<   2010年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Preview - 2010 - Week12 San Diego@Indianapolis
Stanford、見事に一敗で乗り切りました。BoiseとLSUの負けで、4大ボウルの可能性も濃厚に。
日本では関西学生が三つ巴に。過密スケジュールで選手とスタッフは大変と思いますが、外野としては面白い。

そしてINDはプレイオフに向けて、難敵SDをホームに迎えます。

OUT
S Bob Sanders(Biceps)
WR Austin Collie(Concussion)

DOUBTFUL
RB Joseph Addai(Neck) △△×

QUESTIONABLE
LB Gary Bracket(Toe) ×××
LB Clint Session(Elbow) ×××
TE Brody Eldridge(Rib) ×××
RB Mike Hart(Ankle) △○×
RB Javarris James(Knee) ×○○
CB Justin Tryon(Foot) ×△△
WR Reggie Wayne(Knee) ○×○

Collieは正式にアウト、BrackettとSessionも厳しそうです。TryonとHartは帰ってこられるかもしれません。

SDのほうはWebページで細かい練習状況が見つからないので、大本営の情報より。
OUT
WR Patrick Crayton(Wrist) ×

DOUBTFUL
RB Ryan Mathews(Ankle) ×

QUESTIONABLE
TE Antonio Gates(Toe) ×
CB Donald Strickland(Hip) ×
OG Louis Vasquez(Neck) ×
S Steve Gregory(Shoulder)○
WR Malcom Floyd(Hamstring) △
DE Travis Johnson(Shoulder) △
TE Kris Wilson(Back) △

こちらも結構多いです。Patrick Craytonの欠場は痛いでしょうし、Gatesも微妙。一方でLegedu Naaneeが復帰しそうですし、Malcom Froydは出てくるでしょう。そしてVincent Jacksonも先週は使われてませんでしたが、いざとなれば出てくるでしょう。Donald Stricklandも地味に痛いはずなんですが、こちらもCollieはいないし、Blair Whiteでどこまでニッケルを攻められるか。

INDオフェンス対SDディフェンス。
Jamal WilliamsとShawne Merriman、Antonio Cromartieが抜けて結構メンバーが変わった印象がありますが、パワーがあってブリッツも強力なのはそうは変わってないようです。Shaun Phillipsはキャリアピークに近そうな好調ぶりで何度もいい突破を見せてましたし、Stephen CooperとKevin Burnettのインサイドもなかなかです。Antonio GarayはJamalほどの壁には見えないものの、4サックとペネトレイト力を見せている模様。Antonio Cromartieが去ったCB陣もAntoine Casonがしっかり穴を埋めています。
Jamalがいた頃よりは出そうなものの、ランはあまり安定しては出そうな気がしません。たまにスコッと抜けられても安定して4yのゲインを奪うのは難しそうです。しいて言えばSが弱めに見えますし、ここをうまく前後左右に振り回してみたいところですが、最近の兄者のディープの精度でそれが出来るかは微妙。とりあえずPhillipsのラッシュを凌いで、あと1,2枚くらいブリッツが必要な状況に持っていければ通していけそうなんですが。それまではちくちくと、BrownのフラットやTammeの横ルートで我慢するのが吉かもしれません。

INDディフェンス対SDオフェンス。
CraytonとGates、そしてRyan Matthewsを欠いても武器がいっぱい、OLもしっかり。なんだこのオフェンスw。Malcom FroydとLegeedu Naaneeは共に6-5のビッグターゲットで、そこに落とすPhillip Riversのパスもディープについては現NFLでトップ級。非常に止めにくく切り難いパスオフェンスを持っています。そこにVincent Jacksonがもし昨年度レベルの調子で加わると、その3WRでかなりの破壊力を持ちます。
かといって後傾のディフェンスになると、Darren SprolesとMike Tolbertに走られまくるでしょう。特にSprolesにスペースを与えた場合はかなり痛い目を見る覚悟が必要です。今の二列目にはまだこのランと裏に走りこまれてのパスに対処することはできないでしょう。
ブリッツに行っても届かなければ一発をくらいますし、引いて守ってもそれはそれで止まらない。FreeneyとMathisに期待するにしてもSDのOLはかなり強力で、なかなか届きそうにありません。それでもホームの利を活かしたスタートでなんとか届くことを期待するしかないのですが。あとはVincent Jacksonがコンディション不良で、Gatesが欠場ならなんとか止まるか。

