2010年 ドラフト3巡 - Kevin Thomas - CB
勘違いがあってあと2週間ネットは開通しないナリ。

e0085932_20574441.jpg

大学:USC
身長:6-0(181cm)
体重:192ポンド(87kg)
腕の長さ:32インチ
生年月日:1986年9月20日(23歳)

○カレッジ成績
2005年 9試合 7タックル 2パスカット
2006年 4試合 10タックル 1パスカット
2007年 全休 (レッドシャツ)
2008年 13試合 15タックル 7パスカット 3INT
2009年 13試合 57タックル 11パスカット

○コンバイン成績
40y走 4.48 secs
225ポンドベンチプレス 19回
幅跳び 126インチ
60yシャトル 11.25 secs
3コーン 6.82secs
垂直とび 34.5インチ

○プロデイ成績
40y:4.45 secs
垂直とび:32.5インチ

ビデオ:
ハイライト


Pac-10はオフィシャルサイトのビデオがあまりなく、USCのビデオサイトも有料のようなので上記ハイライトしか見ていません。

カレッジでは4年時にスターターに昇格、1年間先発CBとしてプレイしました。INTこそ記録していないですが、レシーバーとディープに併走してパスカットしたり、手前のパスに飛び込んでパスカットしているシーンが見られます。それなりにスピードと反応速度はありそうに見えました。まあ、ハイライトなのでカバーしているのは当たり前といえば当たり前ですし、悪い言い方をすればINTをするほどの余裕はないカバーなのですが、、、
PolianがJacob Lacey似と言っていましたが、そんな感じのカバーですね。チームとしてもマンカバー能力を評価したとのコメントが載せられていました。

ドラフトサイトでも十分な高さとスピードの組み合わせ、腕の長さといった面は評価されていました。一方で大体のサイトで弱点と言われていたのはダブルムーブに弱く、一度相手を離すとリカバーする加速力はないことと、タックル。あとジャムは得意と言ってるサイトと苦手と言ってるサイトがあり評価が分かれているようですが、腕は長いので、身体的にはジャムには有利なはず。

そして何より問題と言われていたのが怪我の多さです。2006年は右足首の捻挫と左足骨折でほとんどを欠場。2007年は左肩の怪我の手術をするために全休しています。2009年はそこから完全復活していたようですし、チームも怪我の影響はないと判断したものと思いますが、いきなりルーキーキャンプで膝を負傷するという形で不安が的中してしまいました。

とりあえず運動能力とサイズ的にはNFLでも務まるだけのものを持っているかと思います。それを活かすために、まずは早く怪我を治すべし。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-05-22 22:07 | Colts Draftee
<< Antoine Bethea再契約 2010年 ドラフト2巡 - ... >>