<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2012 コルツドラフト
ということで、帰国。2年続けてドラフト時に旅行に出かけるのもどうかと思いつつ、指名を確認。


1 (1)  Andrew Luck  QB  Stanford
2 (34)  Coby Fleener  TE  Stanford
3 (64)  Dwayne Allen  TE  Clemson
3 (92) T.Y. Hilton WR FIU
5 (136) Josh Chapman DT Alabama
5 (170) Vick Ballard RB Mississippi State
6 (206) LaVon Brazill WR Ohio
7 (208) Justin Anderson G Georgia
7 (214) Tim Fugger LB Vanderbilt
7 (253) Chandler Harnish QB Northern Illinois


なんというかPolianが乗り移ったかのようなオフェンススキルポジション大量獲得ですねえ、、、確かにWRとTEは大穴ではあったんですが。

2巡、3巡でTEを連続獲得していますが、まあFleenerはDallas Clarkのような使い方をするとすれば十分共存可能でしょう。

T.Y.Hiltonはかなりいいリターナーのようですが、トレードアップまでする必要があったのかは微妙です。40y 4.34のスピードは面白そうではあるのですが。当たればPercy Harvin系の働き者になれるかもしれません。

で、ディフェンスはー?(・∀・) ということで、5巡でやっとディフェンスを指名。指名したのは典型的なNTであるJosh Chapmanで、ニーズを満たす指名です。そもそもタレント的にも2巡級と言われていたのが怪我で指名順位が落ちた格好なのですが、リスク込みでも5巡で指名できたならよしかと。その一方で2012年のチームでは戦力にならないかもしれません。

5巡指名aのVick Ballardはやや小柄ながらパワーのあるT間ランナー。なんか去年も似たような選手を獲っていた気がするんですが、、、

6巡指名のLaVon Brazillはスピードのあるディープスレット系ですが、40y 4.48, 垂直跳び32インチとコンバインの数字はさほど目を引くものではありません。まずはプレイぶりを確認してみたいです。

7巡指名aのJustin AndersonはOLのデプス強化。ドラフトサイトの評価的にはさほど高くない選手のようです。

7巡指名bのTim FuggerはカレッジではDE、サイズが不足してプロでは3-4OLBというタイプの選手のようです。元々6巡程度の評価をされていた模様。

7巡指名cのChandler Harnishは今年のドラフトのTim Tebowとも言われていた、アスレチックQBの模様。最後の指名とはいえ、そんなジョーカー指名してる余裕あるんかな、、、

めぐり合わせの問題もあったと思いますが、ディフェンス強化がかなり疎かになった感があります。Paganoの意向はどの程度反映されたのでしょうか、、、
[PR]
by captain_harbaugh | 2012-04-30 23:23 | Colts News
未練・或爺杯振り返り
昨年に引き続き、昨夜行われた未練・或爺杯にコルツ担当として参加させていただきました。

ただ、当日別件の用事があり、結局1位指名には間に合わずにプレピックでの参加となりました。指名したのは当然というか
QB Andrew Luck Stanford
です。

最初はネタ気味に「ダイスで抽選、1~5ならLuckで6ならRG3」とかやってみようかとも考えたのですが、まあさすがにネタに走り過ぎかと思って自重しました。前日には既に現実世界でLuckに指名を伝えたとの報道がありましたしね。

ということで1位指名についてはこれ以上書くことがないのでw、このシナリオで進行したときの34位指名についてちょっと考えてみます。

まず、現在私として34位指名で誰が一番欲しいか、ということになると
TE Coby Fleener Stanford
になります。6-6のサイズで40y 4.51、垂直跳び37インチ。身体能力的にはNOのJimmy Grahamに近くてバリバリのエースTEになれる素材ですし、Luckと3年間プレイしてきているのも大きい。ディフェンス強化も急務ですが、ニーズとバリューを両立するFleenerはやはり魅力的です。

ただFleenerは或爺杯では27位でHOUに指名されてしまったので、残っている中で考えると、
DT Devon Still Penn State
DT Jerel Worthy Michigan State
WR Stephen Hill Georgia Tech
WR Rueben Randle LSU
LB Donta Hightower Alabama
あたりかな、とおもいます。

Jevon Stillはパワフルなプレイをする選手で、真ん中でOLを押しつぶすプレイが持ち味。常に内側内側へと突っ込む姿勢は好感を持ちます。この辺はDontari Poeと真逆ですね。ただ、6-5で303ポンドはやや細身な気はしますし、ダブルチームを支えるというより真ん中を押し込んでいくのが持ち味なタイプ。3-4NTはちょっときつそうで、3-4だとDEとかになりそうですが、Cory Reddingとタイプが被るかもしれません。世代的には取ってもよいかとも思いますが。