現状の戦力で考えると、基本路線としては叩きあいに持ち込む必要があるでしょう。Blair WhiteとJacob Tammeを活躍させることが必要です。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-11-28 21:17 | Preview
感想 - 2010 Week11 Indianapolis@New England
現状では苦しい試合と見ていましたが、最後まで楽しめる試合にしてくれました。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-11-25 07:14 | Game Summary
Memo - 2010 Week11 Indianapolis@New England その2
後半戦。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-11-22 07:55 | Gameday
Memo - 2010 Week11 Indianapolis@New England
Collie復帰。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-11-22 06:24 | Gameday
Preview - 2010 - Week11 Indianapolis@New England
11月の風物詩。でも今年のNEのD#は新顔が多くてよくわからなかったり。

INDけが人。

OUT
S Bob Sanders(Biceps) ×××
RB Joseph Addai(Neck) ×△×
LB Gary Brackett(Toe) ×××
RB Mike Hart(Ankle) ×××
LB Clint Session(Elbow) ×××
CB Justin Tryon(Foot) ×××

QUESTIONABLE
WR Austin Collie(Concussion) △○○
TE Brody Eldridge(Rib) ××○
S Aaron Francisco(Rib) ○○△
CB Kelvin Hayden(Neck)○△○
WR Reggie Wayne(Knee) ×○○
WR Blair White(Shoulder) △○○

とにもかくにも少し怪我状態良化。WR陣はCollieとWhiteがなんとか出られそうです。しかしCollieは脳震盪明けだけに、ミドルでガシガシとは使いにくいところが。
その一方でAddaiは復帰間に合わず。木曜日に制限つきとはいえ練習復帰したときは少し期待したのですが。あと、Gary Brackettの欠場も痛いですね。

NEけが人。しかしパッツのWebページのけが人情報は見にくい、、、

QUESTIONABLE
OG Steven Neal(Shoulder) △△△
OG Rich Ohrnberger(Illness) ○○×
S Jarrad Page(Calf) ××△
DT Myron Pryor(Back) ×××
WR Brandon Tate(Illness) ○○×
RB Fred Taylor RB(Toe) △△△
CB Jonathan Wilhite(Hip) △△×

PROBABLE
QB Tom Brady

欠場が見込まれるのはMyron Pryorくらいかな?Fred Taylorも制限つきとはいえ3連続で練習をこなしているので戻ってくるかもしれません。

INDオフェンス対NEディフェンス。
とりあえずPIT戦だけ確認。S陣は順調に成長中っぽくて、今の兄者の精度でディープを狙うのはきつそうです。ということでLeigh Boddenがいなくなって弱っているCB陣をちくちく狙うのがよさげでしょうか。
LB陣は決してカバー上手ではないので、Jacob Tammeで結構カバーははずせそうですが、その辺は予期してJames Sanders辺りをつけられそうな気がします。
DLはWilfork健在とはいえ、やっぱり弱くなってる気はします。Mike Wrightがここまで6サックを上げていますが、PIT戦で見た感じ単独での突破力はさほど感じませんでした。むしろブリッツの創意工夫でチームでとってるサックが多い印象。それに対するバックフィールドのプロテクトが頼りないのは気になるものの、人数関係で負けるようなことはないと思うのでしっかりと相手を読んで冷静に進められれば。ブリッツの反対サイドにランを出したりしていきたいところです。

INDディフェンス対NEオフェンス。
Randy Mossの解雇により横にフィールドを使うようになりました。きっちりブレークしたところでパスを投げ、そこで空かなければさっさと次のターゲットへ。ショートパターンをしっかり確実に決めることでリズムを作っています。Mossのいた頃より縦の脅威はないものの、この辺の横にフィールドを使ううまさはBradyは天下一品。そして奥もないわけではなく、油断しているとポストやコーナーをずどんと決めてきます。
このBradyのリズムに一番あっているのはカバー2だと思っているのですが、Laceyあたりがきっちりゾーンカバーできるかが結構不安。あとMLB Pat AngererのカバーはGary Brackettのカバーにはまだ遠いので、TE Aaron HernandezとRob Gronkowskiのルーキー二人の対策が結構しんどそうです。
RBのBenjarvus Green-Ellisは結構スピードがあります。ラッシュに行き過ぎてすれ違ってロングゲイン、も十分ありえます。一方でDanny WoodheadはKevin Faulkが抜けた後のスクリーン役。こちらもきっちり仕事をこなすタイプで結構いい選手。それにFred Taylorも復帰となれば、ランアタックも決して侮れません。どこかでドローを連発して両DEのラッシュを弱めにくるでしょう。基本形としてはBradyとパスアタック対策を最優先に置くべきですが、なんとかドローにもある程度対処したいところです。
あと、K Stephen GostkowskiがIR入りしてるのがNE的には地味に痛そうです。

