のスカウティングをしていきたいと思います。

基本的にPolianはBPAでの指名が多いわけですが、まずさらっとポジション別の現状おさらい。

QB:基本的に不要ですが、Painterの評価次第で下位指名はあるかも。

RB:まだまだ健康ならやれるAddai、結構光るところを見せたDonald Brownのローテーションに、Mike HartとChad Simpsonがデプスという陣容。余程のことがない限り指名はないでしょう。

WR:Gonzoが復活すれば上から4人はNFL実績のある体制になります。こちらも余程のことがない限り、指名なし。

TE:昨年はWR陣の成長で、Dallas ClarkがまっとうなTEの位置に入ることが増えました。ただ控えはやや薄いですし、Gijon Robinsonをどうしても信用しきれない私としては一人指名してほしいです。OLをブロック面でサポートできる人材がほすぃ。

OL:もともとOT,OGを獲りたかったところにRyan Liljaのカットが重なったので、最低二人は指名するでしょう。Liljaのカットについては、Mike Chapellがフィジカルテストに落ちたというインサイダー情報をBlogに上げてました。それが真実にしても、敢えてこの時期にフィジカルテストやってカットする必要があるとは思えないんですけどね。。。
RFAになっているSDのMarcus McNeilを獲りに行ってるという噂も流れましたが、ガセっぽいです。Polianの最近のOL指名はハズレ続きなので、1+3巡でMcNeilが獲れるならその方がいいかも、という気にもなるのですが、、、
ドラフト外からSaturdayを鍛え上げたり、4巡でRyan Diem獲ったり、5巡でJake Scott獲ったりしてた時期が懐かしい。

DE:Dwight FreeneyとRobert Mathisは素晴らしいプレイメイカーですが、どちらか一人でも負傷した場合に一気にパスラッシュ力が落ちるのが難点。Raheem Brockをカットしたことから考えても、一人は指名すると思います。

DT:Antonio JohnsonとDaniel Muirは近年では最高のランディフェンスを見せました。パワー不足ながら時々光るプレイをするEric Foster、まだ見限るには早いFili Moalaがいますので、優先度はそんなに高くないでしょう。もっともMoalaはまったく光るところを見せれていないですし、ユーティリティプレイヤーのBrockが抜けた影響でデプスが薄い感はあるので、下位で一人くらい獲るかも?

LB:優先度は低そうです。ただPhillip Wheelerにはまだ不満も感じますし、そろそろClint SessionのFA流出を意識する必要もありますので、育成枠的に中位~下位でOLBを一人獲ると思います。

CB:昨年Jerraud PowersとJacob Laceyが出てきて若返りに成功した感もありますが、その一方でMarlin JacksonとTim Jenningsが抜けてデプスは不足しています。中位で一人獲るかな?

S:Bobさんが復活すればタレント的にもデプス的にもまったく問題なのですが。Bobさんの状態とBetheaの残り契約を考えて、BPAでめぐり合わせがよければ一人獲るかも。

優先順位は上のほうから
OT, OG, DE, CB, TE, DT, OLB, S
という感じ。

ちゅるさんのところのモックドラフトでの指名を入れるまでに、この辺の上位候補をチェックしたいと思います。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-04-11 23:17 | Colts News