Jerel WorthyはStillよりやや身体の厚みがあるタイプで、現在308ポンドですがもう少しウェイトを増やせるなら3-4NTまでできるかも。動きの方はさほどでもなく、パワーで勝負できないと苦戦が予想されます。

Stephen Hillは素材型のWRで、6-4の身長と40y 4.36のスピードを併せ持ちます。タイプとしては完全なディープスレットで、縦に走って高さを活かしてジャンプボールを捕るのが持ち味の模様。一方でゾーンの読みとかは下手で、クイックネスに欠けるとも評価されています。ただこの辺はGeorgia Techのトリプルオプションでかなり限定された使われ方をしていただけという説もあり、やればできる子の可能性は十分あります。学ぶ姿勢があるなら、ファンダメンタルのお手本というべきReggie Wayneから色々学んでエースになれる素材と思います。

Rueben Randleは6-3と40y 4.41のスピードを持ち、これまた素材としてはかなりのもの。ゾーンのよみなどもよいと評価されています。フィジカル的なプレイを苦手としており、ミドルのパスなどは苦手っぽいですが、うちならそこはWayneとCollieに任せるという考え方もありです。

Donta Hightowerは265ポンドのサイズがあり、OLともガツガツ戦えるという今のIndy LB陣にない特徴が魅力。スピードの方は標準的なものは持ってるけど、プロではそれを売りにはできない、というところです。やや方向転換が苦手っぽいのが気になると言えば気になるところ。潰れ役なら2巡で取る必要はないという考え方もありますし。

ほとんど未練・或爺杯とは関係ない記事になってしまったw
[PR]
by captain_harbaugh | 2012-04-22 16:36 | Colts News
2012シーズンスケジュール発表
2012年のスケジュールが発表されました。

Week1 9/9 1:00 @Chicago
Week2 9/16 1:00 Minnesota
Week3 9/23 1:00 Jacksonville
Week4 Bye
Week5 10/7 1:00 Green Bay
Week6 10/14 1:00 @NY Jets
Week7 10/21 1:00 Cleveland
Week8 10/28 1:00 @Tennessee
Week9 11/4 1:00 Miami
Week10 11/8 8:20 @Jacksonville(ThursdayNight)
Week11 11/18 1:00 @New England
Week12 11/25 1:00 Buffalo
Week13 12/2 1:00 @Detroit
Week14 12/9 1:00 Tennessee
Week15 12/16 1:00 @Houston
Week16 12/23 1:00 @Kansas City
Week17 12/30 1:00 Houston

レイトゲームは1試合もなし、ナイトゲームは1試合だけ、とまあ実力相応の日程が組まれております。観戦生活リズムは保ちやすいかもw

バイがかなり早いですが、そこら辺で一度見直しをかけられるのは悪くないかも。まあ新CBAだとバイでもあまり練習時間は取れないかもしれませんが。

勝つチャンスがありそうなのは、、、まずはW2, W3, W7あたり?比較的前半の方が勝てる可能性のある相手が多そう。とりあえず、極悪ディフェンス系の相手は少ないですし、寒冷地も@KCくらいなのでLuckの育成的には悪くない日程と感じます。一方でディフェンス的にはGBやらNEやらDETやらHOUx2やらできつい相手が多いですね。この辺の空中戦得意な相手は一箇所穴があればそこから蹂躙できますから、立て直し途上のコルツディフェンスにはかなり荷が重いですが、Paganoのディフェンスがどれくらいやってくれるか見てみたくもあります。

あと、記事にしそびれた細々したトランザクションをいくつか。

・NT Brandon McKinney獲得
 BALで控えのNTをやっていたBrandon McKinneyを獲得。契約は2年2M、ボーナス0.3Mとなっています。
信頼のBALブランド、ということでPagano人脈での獲得になります。350ポンドの完全なランスタッファータイプで、SDとBALで7年間控えNTをやってきました。能力的には控えレベルと思いますが、コルツにいないタイプのPaganoが必要とする人材なので、それなりにプレイタイムは与えられそうです。

・ロングスナッパーのKyle MillerとMatt Overton獲得
 同時に2人のロングスナッパーを獲得。12年間続いたJustin Snowの時代がついに終わるのか。キャンプで地味な競争が行われることになります。
[PR]
by captain_harbaugh | 2012-04-18 22:24 | Colts News