ランとショートパスで二列目を振り回されたときにLB陣、特にPat Angererが対処できるかなあ、というのが一番気になるところ。今年は苦戦が続くアウェイ戦ですし不利とは見ていますが、20点台前半までに押さえ、オフェンスが落球なく短いところをつないでいけるようなら勝機はあります。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-11-21 20:29 | Preview
感想 - 2010 Week10 Cincinnati@Indianapolis
一応勝って地区首位に立ったわけですが、全然そういう気がしない、、、

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-11-18 01:28 | Game Summary
Memo - 2010 Week10 Cincinnati@Indianapolis その2
後半戦。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-11-15 04:46 | Gameday
Memo - 2010 Week10 Cincinnati@Indianapolis
30分ほど寝過ごし。

More
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-11-15 03:39 | Gameday
Week10予想
ATL(-1.0) - BAL:予想BAL
すでに外れ済み。ホームのATLは強いなあ、、、

BUF(-3.0) - DET:予想BUF
まあStaffordもいないことですし、この辺で勝つのではないかと。

MIN(-1.0) - CHI:予想MIN
PeppersにFavreがぶち壊されなければ、攻め手はMINの方が豊富そう。

NYJ(-3.0) - CLE:予想NYJ
CLEが強くなっているのは確かですが、ランが止められそうとみました。

IND(-7.0) - CIN:予想IND
ゲンかつぎ期間終了。

TEN(-1.0) - MIA:予想TEN
Penningtonはちょっと応援していますが。TENはMossがどれだけ機能するかな、、、

TB(-6.5) - CAR:予想TB
DeAngero WilliamsとJonathan Stewartが両方欠場する状況ではCARはピックできません、、、

JAX(-2.0) - HOU:予想HOU
ランについてはHOUはそれなりに止めるんじゃないかと。それよりJAXのKampmanの怪我の方がいたそう。

KC(-1.0) - DEN:予想DEN
バイ開けとKCのアウェイでの力減にかけて一つ勝負。

NYG(-14.0) - DAL:予想NYG
コーチの交代で果たしてDALが奮起するか。まあ、どん底に近いモチベーションから回復できないと見ます。

ARI(-3.0) - SEA:予想ARI
Hasselbeckがいない状態、守備はどっこいどっこいと見て、ホームの分でARIを選択。

SF(-6.0) - STL:予想STL
6.0は多いと思います。

PIT(-4.5) - NE:予想PIT
今のNEにハインツでPITに勝つほどの凄みは感じないですが、PITオフェンスをうまいことはめられるか。

PHI(-3.0) - WAS:予想PHI
とりあえず両チームとあたった立場として、だいぶ力差があるとは感じるので、アウェイでもPHIかなあ。とりあえず凱旋試合はすでに済ませてるわけだし。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-11-15 00:26 | NFL
感想 - 2010 Week10 Cincinnati@Indianapolis
怪我人状況から。

OUT
WR Austin Collie(Concussion) ×××
S Bob Sanders(Biceps)×××

DOUBTFUL
RB Joseph Addai(Neck) ×××

QUESTIONABLE
LB Pat Angerer(Illness) ○○×
LB Gary Brackett(Toe) ×××
TE Brody Eldridge(Rib) ×△△
RB Mike Hart(Ankle) ×××
DT Antonio Johnson(Knee) △△△
OT Charlie Johnson(Back) ×△○
CB Jerraud Powers(Foot) △○○
LB Clint Session(Elbow) ×××
TE Jacob Tamme(Back) ×○○
CB Justin Tryon(Foot) ×××
WR Blair White(Shoulder) ○××

