<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2010年 ドラフト 4巡 - Jacques McClendon - OG
ブブゼラの音を聞きながら、
「声が聞こえないならハンドシグナルを使えばいいのに」
とか思ったりするINDファンの私。
ともあれ、ここまでの二戦はほぼできることをできていて、いい形で戦えていますな。あと一つ、頑張れ。

e0085932_1814558.jpg
大学:Tennessee
身長:6-3(191cm)
体重:326ポンド(147kg)
生年月日:1987年12月10日(22歳)




○カレッジ成績
2006年 1試合先発
2007年 6試合先発
2008年 6試合先発
2009年 13試合先発

○コンバイン成績
招待されず

○ プロデイ成績
40y:4.96 secs
225ポンドベンチプレス:37回

○ビデオ
ファンブルリカバーした65番(RG)


SECDigital Network, Tennessee関連

コンバインに招待されなかった中では最上位指名となった選手。645ポンドのベンチプレス記録を持ちますが、これは従来記録を100ポンド近く更新する大学レコードだそうです。最大の持ち味はそのパワーで、ランプレイで道を切り開くロードグレーダーと評価されています。Polian息子の話によると、むしろほかのスカウト陣が強力にプッシュしたとか。Academic-All SECチームにも2度選ばれており、学業面も悪くないようです。
プロデイで40y4.96を記録したようですが、これは減量してスピードを増していたらしいので普段のスピードとは別物かもしれません。ただビデオを見た感じでも前への動きは悪くないと思いました。LBを取りにいくプレイでも結構いい出足を見せていますし、ダウンフィールドのプレイにしっかりついていってる辺りも好感を持ちます。結構まじめで運動量あるんじゃないかと。
一方ブロッキングテクニックはさほどでもない感じで、うまく相手を捉えられないようなプレイも散見されます。致命的なミスのようなことはあまりしていないように見えましたが、やっぱり横をスピードラッシャーで狙われるような場合には一抹の不安が。

個人的には思った以上には動けそうで、基本的なパワーもある素材と感じましたし、プレイも真面目に見えました。とりあえず基本能力を活かすテクニックと連携力を身に着けていって、Mike PollakやTony Ugoh(OGコンバート)を突き上げてほしいです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-06-20 18:16 | Colts Draftee
Antoine Bethea再契約
やっとネット開通。

さて、RFAの一年契約オファーに対してホールドアウトを続けていた Antoine Betheaと再契約を結びました。契約内容は4年27ミリオン、最初の2年間で18ミリオンを払う契約となっているようで、結構フロントロード型の内容となっているようです。

BetheaがRFAテンダーオファーで納得するとはとても思えなかったので、予想通りのホールドアウトから長期契約という形に落ち着きました。一年平均7ミリオン近く、Bob Sandersの平均7.5ミリオンと比べても遜色ない内容となっています。相変わらずというか、再契約をするとなったらドンと払う方針のようです。Sandersと合わせてセーフティにこれだけ払っているチームは他にないでしょう。

例によってやや額は高いと思うものの、キャップなしシーズン中心にヒットさせていると思われる内容はよいと思いますし、Betheaもなかなか替えがききにくい選手です。カバー時の広い守備範囲は信頼できますし、随所のINTでチームに流れを持ってくることができます。ぶっちゃけ今抜けられると非常に困る選手だけに、ある程度支払うのは当然でしょう。

ということでBetheaの方は落ち着いたのですが、Reggie WayneとRobert Mathisが再契約を求めてホールドアウトを続けています。ただ、どちらも契約的にはあと二年残っているだけに、ちょっと受け入れづらいかと思います。ちなみにWayneのベースサラリーが5.5M, Mathisのベースサラリー+ロスターボーナスが3.3M。Wayneはあと一年は我慢してくれないかなあ。Mathisの方は現状の実績に照らし合わせると確かに安いのですが。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-06-12 13:01 | Colts News