Preview - 2010 - Week3 Indianapolis@Denver
Kenny McKinley選手のご冥福をお祈りします。試合はそれとは別に当然勝ちに行きますが。

まずけが人情報INDから。

OUT
WR Pierre Garcon(Hamstring) △××
WR Anthony Gonzalez(Ankle) ×××
S Bob Sanders(Biceps) ×××
DB Brandon King(Hamstinrg) ○△×
LB Ramon Humber(Hand) ××× > IR入り
LB Clint Session(Hamstring) ×××

QUESTIONABLE
RB Joseph Addai(Knee) ×△○
DT Eric Foster(Knee) ○○×
OT Charlie Johnson(Foot) ×××

Pierre Garconがハムストリングの怪我でアウト。ロスターに2人しか健康なWRがいないという事態になったため、Ramon HumberをカットしてBlair WhiteをPSから引き上げてロスターに加えています。Dallas ClarkをワイドにおいてEldridgeをTEに入れるプレイが増えることになるでしょう。交代枠ではJacob Tammeを使っていく可能性もありますが、ワイドアウトタイプがいなくなってるので、Whiteワイドアウトもいくつかのプレイでは出していくことになるかと。
Clint Sessionは先週に引き続きアウトで、Kavell Connerがまた先発する予定です。

DEN。
OUT
OT Ryan Harris(Ankle)
RB Knowshon Moreno(Hamstring)

QUESTIONABLE
CB Champ Bailey(Foot) ××△
CB Andre Goodman(Thigh) ××△
OL Chris Kuper(Knee) △△△
LB Wesley Woodyard(Hamstring) ×△△

Morenoが欠場でワークホースRBがいなくなってるのは戦術的な制約になるでしょう。あとRyan Harrisの欠場でZane Beadlesが先発します。
そしてChamp BaileyとAndre Goodmanが両方QuestionableなのはDENにとっては結構きついはず。ルーキーPerrish Coxが先発すると言う記事が出てました。

INDオフェンス対DENディフェンス。
一番気になっていたJamal Williamsですが、さすがに衰えが来てる気はしました。今のINDで押せるかは微妙ですが、2人がかりでもどうにもならないような過去の再現はないんじゃないかと。
パスラッシュの威力と言う意味ではやはりDumervilを欠いているのは大きいかと思います。一対一でどうにもならない相手はいない、はず、、、INDのOLがアウェイで自分の仕事をできればですが。
DBはベテランぞろいで読みはともかく、スピードは懸念材料のはず。SEA戦でのINTもHasselbeckが置きに行ったからで、きっちりとぎりぎりのパスを狙っていればDawkinsのINTはなかったはず。昨シーズンは結構DENのDB陣のカバーに苦戦しましたが、きっちりコントロールできれば崩せなくはないでしょう。こちらもスピードタイプのWRがいなくなっているのは難点ではありますが。あと、兄者はパターン読まれてのINTを食らわないように注意。CB陣のどちらかが怪我で休みで、ルーキーCoxが先発なら、兄者はまずそこを狙っていきそう。そして周りがフォローせざるを得なくなったら、今度はSのところを狙う、そんなオフェンスになるでしょうか。
あとはできればOLコーチの斬新な戦術(笑)はやめて欲しい、、、LG Richardが後ろを見ることで一つメリットがあるとしたらLGが早くスタートを切れる、引いてはそれを見てLTが早くスタートを切れることでしょうが、相手が伝達の合図をみていいタイミングで突っ込まれるリスクの方が大きそうです。

DENオフェンス対INDディフェンス。
地味キャラながらいいクオーターバッキングを見せるKyle Ortonは健在。ディープに投げ込むことこそ苦手でしょうけど、しっかりとミドルに通してドライブを進めることが出来ます。何気にDENのオフェンス順位は一桁ですし、3rdダウンコンバート率も高いです。
ただKnowshon Morenoがいないことでスクリーン等が使いにくくなれば制約になるでしょう。Correll Buckhalterはパスキャッチでも仕事が出来るバックですが、馬車馬的にプレイ数を増やせるかは微妙でしょうし、Laurence Maroneyはその辺苦手です。
あとはパスですが、昨シーズン21キャッチを許したBrandon Marshallこそ抜けましたがEddie Royal、Brandon Lloyd, Demaryius Thomasのトリオは決して悪くなさそう。むしろOrtonがターゲットを振り分けて上手に進めている感があります。ただ、ここまではJAC, SEAとあまりラッシュが強くない相手でした。ルーキーRT BeadlesとのマッチアップをRobert Mathisが制すれば、結構な頻度でプレッシャーはかけられるでしょう。

あとはスペシャルチームですが、Royalがリターンしなくなったようで、危険度は下がっていそうです。
[PR]
by captain_harbaugh | 2010-09-26 18:17 | Preview
<< Week3予想 感想 - 2010 Week2... >>