現地記者情報によると、WhiteとBrackettは厳しそうとのこと。その後S Chip Vaughnをカットし、WR Chris BrooksをPSから昇格させたという報道もあったので、Whiteの欠場は真実味が高そうです。
他にはTryonとSession, Hartも厳しいでしょう。あとはなんとか出られますかね、、、Brody EldridgeやAntonio Johnsonは万全ではなさそうですが、とりあえず人数的にアクティブ登録くらいはしそうです。

CIN側。
OUT
DE Jonathan Fanene
DE Antwan Odom
OT Andre Smith

DOUBTFUL
DT Tank Johnson(Knee) ×××
S Chris Crocker(Calf) ×××

QUESTIONABLE

DE Carlos Dunlap(Illness) ×××
CB Morgan Trent(Knee) ○○×

こちらも多めで、DLに偏っています。Andre SmithはPIT戦でLamar Woodley相手に頑張っていたので、欠場は結構響きそうです。

INDオフェンス対CINディフェンス。
DLはコンテイン重視でパスラッシュの威力はさほどではないですが、ポケットを小さくするのは結構得意。INDのOLは最近は機動力のある相手の方が苦手になりつつありますし、相性的には悪くないでしょうか。なんとか兄者のステップアップする空間さえ確保してくれれば。
プレッシャーはブリッツでかけにくる、という印象でした。このブリッツにRB陣が冷静に対処できるかは微妙で、逆にDonald Brownは積極的に横に出してホットターゲットとして活用することになるでしょうか。
WRはWhiteが欠場濃厚ということで、Eldridgeが出られるならTammeスロットのEldridge TEというフォーメーションで行きたいところですが、どこまでプレイが出来るか。Gijon Robinsonは信用しきれないしなあ、、、DB陣は結構寄せが早く、兄者の精度が先週程度なら苦戦は免れないはず。
Brandon JamesやChris Brooksも練習帯同はしていた選手なので、少しは出番があるかも。Jamesはとりあえずスピードを活かしてフィールドをストレッチしてくれればそれだけでも結構有用ですし、そうすればGarconをミドルで活用しやすくなるかもしれません。まあ、Garconの場合そこで来た球を落とすのですが、、、
CINのラン守備はスタッツ的にはあまりよくないです。DLはコンテイン重視でやってるように見えるし、LBもいい選手が揃ってそうなのに少し不思議。ランが強い相手が多かったからかな?まあパスを出すためにある程度のランをコールしていくのと、とりあえずブリッツを先読みして反対側のランを出すなりしてブリッツを入れにくくしたいところです。

INDディフェンス対CINオフェンス。
1バック3WRでノーハドルも使いながらのオフェンス、、、既視感を感じますw。まあ、INDに比べればだいぶランに寄ったオフェンスですが。
OL陣ではAndre SmithがLamar Woodley相手に頑張っていたのが目立ちましたが、他のラインはパスプロにはやや問題を抱えていそうでした。そのSmithも欠場ですし、INDホームとなればFreeneyとMathisに暴れてもらうしかないですね。Carson Palmerも重ねてきた怪我の影響か、プレッシャーがうまくさばけていないと感じました。逆にプレッシャーがないとサクサクミドルに通されますし、ぼちぼちFili Moalaあたりが初サックと言う展開になると嬉しいです。
レシーバーでは今年はChadがあまり目立ちませんが、PIT戦ではPITはChadをかなりリスペクトしてマークしてたように見えました。スピードではやはりChadの方が上っぽいですし、Aaron FranciscoはやはりChadの奥を摘み取ることが仕事になるでしょうか。TOは確実なルートランでミドルの主要ターゲットになっていて、PIT戦では結構PalmerがTOしか見ていないようなプレイも。Powersが万全ならつけてみたいところですが、まあHaydenがつくのでしょうね。
TE Jermaine Greshamは意外に普通のTE的な使われ方をしてました。もっと縦に使ってるのかと思ったんですが。もっとも、その普通のTEをカバーするのがPat Angerer, Tyjuan Hagler, Phillip Wheelerの3人になりそうだから、マッチアップ的には有利とは言い難いです。
ランに対してはなんとなくボールキャリアを囲っている感の強いAngererとWheelerが同時に出ると言うのは気になるものの、Bensonも一発はなくなっていると思うので、大怪我はないと見ています。ベース相手よりスロットにShippleyを入れられるマッチアップの方が少しやりやすいかも。

スペシャルチームは、、、お互いやらかさなければいいや、と思っていそうな。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-11-14 13:48 | Preview